MiMCがプレミアムエタノールを採用、日本発クリーンビューティD2Cとしての存在感
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

MiMCがプレミアムエタノールを採用、日本発クリーンビューティD2Cとしての存在感

◆ English version: MiMC, Japan’s first clean beauty D2C, adds premium ethanol lineup
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

「D2C」や「クリーンビューティ」という言葉が存在しなかった2000年初頭から天然成分のみを使ったミネラルコスメの可能性に着目し、年々ファンを獲得しているメイクアップブランド「MiMC」が、株式会社ファーメンステーションのオーガニックプレミアムエタノールと出会い、ひとつの製品が生まれた。サステナビリティが根本の哲学にある企業2社の協業が、日本のクリーンビューティを特徴づける出来事となった。

2007年創業の「MiMC(エムアイエムシー)」は、オーガニックにこだわり化学合成成分を一切使わず、ミネラルや植物、果実など厳選した天然成分のみを使った化粧品を製造・販売する、日本のクリーンビューティブランドの先駆けだ。現在は、自社ECサイトと直営店を含む国内150店舗のほか、香港の百貨店で販売している。

MiMCの開発者であり、株式会社MIMC 代表取締役 北島 寿氏は、東北大学大学院理学研究科修士課程を修了した科学者の顔を持つ。また、北島氏自身がアトピー性皮膚炎に悩んだ経験から起こしたブランドでもある。

北島さん

株式会社MIMC 代表取締役
北島 寿氏

MiMCは、石鹸だけで落とすことができる肌への負担が少ないメイクアイテムでありながら、合成原料に遜色ない鮮やかな発色や多彩な質感が出せると評判で、ナチュラル・オーガニック志向のユーザーはもとより、ヘアメイクアップアーティストやモデル、タレントにも愛用者が多い。これまで大きな広告宣伝費をかけずにクチコミで人気が広まってきており、設立以来、増収増益の右肩上がりで伸びている。とくに、クリーンビューティ人気がグローバルでも高まってきた2017年からは、昨対比140%超で成長を続けているという。

プレミアムエタノールとの出合い

同社が、クリーンビューティの文脈で新型コロナウィルス感染症の拡大で需要が増す消毒用アルコール製品を作れないかと考えたときに、株式会社ファーメンステーションによるオーガニックのプレミアムエタノールの存在を知った。

「コロナ禍で、消毒用アルコールの必要性が高まるなかで、MiMCのコンセプトである自然の力やつながりを感じられる製品をつくれないかと考えていた。ファーメンステーションが休耕田で作られた有機オーガニック米を使ってエタノールを抽出し、抽出後の残渣は家畜の餌や化粧品の原料に使われるなど、廃棄物が一切でない地域循環型プロジェクトのストーリーを聞き、ぜひMiMCの製品に使用したいと思った」(北島氏)

この続きをみるには

この続き: 2,825文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf