各社本気のサステナブルビューティ、リユース、廃棄食品活用、そしてゴミのゼロ化へ
見出し画像

各社本気のサステナブルビューティ、リユース、廃棄食品活用、そしてゴミのゼロ化へ

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

環境の汚染と破壊をくいとめ、持続可能な地球を未来に引き継ぐサステナブル志向は、単なるトレンドではなく、とくに若い消費者の強い意志となっている。これを受け、美容業界では大手メーカーがけん引するかたちで、廃棄食品の活用やゴミを出さないといった具体的な施策が次々と打ち出されている。もはや、対応が遅れたブランドは顧客にそっぽを向かれることにもなりかねない事態だ。各社の試みを紹介する。

毎年、800万トンものプラスチックゴミが海に流れ込むなか、いまだ91%のプラスチックがリサイクルされずに投棄されている。二酸化炭素濃度と炭素排出量、海面は上昇しつづけ、動物の数と熱帯雨林は減少している。将来に暗い影を投げかけるこうしたレポートに消費者は日々触れている。

米国と英国の消費者1,000人以上を対象にしたFuterraのサーベイで、88%がサステナブルな暮らしを実現するブランドを好むと回答したのは驚くにはあたらない。グローバルコンシューマーを対象にしたニールセンの調査でも、81%の回答者が、企業は環境を改善する何らかのアクションを取るべきだとしている。

また、コンサルティング企業Kantarが2018年に行った調査では、消費者の42%がもっと多くのメーカーが容器や包装をリサイクルすべきだとし、21%がプラスチックを不使用とすることに賛成。消費者は、原料から生産、流通、包装に至るまで、商品を製造する全ての過程においてサステナブルに配慮することを望んでいるとユーロモニターは分析している。

こうした数字からも、サステナブルなブランドが、かつてないほど強く希求されているのは明らかだ。

リユースできる容器で循環型の消費へ

美容業界においては、年間で1,200億個のパッケージ(容器・包装)が作られ、そのうちの95%が1回使用されただけで捨てられるというショッキングな統計が出ており(出典:Beauty Kitchen)、サステナブルなパッケージの実現は無視できない課題だ。

この続きをみるには

この続き: 5,407文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf