ポーラ新生APEXは、顧客と伴走するパーソナライゼーションで新境地を開く
見出し画像

ポーラ新生APEXは、顧客と伴走するパーソナライゼーションで新境地を開く

BeautyTech.jp

◆ English version: Pola’s renewed APEX brand faces the future with long-term personalization support
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2019年7月8日にリニューアル新登場するAPEX(アペックス)は、ケアパターンが従来の256万通りから862万通りへと大幅に増え、より一人ひとりに適したスキンケアとベースメイクの提供が可能になった。発売に先駆け、新生アペックスを体験したBeautyTech.jp編集部が見た、先端をゆくパーソナライゼーションのあり方をレポートする。

パーソナライズドスキンケアブランドの草分けとして、誕生から30年を経たアペックスは、これまで何回ものリニューアルを実施し内容を進化させてきている。だが、今回の改革におけるインパクトの大きさは過去と一線を画すものだ。

画像1

新生アペックス 出典:ポーラ

その1つが、ポーラが蓄積してきた1,800万件(※2019年1月時点)という膨大な肌データと高感度カメラを活用した静止画解析に加えて、AI技術を活用した独自の動画解析を取り入れた、業界初の肌分析技術の導入である。これは、現在の肌状態を深部まで高精度に分析するにとどまらず、5年後、10年後のために今から高めておくとよい力、肌の可能性を知り「肌のポテンシャル」までも分析できるところが革新的だ。しかも、店頭の機器を用いて診断を受けると、その場で分析結果が出る即時性も備えている。

そして、この肌分析技術に基づいて、顧客の「プランを立てる」→「プランを実行する」→「プランをアップデートする」というフローを描き、販売スタッフ(ポーラ ビューティーディレクター)が伴走して長く寄り添い、一人ひとりに最適なケアを提案かつサポートする。つまり、今も未来も美しい肌であり続けるために、客観的・科学的なデータと、気づきや励ましといったパーソナルなヒューマンタッチを組み合わせたスキンケアのデザインであるところが大きな特徴である。

ポーラでは、この肌の現在と未来を知る技術を「センシング」、先々までの予測に基づく提案や選択肢の提供を「コーチング」と定義し、新生アペックスの2つの柱に位置付けている。これら分析結果と対面カウンセリングにより得られた顧客の個別情報、生活環境や習慣を踏まえた上で提案されるケアのパターンは862万通りにのぼる。

当然ながら、アペックスがこの形に完成するまでの開発段階では紆余曲折と挫折があった。幾度も検討を繰り返してきた分析の即時化も、データ通信や分析機器のコストなど課題が山積し、サービス化への道のりは困難を極めた。現場のたゆみない努力と企業としての戦略が交錯するバックサイドのストーリーは次回にまとめるが、まずはアペックスを実際に試してみた体験から考察していこう。

この続きをみるには

この続き: 2,649文字 / 画像9枚

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
BeautyTech.jp
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf