肌質も遺伝情報も。AIパーソナライゼーションの深化を急ぐNY美容スタートアップ
見出し画像

肌質も遺伝情報も。AIパーソナライゼーションの深化を急ぐNY美容スタートアップ

◆English version: How NY does BeautyTech
New English article
◆新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

美容とファッション、テクノロジーが融合した新分野の起業家と投資家が集まる「BeautyTech MeetUp」。初のニューヨーク開催での大きなトピックは、消費者からも期待の大きい「パーソナライゼーション」だ。

2018年9月17日、ニューヨーク市で初開催されたBeautyTech MeetUp NYは、定員を超える80人強が参加した。美容業界の「新トレンド」「顧客体験の再発明」をテーマとしたパネル討論に現地を拠点とするスタートアップの創業者が登壇。顧客一人ひとりのニーズや目的に、人工知能(AI)を駆使した製品開発や体験の提供で応える「パーソナライゼーション」への取り組みを披露した。

画像1

会場となったJLABS@NYCの受付。
JLABS はJohnson & Johnson Innovationが設立したライフサイエンス分野のスタートアップを支援するインキュベーター

画像2

18時開始を前に参加者が続々と集まった

価値観を共有するブランドが生き残る

「消費者が何を考え、何を語っているかを把握することに時間をかけている。というのも、消費者は価値観を共有できるブランドを求めているからだ」。

Prelude Growth Partners の共同創業者兼パートナー、ネダ・ダニッシュザデー(Neda Daneshzadeh)氏は、BeautyTech MeetUp主催者で投資家のオディール・ルジョル(Odile Roujol)氏から投資先の選定にあたり重視することを問われ、こう答えた。

Prelude Growth Partnersは、消費者向け製品分野のスタートアップを対象に300万~2500万ドルを投資するプライベートエクイティ(PE)ファンド運用会社だ。ダニッシュザデー氏も共同創業者のアリシア・ソンタグ氏も、消費者向け製品業界で長年の経験がある。

画像3

イベントはルジョル氏(左)と
ダニッシュザデー氏のパネル討論で開幕した

画像4

パネル討論を熱心に聞く参加者たち

製品やサービス購入にあたり、消費者がブランドの価値観にこだわる傾向はますます顕著になっている。ある意味、消費者にとってブランドを選ぶということは、そのブランドの企業理念を支持することであり社会への意思表明の一つともいえる。

この続きをみるには

この続き: 4,765文字 / 画像8枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf