ノインプロデュースのコンビニ限定コスメ「sopo」、大ヒットの背景と2021年の展望
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ノインプロデュースのコンビニ限定コスメ「sopo」、大ヒットの背景と2021年の展望

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

伊藤忠商事との提携から半年、ノイン株式会社は新ブランド「sopo(ソポ)」をコンビニ大手のファミリーマートと手を組みスタートさせた。滑り出しは順調で、人気アイテムは品切れの店舗が出るほどだ。sopoはどのようにして誕生し、なぜユーザーの心を掴んだのか。そして今後のノインの事業戦略にどのようにからむのか。ノイン株式会社 代表取締役CEO 渡部賢氏に話を聞いた。

「コンビニの課題解決」に勝機を見出した理由

sopo」が扱うのは「3 in 1 アイブロウ」(2色、各1,250円税抜)、「カラーアイライナー」(5色、各900円税抜)、「カラーマスカラ」(5色、各850円税抜)の3アイテム。ファミリーマート専売のブランドで全国1万6,600店舗に順次専用コーナーが設けられている。コロナ禍でコスメ業界全体の売上が2割減で推移するなか、2020年11月10日のsopo発売初週のファミリーマートが扱うメイクカテゴリー売上は、前年比140%を記録。それから1ヵ月もたたないうちに、追加生産の対応に追われているという。

プロジェクトのスタートは2020年2月にさかのぼる。4月に提携発表した伊藤忠商事を介してファミリーマートとコンタクトをとったのがはじまりだったという。

渡部氏はその時のことを次のように振り返る。

「調べてみると、コンビニ業界は出店戦略が一段落しており、1人あたりの来店頻度や購買体験を見直さなければならない段階にあるとわかった。そこで、コンビニ業界の課題に対してノインが、どのように貢献できるかを考えた」(渡部氏)

ひとつはいわゆる10~20代のZ世代の送客である。ノインが展開するコスメECサイトNOINのユーザーは、クレジットカードを持たずコンビニ決済を利用するケースが多い。

この続きをみるには

この続き: 3,608文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf