新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

コロナ禍で急成長、友人とバーチャルショッピングなど欧米Z世代向けサービス4選

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

世界が隔離と分断を余儀なくされたCOVID-19のパンデミック下で、オンラインで友人と過ごす時間が増えたデジタルネイティブであるZ世代の間では、チャットやビデオ通話だけにとどまらず、オンライン上で一緒にショッピングをしたり、映画やライブを見ながらのコミュニケーションといった新しいカルチャーが生まれている。コロナ禍で急成長する、Z世代の消費行動を変えた「繋がり」や「共有」を促す4つのサービスを紹介する。

イスラエルにHQがあり、元ロレアル イスラエルのブランドマネージャー、エリサ・カーン(Elysa Kahn)氏が2020年5月に立ち上げた「Squadded Shopping Party」は、友人と一緒にECでバーチャルショッピングが楽しめるサービスだ。立ち上げの理由について、カーン氏は「友人からアドバイスをもらいながら買い物をするのは、私にとってとても重要なこと。そして同時に今までのオンラインショッピングに欠けていた要素でもある」とVOGUE Businessに語っている。

EC上で友人と一緒に買い物できる
「Squadded Shopping Party」

ブラウザに拡張機能を追加するだけで使用することができるSquadded Shopping Partyは、ASOSboohooMissguidedNA-KDPrettyLittleThingといった、15~25歳のZ世代をメイン顧客にもつ大手ECプラットフォームと連携しており、欲しい物リストを共有したり、気になるアイテムについてアドバイスを求めたり、ブランドコミュニティに参加できたりと、オンライン上でまるで友人と一緒にショッピングしているかのような体験が可能だ。

画像1

出典:Squadded Shopping Party

リサーチ会社のニールセンが2019年に行った調査によると、近しい友人のアドバイスは、ショッピング中の購買行動に大きな影響を与えるようだ。消費者の54%が「もともと買おうと思っていたものではない予想外の買い物を経験」しており、80%が「友達のアドバイスやSNS上のグループによって購買意欲が掻き立てられて購入に至ったケースがある」と回答している。

カーン氏の描くバーチャル・ショッピングモール構想は、このロックダウン下でまさにZ世代が求めているものであり、友人だけでなく、オンラインショップ上にいるすべてのユーザーと繋がりあえるプラットフォームであることを考えると、同サービスが持つポテンシャルは大きいといえる。

Squadded Shopping Partyは、2020年5月時点では無料でサービスを提供しているが、今後はアフィリエイトでの収入や企業への月額利用料3,000ユーロ(約36万円)を設けて収益化していく予定だという。

バーチャルファッションから買い物まで
ワンストップ提供「Drest」

新型コロナ禍の最中に盛り上がりをみせた文化の1つに、Nintendo Switch『あつまれどうぶつの森』などで見られた、ゲーム上でキャラクターの衣装を着せ替えるバーチャルファッションがある。ラグジュアリーファッションのECサイト、NET-A-PORTER 元編集長のルーシー・ヨーマン(Lucy Yeomans)氏が手がける英国発の「Drest」は、プレイヤーがファッション誌のスタイリストとして、ドレスコードやシーズンテーマ、キーカラーなどのトレンド情報を取り入れたミッションを遂行し、アバターにスタイリングを施すというゲームアプリだ。

画像2

出典:Drest

基本的な機能は無料で利用できるが、ゲーム内でアイテムを獲得する際にはコインが必要となる。コインは購入できるほか、センスのよい他プレイヤーに「いいね」の代わりにコインを送ったり受け取ったりすることもできる。ゲーム内での経験によって、ジュニアスタイリスト、ナノインフルエンサーと肩書きがランクアップするのも、プレイヤーのモチベーションになっている。

画像3

出典:Drestアプリ

このゲームで肝となるのは、気に入ったルックをワンストップで購入できる点だ。世界中のラグジュアリーファッションを取り揃えたEC大手のFarfetchと連携し、バーバリー、グッチ、プラダ、ステラ・マッカートニー、ヴァレンティノなどの有名ブランドが数多くラインナップされており、バーチャルでファッションを楽しみ、ほかのユーザーと繋がり、さらに服や小物を購入できるサービスとしてファッション好きを満足させる内容となっている。

オンライン上で集合してイベント参加できる
ビデオチャットアプリ「Houseparty」

この外出自粛期間中にダウンロード数が急増したビデオチャットアプリ「Houseparty」は、友人とのコミュニケーションに大きな変化をもたらしたといっても過言ではないだろう。友だち最大8名とライブ動画配信感覚でおしゃべりできる本アプリは、従来のビデオチャット機能に加えて、友人とライブイベントを一緒に見るという新機能を実装し、これがユーザーの心を大きく掴んだ。

2020年5月15日には「In The House」と銘打ったイベントを開催した。アリシア・キーズやケイティ・ペリー、ジョン・レジェンドといった大物アーティストから料理家、俳優など、さまざまなジャンルのゲストを招き、3日間に渡ってダンス、トーク、料理、歌、エクササイズ等が楽しめるコンテンツを公開した。


TechCrunchによると、参加者がグループチャットに文字を打ち込んだり「いいね」を送るだけの一般的なライブストリーミング配信とは異なり、Housepartyのグループビデオチャットで友人と集合してから、ライブ配信中のイベントにつなげて一緒に見るという仕組みになっているという。

今年開催される予定だった大型野外音楽イベントの多くが、既に開催中止や延期を発表したことから、さまざまなプラットフォームがエンターテイメントの新しい楽しみ方を模索している。Housepartyは2016年9月のローンチ以降、アプリ内のゲームやトリビアクイズ、スクリーンのシェア機能などを通して「体験の共有」を届けることに焦点を当ててきた。今後は、ただ視聴するだけに留まらない、パフォーマーと視聴者が一体となって楽しめるようなインタラクティブな体験ができる新しいツールとして、より機能を拡張していく予定だという。

Netflixで映画を観ながら
チャットができる「Squad」

ティーンエージャーに人気のモバイル画面共有アプリの「Squad」は、新型コロナウイルスの影響による自宅待機で利用が急増していることを受けて、2020年3月にデスクトップ版を公開した。新たなサービス内容はスクリーンを共有し、テレビや映画を一緒に見ながらおしゃべりができるというものだ。

画像4

出典:Squad

CEOのエスター・クロフォード(Esther Crawford)氏は「3月前半の2週間で同社プラットフォームの利用は54%増加し、ロックダウンが長引き学校が完全にリモートに移行すると、Squadの利用は爆発的に増え、3月後半の2週間では1,100%の増加となった」とTechCrunchに語っている。

Squadは、友達がスマホで見ているものをバーチャルで一緒に見るソーシャルプラットフォームとして設計されており、これまでのモバイル版では、ユーザーがTikTokの動画を一緒に観るという使い方が主流だったという。デスクトップアプリでは、Netflixなどのストリーミングでテレビ番組や映画を一緒に観る機能が追加され、長時間自宅で過ごす多くのティーン達に利用された。

ビジネスシーンでのオンライン会議などの用途を主眼において作られているのがZoomだが、Squadはスマホ、デスクトップアプリともに親しい友人間での利用を目的としており、同時に利用できる人数は最大9人に制限されている。

今回のCOVID-19の影響で、これまでオフラインが担ってきたさまざまな機能をオンラインサービスが補完し始めている。オンラインで繋がりリアルに近いコミュニケーションで幅広い経験を共有するという新しいカルチャーは、ビジネスにおいてもさまざまな可能性を提供していくはずだ。

Text: 橋本沙織(Saori Hashimoto)
Top image: insta_photo via Shutterstock

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
27
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

こちらでもピックアップされています

マーケティング
マーケティング
  • 268本

BeautyTech.jpのマーケティングに関する記事をまとめたマガジンです。