XRでバーチャル店舗、KDDIと@cosme TOKYOの協業でみえた次世代の購買体験
見出し画像

XRでバーチャル店舗、KDDIと@cosme TOKYOの協業でみえた次世代の購買体験

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

KDDIが運営するスマートフォンアプリ「au XR Door」上に、東京・原宿の「@cosme TOKYO」を再現したバーチャルストアがオープンした。XRを駆使したそのショップ体験とともに、開発の裏側と今後の展望を、KDDIと「@cosme TOKYO」を所有するアイスタイル双方の関係者に聞いた。

没入感の高いショップ体験、バーチャルメイクやテスター動画も

2021年1月8日、アイスタイルはKDDIと共同でバーチャル店舗「@cosme TOKYO –virtual store–」をスマートフォン向けアプリ「au XR Door」上にオープンした。これは東京・原宿にある旗艦店「@cosme TOKYO」をバーチャル空間で再現し、XR(AR/VR)を活用した完全非接触の新しいショッピング体験を提案するものだ。「オンライン美容部員プロジェクト」をはじめとする施策により、小売の現場のDX をさらに推進し強化するアイスタイルにとって、@cosme TOKYO –virtual store–は次の一歩となる企画だ。

画像1

入店は、au XR Doorアプリから画面をタップすると現れる店舗の入口ドアを開くことから始まる。店舗スタッフに出迎えられ、最初に目に飛び込んでくるのは、リアル店舗と同じ、「@cosmeベストコスメアワード2020」受賞商品をディスプレイした巨大タワー「ベストコスメアワードコーナー」だ(2021年ローンチ時点)。店内は360°の画像でぐるりと見渡せるので、あたかもリアルな店舗にいるかのような没入感が味わえる。矢印をタップすることでフロアの移動も簡単だ。5G推奨の高画質版機能を利用することで、内観や棚に並ぶ商品がきめ細かく細部までくっきりと見られる。

手のマークがついている商品展示では、実際に手にとって商品を試すユーザー視点から撮影したテスタームービーが視聴できる。使用感がイメージしやすいほか、通常のECサイトではわかりにくい、実物の大きさを確認できるのも利点の1つだ。また、ウィンドウショッピングのように連続したフロアを回遊するだけでなく、ブランドリストやフロアマップから目的の売り場に一気にワープすることができるのも、バーチャル店舗ならではの機能だ。

一部のブランドでは、自撮りした顔画像でバーチャルメイクを試せる機能も実装している。また、商品の横にある「i」マークを押すとアットコスメ公式通販「@cosme SHOPPING」に遷移し、詳しい商品情報や価格をチェックし、そのまま購入に進むことも可能だ。

スマホをかざすだけ、ARドアをくぐることで異世界体験

今回、@cosme TOKYO –virtual store–の制作チームを率いたのが、KDDIで5G・xRサービス企画開発を担当する氏原佳彦氏だ。同氏は、5年前にxRサービスの開発プロジェクトをスタートした当初はVRゴーグルを使用することが前提だったが、大容量データを瞬時に処理できる5G時代が到来した今、特別な機器を必要とせず、どこにいても利用できるスマホベースでの体験にシフトできたところが、サービスの実用化に大きく寄与したと話す。そのうえで、ARのドアを登場させることで、「異世界に行く」という非日常感を持たせ、スマートフォンに注意を集中させることで心理的な没入感を創出した。

この続きをみるには

この続き: 2,804文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf