11億円超えの@cosme BEAUTY DAY、5つの成功要因とシンプルなゴール設定
見出し画像

11億円超えの@cosme BEAUTY DAY、5つの成功要因とシンプルなゴール設定

BeautyTech.jp

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2018年からスタートした「@cosme BEAUTY DAY」は、4回目の開催となった2021年12月1日からの54時間で過去最高の流通額を達成した。これまでの施策の積み重ねで得た手応えについて、株式会社アイスタイルリテール 取締役副社長 本橋未来氏と、このセールイベントの総責任者を務めた株式会社アイスタイルリテールMD部 部長 浦田望氏に話を聞いた。

過去最高売上を導いた4年間の積み重ねから得た5つのポイント

2021年12月1日(水)20:00から54時間限定で開催した、@cosme公式通販「@cosme SHOPPING」のスペシャルイベント「@cosme BEAUTY DAY(以下、BD)」は、過去最高の流通総額となる約11億3,000万円(EC 10億円/店舗1億3,000万円)、対前年比160%という結果となった。あわせて東京・原宿にあるフラッグシップショップ「@cosme TOKYO」では、同12月に2020年1月のオープン以来、1日あたりの最高売上高を達成するなど、EC、店舗ともにはずみをつけている。

@cosme BEAUTY DAY 2021 キービジュアル

@cosme SHOPPINGでは、ラグジュアリーからプチプラブランドまで約4万5,000点の正規アイテムを取り扱っており、BDでは、ラグジュアリーブランドの限定品や復刻アイテム、一定額以上の購入でサンプルセットが手に入るなど、コスメ好きユーザーにとって見逃せない数々の仕掛けが用意されている。

注目すべき点は、一般的な安売りセールとしてユーザーにアプローチしているわけではないということだ。BDでは通常より多くのポイントが付与され、それも魅力の1つとはなっているが「我々がユーザーに提供したいのは、セールというよりも、”化粧品との出会いの場”であり、”思い切り買い物を楽しんでもらう場”だ」と浦田氏は強調する。

株式会社アイスタイルリテールMD部 部長 浦田望氏
プロフィール/ 2011年アイスタイルに新卒入社し、大手化粧品メーカーを中心にアットコスメを活用したマーケティング支援に従事。 2017年4月にEC事業に異動、MDとしてラグジュアリーブランドの新規導入を推進したのち、2021年1月よりMD責任者に就任。

そして今回は、その”場づくり“にフォーカスした結果、パンデミックで化粧品販売が回復基調にあるとは言い切れないなかでも最高売上を達成した。では何がユーザーの気持ちを動かしたのか。きめ細かな施策がたくさんあるなかで浮かんできたのが、下記の5つのポイントだった。

1. アプリやSNSにおける事前アプローチの積み重ね

BDは54時間限定のイベントではあるが、事前に限定品の予約ができる期間が設定されている。@cosmeアプリ内で気になるアイテムをあらかじめお気に入り登録しておくよう促すなど、イベント当日までのコミュニケーションを入念に設計した。

この続きをみるには

この続き: 4,016文字 / 画像2枚

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
BeautyTech.jp
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf