ロハコ「Go Ethical」、ロート製薬など各社参加で化粧品アウトレットの新しい試み
見出し画像

ロハコ「Go Ethical」、ロート製薬など各社参加で化粧品アウトレットの新しい試み

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

アスクル株式会社の個人向けECサイト「LOHACO(ロハコ )」がアウトレットコーナーで展開する「Go Ethical(以下、ゴーエシカル)」は、店頭戻り品など、これまでメーカーが廃棄処分していた商品を再販売する取り組みだ。消費者側からすると、良品を安く購入でき環境ダメージを減らす行動にもなる。ゴーエシカル立ち上げの背景と、参画企業であるロート製薬株式会社の試みについて話を聞いた。

ロハコ は、個人向け日用品ショッピングサイトとしてオープンした2012年から、サイト内にアウトレットコーナーを設けている。「アウトレットビューティ」のカテゴリーも設けられ、仕様やパッケージが変更になったなどの、いわゆる  “ワケあり”のメイクアップアイテムや化粧水、美顔器など19ブランド(2020年10月6日現在)の商品を割引価格で提供している。

廃棄していた店頭戻り品を再販売

このロハコのアウトレット内に2019年11月に特別枠として開設されたのが「ゴーエシカル」だ。現在、ロレアル、オルビス、ロート製薬の3社が参画している。あえて、新しい枠を作った背景には、化粧品の廃棄を少しでも削減したいというロハコとブランドの思いがある。

図1

出典:ロハコ

ロハコを運営するアスクル株式会社 マーチャンダイジング本部バリュー・クリエーション・センター統括部長 野中勉氏は、このゴーエシカルの取組みには、アウトレットをいう枠組みに入りにくかったアイテムの廃棄処分を何とかしてなくしたいという思いがあると語る。

「アウトレット商品となる理由は、仕様、パッケージの変更で余った旧商品、クリスマスなど季節の限定商品、出荷期限が近い商品など多岐にわたっている。そして、アウトレットの枠組みであっても、なんらかの制約があり、販売できずにこれまでは廃棄処分していた化粧品を、メーカー内のルール見直しや、プロセスの変更を行うことで再販売する取り組みがゴーエシカルだ」と説明する。

ゴーエシカルで取り扱う商品には、小売店からメーカーに返品されたが、小売側で適切な保管がされており、さらに使用期限にも余裕があり品質に問題のない「店頭戻り品」や、メーカーで過剰在庫となっていた旧商品の容器に新商品の中身を充填した商品などがあり、その選定基準はメーカーによっても異なる。だが、共通するのは、各メーカーとも、社内ルールを変更して、それまでは廃棄となっていたアイテムをもう一度市場に出すための工夫がされている点だ。

この続きをみるには

この続き: 3,072文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf