見出し画像

韓国ヴィーガンコスメ文化の定着、LG生活健康やアモーレパシフィックの新ブランドも

BeautyTech.jp

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

韓国ではクリーンビューティやヴィーガン化粧品を支持するカルチャーが広く定着しつつあり、2010年代からのブランドも改めて注目され、新ブランドも相次いで登場している。注目ブランドの動向や韓国のヴィーガン認証機関の特徴など、韓国ヴィーガンコスメの最新の動きについてレポートする。

LG生活健康がFreshian、アモーレパシフィックはLongtakeをローンチ

ここ数年、環境やヘルスケアに対する社会的関心が高まるなか、韓国では食品や化粧品・日用品などヴィーガンをうたう製品ブランドが次々と登場している。韓国初のヴィーガン認証機関である韓国ヴィーガン認証院が認証したヴィーガン製品の数は、過去5年間で2,500に達したという。また、2020年下半期から認証サービスを開始した韓国のヴィーガン標準認証院が、すでに500以上の化粧品に対して認証を与えたという報道もある。

小売業界もヴィーガン製品の売り出しに意欲的だ。2022年4月には、国内最大のH&Bストア(日本でいうドラッグストアに相当)のオリーブヤング(Olive Young)が、1カ月間にわたりヴィーガンビューティキャンペーンという関連施策を実施し話題となった。

これまでスキンケアなど一部ラインに限られていたヴィーガン化粧品の商品群だが、基礎化粧品、メイクアップ、クレンジングなどフルレンジでの製品展開に拡大する傾向にあり、消費者ニーズの高まりにあわせて、ヴィーガンブランドおよび商品数はますます増えると予想されている。

2022年には、韓国の大手化粧品企業のLG生活健康とアモーレパシフィックの両社が相次いで新しいヴィーガンブランドをローンチさせた。LG生活健康が同年6月にローンチしたのが「Freshian」だ。

出典:Freshianの公式サイト

LG生活健康は、「belif」「The Face Shop」「VDL」などの自社ブランドですでにヴィーガン製品ラインをリリースしてきたが、全製品に対し米農務省(USDA)認証を受けた専門ブランドは、Freshianが同社初となる。メインターゲットは、環境問題に関心が高い20〜30代だ。

この続きをみるには

この続き: 3,680文字 / 画像3枚

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

購入済みの方はログイン