見出し画像

資生堂EMEAがスタートアップ的手法で創出したコンシャスビューティブランド「Ulé」

BeautyTech.jp

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

仏メディアから「アバンギャルドな栽培方法」を評価される新スキンケアブランド「Ulé(ウレ)」は、資生堂EMEA(欧州、中東、アフリカを統括する地域本社)により、高度な開発力と、スタートアップ的なアプローチで誕生した。原料生産から製品化までサステナブルにこだわり、マーケティングも資生堂グループ社員が自らブランドの“創案者(クリエーター)”として発信する。このブランド創案者である同社ニューブランドデベロップメント バイス・プレジデント リンジー・アズピタルテ(Lindsay Azpitarte)氏に、単独インタビューを行った。

資生堂EMEAとスタートアップ、外部専門家とのオープンイノベーション

資生堂は2022年5月2日、フランスで「コンシャスビューティ」をコンセプトとした新しいスキンケアブランド「Ulé(ウレ)」を発売した。ヨーロッパ、中東、アフリカ地域を管轄する同社の欧州地域本社である資生堂EMEAが主導で開発し、フランスにある資生堂工場で製造している。先端技術を活用したサステナブルな原料栽培を導入し、トレーサビリティ、環境負荷の低減を徹底した「社会的価値」を第一に考えるブランドだ。Ulé公式オンラインショップとパリの直営店で販売し、フランス以外の欧州ではECサイトを通じて順次展開していく計画とする。(※2022年5月時点で日本では未発売)

この新ブランドローンチを率いたのが、資生堂EMEAニューブランドデベロップメント バイス・プレジデントで、Uléのブランドの創案者(クリエイター)でもあるリンジー・アズピタルテ(Lindsay Azpitarte)氏だ。

資生堂EMEAが提唱するコンシャスビューティとは、化粧品を購入する際に、「自分の肌」だけではなく、「地球環境」にとっても良いかを判断基準とする考え方だ。現在、世界の多くの消費者が、商品の有効性・安全性はもちろんのこと、原料や包装パッケージの調達先や調達方法、地球環境への負荷などの情報をもとに、自分のライフスタイルや考え方に合った商品を選択している。

Uléは、資生堂の強みであるスキンケア製品における技術力をベースに、スタートアップ企業や栄養士、植物学者などの外部の専門家とのオープンイノベーションによって開発され、肌への効果が実感できることに加えて、消費者が製品を購入する際に重要視する「責任ある調達」「商品の有効性・安全性」「環境負荷の軽減」「透明性」といった点にこだわって設計された。

資生堂EMEAでUléブランドを立ち上げたリンジー・アズピタルテ氏(著者撮影)

アズピタルテ氏は、コロンビア大学卒業後、仏クリスチャン・デイオール・パルファンで10年の経験を積んだのち、資生堂EMEAに入社。グローバルブランドSHISEIDOやクレ・ド・ポー ボーテ、2019年に資生堂が買収したドランク エレファントのバイス・プレジデントを務めた。欧州における消費者の環境や安全性に対する意識の高まりと、それに伴う購買行動の変化を間近にみたアズピタルテ氏が、エコ・コンシャスで、透明性の高い、高品質のボタニカルコスメをつくることを2019年に資生堂本社の経営陣に提案し、今回、欧州地域本社が主導して開発する初めてのブランドとしてUléが誕生した。

この続きをみるには

この続き: 3,826文字 / 画像6枚

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

購入済みの方はログイン