マニラFaBは2回目を開催、急成長をみせるフィリピンのEC関連スタートアップ
見出し画像

マニラFaBは2回目を開催、急成長をみせるフィリピンのEC関連スタートアップ

◆ English version: Philippines startup ecosystem is “Bang for Buck”, watch out: FaB Manila emerging
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

起業家と投資家をつなぐFaBコミュニティの一員として、成長目覚ましいフィリピン経済の起爆剤となるスタートアップの育成と支援を目指す。それが、マニラに拠点をおくFaB Manilaである。フィリピンのスタートアップ事情と、急成長するEC関連ビジネスを手がける起業家たちの思いを現地からレポートする。

2019年10月5日、マニラで開催されたFaB Philippinesのミートアップには約30名の参加者が集い、他国に比べるとやや小規模な会となった。だが、その熱量と意気込みは決してどこにもひけをとらないのは、FaB Manila支部をスタートして3ヶ月あまりで、すでに2回目となるミートアップを開催していることからもわかる。

画像1

第2回のミートアップには、伸び盛りの地元スタートアップのCEOらが登壇し、フレンドリーで、親しい友が久しぶりに集まったかのような温かみのある雰囲気のなかで、活気に満ちたトークが繰り広げられた。お互いの話に熱心に耳を傾け、うなずき、称賛の言葉を惜しまないパネルディスカッションでは、同時にフィリピンのビューティ&ファッション業界の現状を冷静に分析しながらその将来を語るもので、コミュニティのメンバーの思い入れが伝わってくる。

その姿はもしかしたら、FaBコミュニティが、BeautyTech MeetUpの名前でサンフランシスコに誕生したときの熱い思いに通じるものがあるのかもしれない。前身の BeautyTech MeetUpは、元ランコムCEOであるオディール・ルジョル氏が、テクノロジーをテコにビューティやファッションの分野でイノベーションを進めることを目指す起業家や創業者、女性投資家を組織し、定期的にミーティングを開くことで知識や情報を共有して、エンパワメントやメンターとしての活動につなげる目的でスタートした。

コミュニティとして協力しあいエンパワメントしようとする精神は、まさに今回のミートアップ主催者のミンリー・マカプゲイ(Minrie Macapugay)氏が、フィリピンにFaB Manilaを立ち上げた理由である。それは、恐れ知らずな行動ともいえるだろう。マニラのスタートアップのエコシステムは、サンフランシスコやパリ、ニューヨークや東京の規模にはるかに及ばず、ファッションやビューティ分野におけるテクノロジーの進展も遅れているのは事実だからだ。

だが、若く、粘り強く、エネルギッシュなマカプゲイ氏は、自身がエンジニアであり、スタートアップの創業者でもあることから、FaB Manilaが同地で活動する起業家やイノベーターがアイディアを交換する出会いのハブとなり、フィリピンの業界全体に次の変革と発展をもたらす存在として機能すると確信している。

この続きをみるには

この続き: 4,225文字 / 画像4枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf