見出し画像

セクシャルウェルネスの性差を解消、欧米の大人向け "性教育フェムテック"の動き

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

英国のクリーンビューティ系の化粧品ECとして知られるCult Beautyでは、2020年のセクシャルウェルネス分野のPVが前年比で80%増加し、124%の売上増となったセックストイもあることが報じられた。その背景のひとつに、女性としてのセクシャルウェルネスの追求を「当然のこと」として、エンパワメントする動きが強まっていることがあげられる。それが、いわば大人向けの ”性教育フェムテック”だ。

ジェンダーギャップが大きいセクシャルウェルネス市場

Research and Marketsによると、世界のセクシャルウェルネス市場は2025年までに400億ドル(約4億2,000億円)以上になるといわれている。年平均成長率8%という成長のドライブとしては、テクノロジーの進化、インターネットの浸透に加え、「#MeToo」時代を生きる女性たちがセクシャルウェルネスの向上を求めはじめるなか、自らのニーズに叶うビジネスを立ち上げる女性起業家たちが増加していることも挙げられる。また、COVID-19感染拡大で、自宅で過ごす時間が増えたことも追い風となっている。

そんなセクシャルウェルネス市場だが、女性向けの商品やサービスの割合はわずか25%で、いまだにジェンダーギャップの大きい分野となっている。ここから、女性たち自身も自らの性的快楽をタブー視し、羞恥心からも健康と密接に関係する性の知識に背を向け、ウェルネス改善を放棄してしまっているケースが多いことがうかがわれる。このような状況を解消すべく、大人の女性を対象にした性教育コンテンツを「当然のこと」として提供し、女性をエンパワメントするサービスが欧米で続々と登場している。

女性の性的悩みに寄り添うコミュニティ

女優エマ・ワトソンも絶賛する「OMGYES」は、2015年にインディアナ大学とキンゼイ研究所が共同で立ち上げたサイトで、女性のリアルな体験を共有できるサービスだ。18〜95歳までの一般女性2万1,000人以上に性的快楽に関する大規模調査を行い、その調査結果をベースにした有料コンテンツを提供している。

2017年に発表した「クリトリスへの外部刺激」をテーマにした「シーズン1」(49ドル/約5,200円)は、年齢、人種、セクシャリティを問わず、さまざまな女性が自分たちの経験をオープンに語る60以上の動画と、快楽を得るための手法をタッチパネルでシミュレーションできるインタラクティブな実写画像で構成されている。日本語を含む12ヶ国語に翻訳され、これまで言葉にされてこなかった女性の快楽に関する具体的な知識を共有している。

2019年4月には、「内部やGスポットへの刺激」をテーマにした「シーズン2」(シーズン1&2のセットで89ドル/約9,400円)が登場し、前シーズンの2倍以上の数の動画を揃え、より多くの一般女性のリアルな声を聞くことができる。

これらのコンテンツは、具体的な情報はもちろん、恥ずかしがらずに自らの経験を共有する多様な女性の姿を見せることで、快楽はタブーではなく、年齢や人種などに関わらず誰もが追求し、話題にしてもいい「当然のこと」だというメッセージにもなっている。

画像1

出典:OMGYES

全米の女性の43%が何らかの性機能障害を抱えているといわれているが、男性のそれとは異なり、女性に関するこの分野の研究は進まず、頼れる情報リソースが極めて少ない現状がある。こうした状況を解消すべく、米国の医師リンゼイ・ハーパー(Lyndsey Harper)氏が、2017年に医者や心理学者の協力を得て立ち上げたのが「Rosy」だ。性欲低下など性機能障害に悩む女性たちのためのサブスクリプションサービス(月額9.99ドル/約1,100円)で、2020年2月に100万ドル(約1億500万円)を調達した。

Rosyは、アプリ上で性教育ビデオやガイドレッスン、ロマンティック&エロティックな短編小説、また匿名で質問ができる安全なコミュニティを提供することで、性欲向上はもちろん、女性としての自信を取り戻し、包括的なセクシャルヘルスやウェルネスの向上を目指している。医療関係者も積極的に患者にRosyを紹介しており、3,000万人を超える利用者からは、コンテンツ内容への賞賛にあわせて「このような悩みを抱えているのは、自分だけじゃないと気づくきっかけを得た」という声が多数寄せられている。

さらにRosyは6月に、「性機能障害を抱えている多くの女性は、恥ずかしさのため専門家に悩みを相談しない」という現状を踏まえて、専門医のオンライン診療が受けられる「Rosy Telehealth」をローンチした。自宅にいながら、信頼できるセクシャルヘルスの専門医のアドバイスを得ることができ、より多くの女性が問題解決に向けた一歩を踏み出す後押しとなることが期待されている。

画像2

出典:Rosy

ほかにも、安心できるコミュニティや正しい情報の提供を主眼としたサービスはいくつも誕生している。たとえば、2017年に創業したブルックリンのスタートアップ「Ovee」は、「膣を持つすべての人が、自分自身でセクシャルヘルスについて判断できるようになる」ことをミッションに掲げた包括的な情報ハブだ。親しみやすい言葉遣いで、性病、快楽、パートナーとの関係、避妊、妊娠・出産、生理などさまざまなテーマの情報を提供するだけでなく、同サイトがキュレートした商品も購入できる。

このように、女性が安心してセクシャルウェルネスに向き合える情報サイトの登場は、「女性のセクシャルウェルネスはタブーなトピックだ」という思い込みの払拭に大きく貢献している。

女性のために作られたリアルな音声ガイド

文字や動画といった視覚的な情報サービスだけではない。ポッドキャストの流行を背景に、セクシャルウェルネスの分野でも、音声をメインにしたサービスが増えてきている。音声であれば、文字よりも親しみやすく、また場所を選ばず情報を得られるメリットもある。

性的悩みを抱える女性たちを対象にしたポッドキャストには、米国の有名セックスセラピストのエミリー・モース(Emily Morse)氏の「Sex with Emily」や、セックス&リレーションシップコーチ、ドーン・セラ(Dawn Serra)氏の「Sex Gets Real」、オーストラリアの性科学者ジュリエット・アレン(Juliet Allen)氏の「Authentic Sex with Juliet Allen」、カナダの性科学者ジェシカ・オレイリー(Jessica O'Reilly)氏の「Sex with Dr. Jess」などがある。性に関する女性専門家が、それぞれの専門知識と自身の体験を踏まえて、レクチャーというよりも親しみやすいリアルな言葉で、「自分の体に自信がない」、「夫婦間のセックスレス」、「生理中のセックス」といった、友人ともあまり語ることのないトピックについて掘り下げていくコンテンツになっている。

画像3

出典:SEX WITH EMILY

また、音声を使ったセクシャルウェルネスのなかでは、オーディオポルノ(オーディオ・エロチカ)分野が“ルネサンス期”といわれるほどの盛り上がりをみせている。とりわけ、女性の視聴者を対象にしたものに注目が集まっており、投資家からは、人気の瞑想アプリ「Calm」や「Headspace」につぐ成長の可能性を指摘される分野となっている。

これまでの映像ポルノでは、登場人物の体型、衣装、仕草、状況などが現実離れしているため、女性にとっては、性欲が向上するどころか、むしろ男性の独りよがりの快楽に抵抗を感じたり、自信を喪失させられるものが多かった。その点、視覚情報がないオーディオポルノであれば、登場する女性に自分を重ねる想像の余地がある。よく練られたストーリーであればなおさら、想像で “その気になる” 傾向がある女性にとっては効果が高いとされる。それが女性向けのオーディオポルノが注目される理由の1つだ。

セクシャル・セルフケアアプリ「Dipsea」は、2人の米国人女性が、2018年12月に550万ドル(約5億8,000万円)の投資を受けてローンチしたサービスだ。快楽を得るための呼吸法などのセクシャルウェルネスの音声ガイダンスや、性的な気分を盛り上げる5分から20分ほどの短尺オーディオポルノをアプリ内サブスクリプション(月額9ドル/約950円)で提供する。

同オーディオポルノは、男女、女性同士、男性同士、独りなど性的指向のほか、職場、旅先、元恋人との再会、友人同士といった好みの状況など、バラエティ豊かなストーリーが揃っており、いずれも登場人物が自然な流れで快楽に向かうものだ。シナリオを重視することで、女性たちの想像力を刺激し、無理なく自分を重ねられると好評で、すでに30万人以上がダウンロードしている。

画像4

出典:DIPSEA

同様に、2019年に150万ドル(約1億6,000万円)の融資をもとに英国人女性2名が立ち上げた「Ferly」も、すでに53ヶ国に10万人以上のユーザーを持つセクシャルセルフケアの人気オーディオアプリだ。マインドフルセックスのための知識や快楽を得るための音声ガイドとショートストーリーを月額12.99ポンド(約1,800円)で提供する。

Ferlyの創業者たちは、「女性が男性の約半分の確率でしかオーガズムを体験できないというジェンダーギャップを埋め、女性をエンパワメントしたい。そのためには、大人の女性向けの性教育が必要だ」という考えのもと、このサービスを立ち上げた。毎日1つの課題を学ぶ7日間の無料セッションなど、手を引くように導いてくれるきめ細かいサービスで、女性たちの「セックス・ポジティブ」なマインド作りに貢献している。

セクシャルウェルネスへの自覚を促すデバイスや商品

デジタルコンテンツのほかにも、女性たちが自らのニーズを形にし、これまで市場になかった新しい商品を通じての教育やエンパワメントもある。

女性の3分の1、また、妊婦や出産後間もない女性の8割が骨盤底筋の問題を抱える現状に対して誕生したのは、世界で初めてFDAに承認されたスマート・ケーゲルエクササイズ・デバイス「Lilac」(69ドル/約7,300円)や、カルト的人気を博す「elvie trainer」(199ドル/約2万1,000円)といったケーゲルボールとアプリが連動した骨盤底筋トレーニングデバイスだ。見えない場所にある筋肉を鍛えるという難しさを解消すべく、骨盤底筋にどれくらい力を入れられているのかをアプリで確認することができ、効果のある正しいエクササイズを指南してくれる。

2017年に英国の女性起業家が立ち上げた「HANX」は、女性がスキンケア商品のような感覚で選んで持ち運びたくなるコンドームや潤滑ゼリーを開発し、販売している。今年9月には、「HANX Fix」という専門医が監修する膣の健康に関するオンラインサービスをスタートした。膣カンジダ症、細菌性膣炎といった症状の解説から治療薬の宅配までをワンストップで提供し、現代女性が積極的に症状に向き合えるようにサービスが設計されている。

米国LAで誕生した「Lorals」は、女性のオーラルセックス用使い捨ての下着だ(4枚入り・25ドル/約2,600円)。全米で無作為に選ばれた200人の女性を対象にした調査では、87%の女性がオーラルセックスを受けることを実際は求めているのに、拒否するという結果があったという。Loralsが開発した通常の下着の1/10の薄さでバニラの香りのするラテックス製下着は、女性がオーラルセックスを拒む理由となっている「直接肌に触れられることへの羞恥や痛み」を取り除くという。ユーザーからは、「これこそ市場に欠けていた商品」、「自意識や羞恥から解放されて楽しめた」といったレビューが集まっている。

ユネスコも「包括的性教育」の重要性を示唆

一言でセクシャルウェルネスの向上といっても、性教育には、ジェンダーアイデンティティ・性的嗜好、避妊や性病、思春期・体の変化、ボディアクセプタンス(自分の体を受け入れること)、性的合意、性的快楽、健全なパートナーとの関係やロマンスなどが幅広く含まれる。性に関する知識やスキルだけでなく、人権やジェンダー観、多様性、幸福を学ぶ「包括的性教育(comprehensive sexuality education)」の重要性が、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の国際セクシュアリティ教育ガイダンスでも指摘されている。

科学やデータに基づいた正しい性教育がいきわたり、女性が自分のウェルネスの追求を「当然のこと」として受け止め、エンパワメントされることで、女性のセクシャルウェルネス市場は飛躍的に成長する可能性を秘めている。

Text: 東リカ(Rika Higashi)
Top imaga: sergey causelove via shutterstock

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
22
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

こちらでもピックアップされています

ビジネス
ビジネス
  • 305本

BeautyTech.jpのビジネスに関する記事をまとめたマガジンです。