コロナ禍で急成長、友人とバーチャルショッピングなど欧米Z世代向けサービス4選
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

コロナ禍で急成長、友人とバーチャルショッピングなど欧米Z世代向けサービス4選

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

世界が隔離と分断を余儀なくされたCOVID-19のパンデミック下で、オンラインで友人と過ごす時間が増えたデジタルネイティブであるZ世代の間では、チャットやビデオ通話だけにとどまらず、オンライン上で一緒にショッピングをしたり、映画やライブを見ながらのコミュニケーションといった新しいカルチャーが生まれている。コロナ禍で急成長する、Z世代の消費行動を変えた「繋がり」や「共有」を促す4つのサービスを紹介する。

イスラエルにHQがあり、元ロレアル イスラエルのブランドマネージャー、エリサ・カーン(Elysa Kahn)氏が2020年5月に立ち上げた「Squadded Shopping Party」は、友人と一緒にECでバーチャルショッピングが楽しめるサービスだ。立ち上げの理由について、カーン氏は「友人からアドバイスをもらいながら買い物をするのは、私にとってとても重要なこと。そして同時に今までのオンラインショッピングに欠けていた要素でもある」とVOGUE Businessに語っている。

EC上で友人と一緒に買い物できる
「Squadded Shopping Party」

ブラウザに拡張機能を追加するだけで使用することができるSquadded Shopping Partyは、ASOSboohooMissguidedNA-KDPrettyLittleThingといった、15~25歳のZ世代をメイン顧客にもつ大手ECプラットフォームと連携しており、欲しい物リストを共有したり、気になるアイテムについてアドバイスを求めたり、ブランドコミュニティに参加できたりと、オンライン上でまるで友人と一緒にショッピングしているかのような体験が可能だ。

画像1

出典:Squadded Shopping Party

リサーチ会社のニールセンが2019年に行った調査によると、近しい友人のアドバイスは、ショッピング中の購買行動に大きな影響を与えるようだ。消費者の54%が「もともと買おうと思っていたものではない予想外の買い物を経験」しており、80%が「友達のアドバイスやSNS上のグループによって購買意欲が掻き立てられて購入に至ったケースがある」と回答している。

カーン氏の描くバーチャル・ショッピングモール構想は、このロックダウン下でまさにZ世代が求めているものであり、友人だけでなく、オンラインショップ上にいるすべてのユーザーと繋がりあえるプラットフォームであることを考えると、同サービスが持つポテンシャルは大きいといえる。

Squadded Shopping Partyは、2020年5月時点では無料でサービスを提供しているが、今後はアフィリエイトでの収入や企業への月額利用料3,000ユーロ(約36万円)を設けて収益化していく予定だという。

この続きをみるには

この続き: 2,335文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf