8名の会社でヒット連発。「フジコ」ブランド戦略は日本人だけでなく中国KOLをも魅了
見出し画像

8名の会社でヒット連発。「フジコ」ブランド戦略は日本人だけでなく中国KOLをも魅了

◆English version: When Small is Beautiful -The 8-person team behind Fujiko’s global success
New English article
◆新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

「これはいける」という直感、入念なヒットの仕掛け、そしてスピードとブランディングのバランスのよさ。たった8名の日本の美容スタートアップでもあるかならぼは、当初から海外展開を見据えた「フジコ」ブランドで中国への越境ECへも参入した。

「寝起きかわいい」のキャッチコピーで、消えない美人眉が約3日持続するとして話題になった『フジコ眉ティント』は、@cosmeベストコスメアワード2017 ベストアイブロウ第1位を受賞。販売数は、累計150万個(2016年6月からの累計)を突破した。さらに、昨年発売した『フジコポンポンパウダー』は、中国KOLを活用したプロモーションで中国でも大ヒット商品となっている。ブランド立ち上げからわずか3年、しかも従業員8名という規模で躍進を続ける株式会社かならぼの強さに迫った。

日本人の名前によくある「〜子」という響きと、日本を象徴する富士山にも重なる「フジコ」というブランドは、「親しみやすいように人の名前にしたい」という株式会社かならぼ 代表取締役社長 吉濱佳奈氏のアイディアから2016年に誕生した。製造は主に韓国で行っており、日本のメーカーがプロデュースしているというイメージを、ブランド名から発信したいという思いもあった。

初のアイテムとなる唇用の『フジコ大人ティント』を発売した数カ月後、韓国にある工場視察時に、現地で発売された直後の眉ティントを見てビビッときた吉濱氏は、フジコブランドでの商品化を即決。日本で最初に店頭に並べないと意味がないと、その6ヶ月後には『フジコ眉ティント』を日本で発売した。

ちょうどInstagramの利用者が急激に増え始めていた時期で、#イモト眉というハッシュタグをつけて画像をアップするユーザーが増えて話題となり、その現象をメディアが取り上げたことがきっかけで、仕掛けずして一気に人気に火がついた。バラエティショップやドラッグストアを中心に、発売から1ヶ月で15万個を販売し、2016年末には、日経トレンディが発表する「2016年ヒット商品ベスト30」にもランクインした。

こうしたエピソードからは、幸運が重なりブレイクしたように見える。しかし、その裏には、発売前からInstagramを意識した「(売り場に)なじまない戦略」があった。ドラッグストアの売り場で"違和感”をあえて出すために、当時他社のパッケージには使用されていなかったビビッドではないがパステルよりは目立つマカロンカラーを採用。さらに、Instagramを意識して、パッケージの形状を正方形にし、左上には「#すっぴん」「#かわいい」「#フジコ眉ティント」のハッシュタグを大きく入れた。

この続きをみるには

この続き: 2,216文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf