meecoなど5つの美容ECサイトが経験した外出自粛下での売上とユーザー行動の変化
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

meecoなど5つの美容ECサイトが経験した外出自粛下での売上とユーザー行動の変化

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

全国で新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言が発令された4月以降、小売店の多くが臨時休業となった。その間、化粧品ECサイトでは売上やユーザーの動きなどにどのような変化があったのか。meeco、HANKYU BEAUTY ONLINE、LOHACO、 NOIN、@cosme SHOPPINGの5サイトに聞いた。

■ 株式会社三越伊勢丹「meeco」「meeco variety」
メイクアイテムも好調、「間に合わせ」から徐々に「本気の購買へ」
デジタル事業グループ 化粧品EC部 スタッフマネージャー 
小菅美由紀氏

スクリーンショット 2020-06-19 10.08.06

出典:meeco

三越伊勢丹の化粧品EC「meeco (ミーコ)」「meeco variety(ミーコバラエティ)」の4月〜5月合算の売上は、スキンケア商品が昨年同期の約5倍(購買客数の前年同期比も約5倍)、メイクアップ商品は約4倍(同約4倍)を記録した。

サイトへのアクセスは4月頭から徐々に増加。SNSでの訴求や広告の強化を行ったことも奏功し、普段利用している店舗が休業して化粧品が買えなくなった新規ユーザーを多く呼び込んだ。人々の自宅滞在時間が増えたことでスキンケアの需要は高まるが、一方で、マスク生活によりメイクアップ商品は苦戦すると見込んでいた。しかし、結果的に新商品を中心に好調に推移したという。緊急事態宣言が全国に拡大した4月中旬以降、商品レビューには、「コロナのせいで色々とストレスがたまるが、届いたアイシャドウを見てニヤニヤしつつストレスを発散している」といった、化粧品を購入することで気持ちを上げているという声も増えていった。

外出自粛が人々に定着した4月下旬には、ラグジュアリースキンケアや美容機器も動きが活発化していったといい、「”間に合わせ購買”から”本気の購買”へお客さまの感覚が変化していったように感じた」(小菅氏)。

4月のサイト平均滞在時間も、前年同期比131.5%と伸長。小学館の「美的」「Oggi」「Domani」が制作協力しているサイト内コンテンツ 「THE NEW ME」や、特集ページ などがよく読まれており、コンテンツ経由の売上も4月以降右肩上がりだという。

この続きをみるには

この続き: 3,428文字 / 画像5枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf