化粧品業界でも活用が進む、AI生成によるバーチャルヒューマンの真の実力と倫理性
見出し画像

化粧品業界でも活用が進む、AI生成によるバーチャルヒューマンの真の実力と倫理性

BeautyTech.jp

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

AIが生成した実在しないバーチャルヒューマンを広告モデルとして利用する動きが、ファッションや美容業界を中心に広がっている。表情やポーズがより自然になり、クオリティが向上するにつれ、活用できる範囲も大きくなり、制作側にもユーザー側にもメリットが生まれている。一方で、普及には倫理的な課題も残る。AI生成モデルが人間にとって代わる日がくるのかを検証する。

広告やWebサイト、オンラインストアなどでは、人物モデルの画像がほぼ不可欠だ。だが、そのモデルのあり方がAI(人工知能)の進化によって大きく変化し、もはやリアルな人間である必要がなくなりつつある。モデルやカメラマン、ヘアメイクなどが「密」になる写真撮影そのものがコロナ下で成り立ちにくくなったことも追い風となり、AIが生成したバーチャルな人物モデル(以下AI生成モデル)を広告やWebサイトに掲載するケースが出現している。この記事では、こうしたAIモデルがどこまでのクオリティで、今後どう広がっていきそうなのか、現状をまとめる。

AI生成モデルとは?

数年前まで、AIが作り出す人間の表情にはどこか人間らしさが欠けていて、いわゆる「不気味の谷」を超えられないといわれていた。だが現在、たとえばRosebud AIが作り出す人物モデルはリアルな人間とほぼ見分けがつかなくなっている。

スクリーンショット 2020-09-11 10.52.45

出典: Rosebud AI公式サイト

こうしたモデルは編集も容易にでき、たとえば目の大きさなど顔のパーツをいじるといった微調整はもちろん、顔全体やポーズ、衣装や背景、ライティングを変更することも可能だ。実在の人物写真においても、肌色や髪色の修整、体型の補正といったことはすでにPhotoshopなどのソフトウェアを使って行われているが、AI生成モデルを使う場合、これらの修整をより簡単にできるように専用のソフトウェアが提供されることが多い。

音声を伴う動画のAI生成モデルも存在する。たとえばSynthesiaでは、AI生成モデルに任意のテキストを話させることができ、しかも聞き手によってテキストの言語や内容を切り替えることもできる。人間のモデルであれば数十、数百パターンも撮影し直す必要のある動画を、ひとつのAI生成モデルでこなせるのだ。

図1

出典:Synthesia公式サイト

国内外で広がる多彩な先行事例

このようなAI生成モデルのはしりとなったのは、2016年にInstagramアカウントを開設したLil Miquelaであろう。Lil Miquelaはミュージシャンのユン・スケーター(Yung Skeeter)氏率いるテックカルチャースタートアップBrudが作り出した架空の人物だが、人間らしいようで人間らしくない絶妙な表情や体型、エッジの効いた衣装や設定が話題となり、短期間で100万以上のフォロワーを獲得、「バーチャル・インフルエンサー」となった。2020年現在のフォロワー数は270万人に達し、これまでにPRADAやジバンシィ、カルバン クラインなどさまざまなブランドとコラボレーションを行なっている。

この続きをみるには

この続き: 5,374文字 / 画像3枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
BeautyTech.jp
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf