デジタル時代の法則。ユーザーが真実を語るとヒットの規模が拡大する
見出し画像

デジタル時代の法則。ユーザーが真実を語るとヒットの規模が拡大する

◆ English version: After a string of hits, is FLOWFUSHI facing its last winter?
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2017年12月7日に発表された「@cosmeベストコスメアワード」。累計クチコミ1,000万件以上のなかから選ばれる。今年、目立ったのはいわゆる大手ブランドではないメーカーのアイテムの大躍進だ。

ベストコスメアワードの総合大賞に選ばれたのは、「オペラ」のリップティント。ティントのトレンドにうまく乗り、05番のカラーは通称「花嫁リップ」と呼ばれ、圧倒的人気を誇った。そして、総合第6位と下半期スキンケア新人賞、ベストトレンド パーソナライズ賞と3つの賞にエントリーしたのが「FLOWFUSHI」のアイテム。とくにパーソナライズ賞に選ばれた「LIP38℃ リップトリートメント」は、販売と同時に店頭から無くなってしまうほどの反響を起こした。この2つのアイテムが急成長を遂げた理由はどこにあるのか。それぞれの商品開発担当に話を聞いた。

「花嫁リップ」と呼ばれ始めて、さらに火がついた

2017年の@cosmeのベストコスメアワードは、スキンケアよりもメイクアップアイテムの人気が高く、過半数をプチプラアイテムが占めていたという結果となった。そんな流れを牽引していたのがオペラのリップティントだ。

画像1

赤リップの流行から、リップメイクが定着。そこから、色が落ちにくく、自分の唇の色で、色づきが変化するティントの人気が本格的になったのも2017年の傾向だった。その結果、多くのメーカーからリップティントが発売されたが、オペラのリップティントが爆発的な人気となった要因は「花嫁リップ」と呼ばれたことが大きな要因のひとつだという。

「それまでグロスタイプのティントが主流だったが、実はスティック状のティントを出したのはオペラが初めてだった。日々忙しくがんばっている女性たちに簡単にきれいになってもらいたいという気持ちから、スティック状なら手軽にすぐつけられると思い、このアイディアはいけると感じた」と開発担当者はいう。

「リップティントが販売されたのは2016年の10月だが、初日から本当に売れた」。ただ、その反響は予想の範囲内だったともいう。「事前調査で、ティントの需要が上昇していくことはわかっていた。また、「スティック状のティント」という製品のコンセプトそのものへの共感が高かった。つまり、ティントの需要も高く、かつコンセプトも新しく、低価格帯の設定なので売れるだろうとは、事前から予想がついていた」

この続きをみるには

この続き: 3,321文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf