見出し画像

フェムテック系福利厚生サービスは健康経営に必須、女性や家族の選択肢を拡大へ

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

フェムテックなど女性のヘルスケアに特化したサービスを福利厚生に取り入れる動きが日本でも徐々に広がりをみせている。月経随伴症状による経済的損失は1年間で6,828億円(※1)、不妊治療による離職を経験した女性は23%というデータ(※2)が示す通り、女性のヘルスケア、リプロダクティブ・ヘルスは、個々のプライベートな領域ではなく社会全体で取り組むべき課題といえる。日本で展開されているフェムテックを活用した企業向けの福利厚生サービスを紹介する。

※1:経済産業省「健康経営における女性の健康の取り組みについて」(平成31年3月)
※2:厚生労働省「不妊治療と仕事の両立に係る諸問題についての総合的調査」(平成30年3月)

famione(ファミワン):LINE活用でいつでも気軽に妊活相談ができる

2018年のスタート以来、利用者数を着実に増やしているのが、株式会社ファミワンの妊活中のカップル向けパーソナルサポートサービス「famione(ファミワン)」だ。

不妊症看護認定看護師や臨床心理士など、妊活の専門家からLINEで無料のアドバイスが受けられ、病院選びなどの相談ができる。当初から個人向けのサービスだけではなく企業との連携も行い、小田急電鉄やミクシィなどが福利厚生として正式導入してきた。妊活に取り組む従業員への個別サポートだけでなく、管理職や若手社員向けの啓発、月経トラブルから更年期など女性特有の健康問題全般についてセミナーを行うなど、企業の風土づくりから支援している。企業での妊活セミナーの満足度は90%を超えているという。

2020年には福利厚生サービス大手のベネフィット・ワン(導入企業1万2,300社/2021年6月時点)、さらに同年6月には、契約数業界最多1万2,600社超の福利厚生倶楽部を運営するリロ倶楽部とも提携し、月額3,980円のプレミアムプランを25%割引で利用できるなど幅広い層からアプローチしやすいサービスとしている。

FireShot Capture 354 - ファミワンの妊活・不妊治療福利厚生 - benefit.famione.com

出典:ファミワン

WanaB:現役の医療従事者による不妊治療サポートサービス

2021年4月にローンチした「WanaB」は、胚培養士である川口優太郎氏が代表を務めるリプロダクティブサポートファーム東京による企業・事業者向けの不妊治療 福利厚生サービスだ。

監修者やサポートスタッフとして医療従事者が名を連ねることはよくあるが、不妊専門の、しかも胚培養士がトップとなって事業を率いるというケースは珍しく、それがこのサービスの大きな強みとなっている。不妊治療に関する研修や相談窓口の設置、従業員向けに不妊カウンセリングや治療のコーディネートなどを行なうが、対応するのはすべて不妊治療機関で働いている現役の専門医療スタッフ。臨床現場での経験から患者のリアルな声をいち早く吸い上げ、サービスに生かしている。

東京都中野区のビジネスプランコンテスト「ビジコンなかの2020」で優秀賞を受賞し、企業からの問い合わせも増え、すでに4社が導入、2社が検討中という。また、千葉県内にある大学との共同研究の話も進めており、今後はプレコンセプションエデュケーション(生殖に関する教育)にも力を入れ、新入社員研修などに生かす取り組みも行なっていく予定だ。

スグケア for biz:スマホで精子状態をチェック。男性側への意識づけもサポート

オンライン診察プラットフォーム「LiveCallヘルスケア」を手がけるスピンシェル株式会社が2019年にスタートしたのが、働き世代の妊活・不妊治療をサポートする法人向け福利厚生サービス「スグケア for biz」だ。

自社の得意領域であるビデオ通話を用いることで、誰かに相談しにくい妊活や不妊治療の悩みについて、不妊カウンセラーなどの専門家のオンラインカウンセリングが受けられる窓口がアウトソーシングにより短期間で設置できる。

また、不妊の原因の約半数とされる男性側にも妊活を自分ごとと捉えてもらえるように、スマホで精子活力チェックができる簡易キット「メンズホームチェッカー」を提供。男性不妊の原因でもっとも多いという造精機能障害の簡易チェックが自宅ででき、Webで不妊症の専門家・培養士から簡易レポート・アドバイスがもらえる。サービスはすべて不妊治療の専門医である小堀善友医師(獨協医科大学埼玉医療センター・リプロダクションセンター副センター長)が監修している。

画像2

出典:スグケア for Biz

canvas(キャンバス):自分の体と向き合いライフプランが描きやすくなる郵送のホルモン検査サービス

簡単な自己採血を郵送することで自身のホルモン数値をチェックできる検査サービスが、2021年の3月に発売がスタートした株式会社Vitalogue Healthの「canvas(キャンバス)」だ。

PMS(月経前症候群)や生理痛、妊娠や更年期といった女性特有の症状は、ホルモンの影響を強く受ける。そのホルモン値を知ることで現在の自分の体の状態を把握し、ライフプランやキャリアプランを描きやすくすることが目的だ。

ニキビや月経不順の原因がチェックできる「Women's General Health Check」と、妊娠を見据えた数値をチェックできる「Women’s Fertility Check(妊よう性)」、更年期を見据えた数値をチェックできる「Menopause Check(更年期)」の3つのラインナップからなる。検査後のレポートには、最新の医学エビデンスにもとづいた医師からのコメントがわかりやすくまとめられており、必要な場合には連携クリニックへの紹介も行っている。

一般ユーザーへの販売のほか、法人利用やアライアンスも積極的に展開。同年4月からはSOMPOひまわり生命保険と業務提携し、働く女性のライフデザインを支援するサービスを用いた実証実験に導入されている。

画像3

提供:Vitalogue Healthプレスリリース

F check(エフチェック):自宅でできる日本初の卵巣年齢チェックキット

株式会社F Treatmentが販売する「F check(エフチェック)」は、自宅にいながら自身の卵巣に残っている卵子の数が何歳相当なのかをチェックできる検査キットだ。

0.1mlの血液を指先から採血し郵送するだけで、2週間ほどでスマホで検査結果を確認できる。自身の妊よう力(妊娠する力)が現時点でどのくらいなのかを把握することで、妊活をスタートするタイミングや不妊治療の検討に役立てることができ、ライフプランやキャリアプランを考えるきっかけとなる。個人向け販売のほか企業向けの福利厚生パッケージが用意されており、企業で導入することにより長期的な視点でのライフプランニングの啓発につながる。

2020年4月には、「ALOBABY」など国産オーガニックコスメを手がけるSOLIA(旧N&O Life)が福利厚生の一環としてF checkを導入。女性従業員比率が多いことから、妊活・不妊の悩みを減らすことは重要なテーマのひとつだったという。また、2021年3月にはウォンテッドリーが提供する福利厚生サービス「Perk」にも提供を開始、同年5月には、トモズが運営するECサイトでの販売も開始した。

画像4

提供:F Treatmentプレスリリース

For Women’s 保健室:幅広い層の女性にアプローチする健康経営支援プログラム

オンライン診察でピルを処方するアプリ「スマルナ」を提供する株式会社ネクイノが、2020年9月にリリースした法人向け健康支援プログラム「スマルナ for Biz」。それを実際に試験導入した10数社にアンケートや生の声を聞きアップデートさせたのが、2021年4月に提供を開始した「For Women’s 保健室」だ。

生理痛やPMSといった女性特有の悩みについて、スマルナで連携する助産師や薬剤師がチャット形式で相談に応じるほか、企業のニーズに合わせたセミナーや、健康経営を推進するためのフェムテックサポートプログラムの提供を行い、その名の通り企業内の保健室のような役割を目指している。

スマルナ for Bizを導入していた企業からは「月経だけでなく、更年期障害に悩む社員から相談できるサービスが欲しいという声も上がっているので、女性の健康をトータルケアしてもらえるサービスは大変ありがたい」といったフィードバックもあり、幅広い年齢の女性に対して、ライフステージに合わせた悩みを総合的にサポートできるサービスとなっている。

画像5

提供:ネクイノプレスリリース

じょさんしONLINE:多様化する女性のニーズに助産師がオーダーメイドで寄り添う

分娩に立ち会うだけでなく、女性疾患のケアや妊娠中のサポート、育児相談や更年期症状のケアなど、実は助産師は女性にとって一生を通じて頼りになる存在だ。その助産師が個別相談やオンラインセミナーなど、企業に合わせたオーダーメイドのサービスで女性を支援する福利厚生サービスが、2019年に誕生した「じょさんしONLINE」だ。

“誰ひとり取り残さない”をミッションに、国際結婚や海外出産、不妊治療や多胎妊娠など、多様化する妊娠、出産、復職へも対応。さまざまな経験を積んだ助産師が在籍し、各自の経験を生かした講座や個別相談サービスなどを、日本語のほか、英語、ドイツ語、フランス語の4カ国語で対応している。海外派遣駐在員や他国籍従業員が多い企業は、家族へのケアも期待できる。また、復職に向けた卒乳・断乳に関するセミナーなど、助産師ならではのプログラムも魅力だ。

じょさんしONLINE|オンラインで気軽に助産師のサポートが受けられる新しいスタイルの子育てサポート - josanshi-cafe.com

出典:じょさんしONLINE

わたしの温度®:変化の波を知ってセルフマネジメント。女性特有の温度リズムを自動計測

トッパン・フォームズ株式会社が開発した「わたしの温度®」は、女性特有の高温期・低温期のリズムを就寝中に計測するウエアラブルデバイスだ。婦人科専門医の松村圭子医師が監修している。

専用のナイトブラに装着して寝るだけで女性特有のリズムを正確に計測し、生理や排卵の予測日、妊娠のしやすさや体の状態がスマホのアプリで簡単にチェックできる。自身の心身の波を把握することで、「生理前に仕事が集中しないよう進めよう」「PMS期はカフェインを控えよう」など、仕事のパフォーマンスやプライベートな予定をセルフコントロールしやすくなる。とくに生理周期に伴う症状と仕事のストレスで自らを過小評価してしまうといった齟齬が軽減できる。

デバイス本体のみで1万6,500円(税込)、ナイトブラ2着込みで2万1,780円(税込)で販売しているほか、初期費用を抑えたレンタルサービスも行っている。自社やリコージャパンなどでモニター導入を進めているほか、企業への貸出にも対応している。

2021年6月には、自治体として初めて秋田県にかほ市の「女性のこころとからだのサポート事業」に採用された。にかほ市では、子育て世代包括支援センター「にかほ市ネウボラあのね」を開設後、不妊治療の悩みや体調についての相談を受けるケースが増えており、妊娠前の悩みに対するサポートを充実させる必要があるとの認識を強めていた。同事業では、「わたしの温度®」を希望者に3ヶ月間無償で貸し出し、自身の温度リズムを把握して自己管理に役立ててもらうことを目的としているほか、期間中、市では保健師・産婦人科医の講話も予定している。

画像7

出典:Makuake

産婦人科オンライン小児科オンライン:妊娠や出産、産後、子育てに関するオンライン医療相談ができる

妊娠中の悩みや出産、産後の心身の悩みや子育ての悩みなどの幅広い相談を、メッセージチャット、音声通話、動画通話といったオンラインツールで専門家に相談できるサービスが「産婦人科オンライン」「小児科オンライン」だ。

平日18〜22時の間、10分間の予約制で小児科医、産婦人科医、助産師にスマホひとつで相談できるほか、24時間メッセージが送れる一問一答形式の「いつでも相談」がある。応じるのは、現役の産婦人科医と助産師だ。待ち時間なしで専門家に一対一でじっくり相談できるのは、休みをとって病院に行くのが難しいビジネスワーカーにとって利便性が高い。契約企業の社員や会員が合言葉を入れることで、無料で利用できる仕組みになっている。

東急不動産やフコク生命といった法人企業のほか、自治体や保育施設とも数多く提携しており、2021年5月には保育所、幼稚園運営のせいかグループが導入している。

画像8

出典:産婦人科/小児科オンライン

TRULY チャット相談 for Business:更年期症状の健康問題について医師にチャット相談

女性ホルモンの量が急激に低下し更年期を迎える時期は、ちょうどキャリアのピークである30〜50代に当たる。女性の管理職比率向上がさけばれるなか、女性の70%が更年期症状によって管理職昇進をためらっているというデータもある。そんな更年期を中心とした女性の健康問題について、医師による個別チャット相談を軸にサポートする法人プランが「TRULY チャット相談 for Business」だ。

開発したのは、10歳男児の母で自らも女性ホルモンの影響を痛感した二宮未摩子氏と、東京・丸の内の森レディースクリニック院長で、女性の性の悩みについて積極的な啓発活動を行っている宋美玄医師だ。チャット相談サービスは、宋美玄氏を中心に経験豊富な女医チームが対応。心理的にハードルが高い女性特有の悩みを匿名で女医に気軽に相談することができる。実際の利用者の満足度は93.3%に上るという。

画像9

出典:TRULY チャット相談 for Business

関連記事(バックナンバー)

優秀な人材確保や女性雇用比率アップのために、女性に特化した福利厚生サービスを導入することは有効な手段のひとつだ。米国ではFacebookが2014年にいち早く福利厚生プログラムの一環として卵子凍結費用をサポート。導入からの4年間で女性従業員の割合が向上したというデータもある。また、現在は大企業にのみ義務化されているハラスメント窓口の設置が、2022年には中小企業にも適応され、これには不妊治療に対するハラスメントも含まれる。不妊治療のための制度導入のコンサルティングは、NPO法人フォレシアNPO法人Fineでも受け付けている。

Text: 佐々木彩子(Ayako Sasaki)
Top image: Alesia Kazantceva via Unsplash

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。2021年7月19日より月・水・金の週3回配信となり、9月1日にリニューアルを予定しております。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf