見出し画像

フェムテックは更年期女性も救う。続々立ち上がる「メノポーズテック」の現在

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

生理トラッキングアプリなどに代表されるフェムテックへの認知が広がるなか、これまで語られることの少なかった更年期の不快な症状をテクノロジーで緩和する「メノポーズテック」に注目が集まってきた。とくに米国では医療相談チャットやほてり対策、膣の乾燥をケアするデバイスなど、新しいサービスが登場している。

Appleが女性の健康に関する新たな研究に取り組むなど、フェムテックが美容やウェルネス分野のイノベーションのメインストリームに躍り出ている。#MeTooやボディポジティブといったフェミニズムの流れを受け、月経前後の不快症状をはじめとする女性特有の悩みをオープンに語り、解消していこうという機運が高まっている。

そのなかで、従来は「女性の性」かつ「加齢」に関するものとして避けられがちな話題だった「メノポーズ(更年期)」にも光があたりはじめた。さまざまな企業が、専門家へのオンライン相談サービス、更年期症状緩和のためのデバイス、更年期に合ったライフスタイル情報提供など、多様なかたちのテクノロジーを提案している。そんな更年期対策テクノロジー、「メノポーズテック」の米国における現状と課題をまとめていく。


なぜ今、メノポーズテックなのか

「更年期」とは、日本産科婦人科学会の定義によれば、閉経の前後5年間、計10年間を指す。日本人の平均閉経年齢は50歳前後とされ、つまり45〜55歳前後の女性がそれにあてはまる。2015年時点の推計では、2030年までの15年間で更年期に入る人の数が全世界で12億人にのぼるとされており、それは全人口の約15%に相当する。そして更年期に何らかの症状を経験する人の割合は85%に達するともいわれている。

にもかかわらず、更年期症状のために医療機関を訪れる人は更年期人口の10%程度にとどまっている(上記論文より)。更年期症状は、ほてりや発汗、手足の冷え、気分の落ち込み、不眠、骨粗鬆症などさまざまだが、それが更年期によるものなのか、単なる一時的な疲労やストレスによるものなのか、判別できない場合も多い。とくに仕事をしている女性であれば、通院のためにスケジュールを調整したり有給休暇を取ったりするのも負担になり、受診せずに過ごしてしまう人も多いとみられる。

また医療機関での治療法の主流となっているホルモン補充療法(HRT)は、かつて乳がんリスク上昇が指摘されたことがあり、不安感を抱く人も少なくない。なるべくなら病院に行かず、かつ安心できる方法で更年期に対応したいというニーズが根強く存在している。

受診なしでできる更年期対策には市販薬やサプリメント、食生活や運動習慣などいろいろあるものの、効果の度合いや本人との適性がわかりにくい。メノポーズテックは、こうしたニーズと現状のギャップを埋める形で成長しつつある。おもにD2Cのスタートアップが手がけるケースがほとんどで、まだ販売に至っていない製品やサービスも少なくないが、フェムテックで急成長した企業や大手の参入もはじまっている。

敷居の低いオンライン相談

前述の通り、更年期対策を目的として医療機関を受診する人は少数派だ。だが更年期症状には個人差が大きく、また既往症があると受けられない対策方法もあるため、患者に合った治療法を選ぶためには専門家の判断が欠かせない。

そこで専門家のアドバイスを手軽に受けられるようにしたサービスが、GenneveやRoryといった更年期専用のオンライン相談である。

図1

出典:Genneve公式サイト


Genneveは医師またはナース・プラクティショナー(米国における看護師の上級職)に対し動画チャットで相談できるサービスで、週末や平日夜間にも利用できる。その場で処方せんを発行してもらい、患者の行きつけの薬局で薬を受け取ることも可能だ。15分間の相談で35ドル(約3,800円)という価格は、日本の医療費と比べると割高に感じられるかもしれないが、米国の水準では良心的な範囲である。

さらに安価に、1回15ドル(約1,700円)でオンライン相談ができるのがRoryだ。Roryには詳細なオンライン問診票があり、回答後に動画チャットで医師の診察を受ける流れになっている。Roryでは膣の炎症に効果を持つ膣用エストロゲンクリームや、ほてりや発汗を鎮める効果を持つパロキセチン(日本では商品名「パキシル」で知られる)などの処方薬のオンライン販売もしており、問診はそれに付随して行われている。膣用潤滑剤やブラックコホシュ(キンポウゲ科のハーブ)のような処方せん不要の商品も取り扱っており、患者の症状やライフスタイルに合わせて利用できる。

ホルモン剤に頼らない更年期対策

更年期症状の治療にはホルモン補充療法(HRT)が一般的だが、2000年代に「HRTが乳がんのリスクを高める」という説が強調され、そのリスクが否定された現在になっても敬遠されがちだ。そのため、ホルモンを使わない更年期対策として複数のデバイスや手法が開発されている。

更年期の代表的な症状のひとつに、「ホットフラッシュ(ほてり、のぼせ)」がある。ブレスレット型デバイスのGRACEは、装着した人の体温を常時モニターし、ほてりを検知したら自動的に機器本体が冷たくなって体の熱を冷ます仕組みだ。Apple Watchの文字盤より一回りほど大きい四角いパーツがメインの冷却装置だが、直線的でモダンなデザインで、一見するとカジュアルなバングルのようだ。今のところまだ市販はされていないが、すでにジェームズダイソンアワードなど複数の賞を受賞している。

図1

ブレスレット型デバイスのGRACE
出典:de zeen

同様に冷却を目的とするデバイスは、他にもコンピュータのマウスのような形状のmenopodや開発中のPEBLなど、さまざまなものが生まれつつある。

ホットフラッシュほど知られていないが、深刻な更年期症状のひとつに、膣の乾燥がある。更年期を迎えて女性ホルモンが減少すると、膣の萎縮や乾燥が起こり、性交痛はもちろん日常の動作の中でも痛み、かゆみといった症状を引き起こす。

それを抑えるためのデバイスが、現在開発中のMadorraだ。Madorraは超音波を発するハンドヘルド型デバイスで、使い捨てになっている先端のパッドを膣に1日5分程度あてることでそれらの症状を緩和できるという。まだ認可が下りていないため販売されていないが、臨床実験段階では良好な結果が出ており、研究のための被験者を募ったところウェイティングリストができるほどだったという。

サプリメントも、薬に頼らない更年期対策のひとつだ。Menopause.aiは更年期に特化したサプリメントやスキンケア製品などをオンライン販売している。AIを使って個人に合わせたソリューションを提供することを目指していたが、2019年にサプリメント販売のスタートアップ、Seed Healthに買収された。

ほかにも従来のHRTの代替となる新薬開発が、2012年創業のバイオテック企業MenoGenixや、大手製薬会社からスピンオフしたKaNDy Therapeuticsをはじめ、Fervent PharmaceuticalsEndoceuticsなどの製薬会社が進めている。

美容業界においては、かねてから40代、50代の更年期および予備軍をターゲットにしたアンチエイジングスキンケア製品を用意していたが、最近ではずばり更年期を対象とすることをうたったラインを投入する動きが出ている。

図1

出典:Pepper & Wits公式サイト

P&Gは、膣用ローションやサプリメントを含むブランド「Pepper & Wits」を2018年7月に立ち上げた。また、2019年6月にローンチした新興企業のPause Well-Agingは、ほてりを冷ますミストや皮膚の奥の筋膜を刺激する器具などの特徴的な商品展開を行っている。

情報提供で生活改善のヒントを

ストレスから生じるさまざまな不快症状と同じように、更年期症状も運動や食事といった生活習慣で改善できる場合がある。こうした情報はネット上にあふれてはいるものの、患者自身が自分に必要なものを取捨選択することは難しい。

アプリのB-womは、患者の目的や悩みに合わせた運動や健康に関する情報を提供。ユーザーはアプリ上で生年月日や出産経験、最終月経日、更年期症状の有無などの質問に答えると、自身に合った運動などの提案がされる。無料でも利用できるが、月5.99ユーロ(約700円)のサブスクリプションを支払うことで、運動習慣のリマインドなど完全にパーソナライズされたサービスを受けることが可能だ。

図1

出典:B-wom公式サイト

Lisa Healthも同様に、ユーザーに合わせた情報提供を行うサービスだ。ユーザーがオンラインで質問に答えると「メノポーズ・スコア」(更年期がユーザーに及ぼしている影響の大きさ)を診断し、その後ユーザーの関心に合わせた情報や「チャレンジ」を提案する。現在はWebサイトのみで、アプリは開発中としている。

フェムテックで活性化する製品群

ホットフラッシュや膣の乾燥は更年期に特徴的な症状だが、たとえば「尿もれ」のように、更年期を含めたさまざまな要因から起こりうる症状がある。そういった症状に対応する製品も、フェムテック/メノポーズテックの流れを受けて活性化している。

たとえば尿もれ対策では、使い捨てパンツのサブスクリプションサービスのLilyBirdWillow、パッドのいらないサニタリーショーツで脚光を浴びたThinxの尿もれ用ショーツSpeax、メンズも含めて尿もれ用パッドやパンツのオンライン販売を行うFannyPantsなど、すでに多くの選択肢が生まれている。オンライン購入により「買うのが恥ずかしい」という課題を解決するとともに、どれも尿もれ用とはわかりにくい薄さやデザイン性、パッケージを採用することで、つきまといがちだったネガティブなイメージを払拭している。

出典:Speax公式Facebookアカウント

「寝付きを良くしたい」「眠りの質を高めたい」という思いもまた、更年期女性に限らず多くの成人が抱く課題だが、Kickstarter発の枕用パッドMoonaはその解決を目指すデバイスだ。同社によれば、心地よく入眠するには体温を下げ、目覚めには体温を上げる必要があるため、Moonaはユーザーの睡眠状態に合わせて本体温度を自動的に調節する。Kickstarterでは目標の3倍の資金を集めており、トライアルで先行利用した人の評価も高く、現在はプレオーダーを受け付けている。

メノポーズテックの課題

さまざまな製品・サービスへと広がっているメノポーズテックだが、気になるのは科学的根拠に乏しい製品があることだ。

たとえば「自律神経のバランスを整える」ことで更年期の諸症状を緩和することを謳うLadyCareは、HRTの代替手法として比較的広く認知されているものの、独自研究のみにもとづいており、政府機関による認可や学術誌での査読のような裏付けが取れていない。

磁石を使っているため、ペースメーカーなどの金属を体内に入れている人には影響が出る懸念があるほか、コンピュータに近づけると冷却ファンが止まりオーバーヒートする可能性があることは、LadyCare自身が認めている。こうした使用上の注意は商品に明記しているものの、それらに留意するかどうかは利用者自身に委ねられている。だが35ポンド(約4,700円)からと比較的手頃で、腹部に貼り付けるだけで利用でき、大手ドラッグストアでも取り扱われていることから、メノポーズテックのひとつとして語られることも多い。

図1

出典:LadyCare公式サイト

また、医師や看護師とオンラインで相談できるサービスは利便性が高いが、本来、医師選びというものは、便利なだけでなく、信頼感、安心感といったものが重視されるものだ。今あるGenneveやRoryのようなサービスは立ち上がってからまだ歴史が浅く、実績に裏打ちされた信頼が得られにくいため、約10年にわたる更年期を支えるパートナーというより「処方せん薬を手軽に入手しお試しできるオンラインショップ」的な使い方にとどまるケースもあるだろう。

日本ではオンライン診断そのものは許可されているものの、処方せんは「紙で郵送」する必要があり、最大の魅力である利便性が損なわれるのが現状だ(ただしこの点は2020年をめどに解禁の方向)。

さらに、更年期が10億人を超える女性に影響を及ぼすにもかかわらず、自分ごとにしにくい男性投資家などは今でも、メノポーズを「ニッチ」な市場だと考える傾向がある。一方、女性自身も、更年期にあたる時期はほかの年代より可処分所得が少ない傾向にあり、子どもがいれば教育費がかさむこともあって、自分のセルフケアには財布のヒモを締めがちだ。メノポーズテックを開発する企業は、更年期対策の重要性を社会全体にいかに浸透させ、啓蒙していくかを考える必要があるだろう。

このように市場の未熟さゆえの課題はあるものの、現在開発中の新しい製品・サービスの多くは、複数の医師や専門家による知見やエビデンスにもとづいて開発が進んでいる。今後メノポーズテックの選択肢が広がっていけば、当局の認可を受けているものや裏付けが明確なものが選ばれるようになり、根拠の薄い製品は淘汰されることになるだろう。

美容業界にとって、これまで培ってきたエイジングケア研究とメノポーズテックをかけ合わせることで、新しい領域を開拓するなどの可能性は十分考えられる。理解されにくかった女性の不快症状に対する社会の認知が進めば、この黎明期の市場が「ニッチ」から大きく成長するのも時間の問題かもしれない。

Text:福田ミホ(Miho Fukuda)
Top Image: sirtravelalot via shuterstock

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
7
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp