BeautyTech.jp
Douyinは「インタレストコマース」、越境ECからスタートする中国市場開拓のノウハウ
見出し画像

Douyinは「インタレストコマース」、越境ECからスタートする中国市場開拓のノウハウ

BeautyTech.jp

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

日本ブランドの中国市場開拓においてTikTok中国版「Douyin(抖音)」におけるECの存在感が高まっており、2021年に始まった越境ECではすでに日本の美容ブランドも多く進出している。DouyinのECの特徴は「ショート(短尺)動画」「ライブコマース」「ソーシャルセリング」の3つだ。Douyin内に日本の小売としては初となる越境EC「@cosme海外旗艦店」をオープンし運営する、アイスタイルグループの株式会社Over The Border 代表取締役 倉島應介氏にその事例を聞いた。

原宿の@cosme TOKYOから、日本在住の中国人KOLが配信

アイスタイルとOver The Border(以下、OTB)は2021年3月に@cosmeのDouyin公式アカウントを開設し、中国本土のZ世代女性を中心に約13万8,000フォロワーを持つ(2022年5月時点)。@cosmeとしては、Douyin以外にもTmall、JD.com、REDなどで越境EC旗艦店を展開しており、こうした知名度や実績から、2021年4月に日本企業における出店第一号としてDouyinの越境EC店舗である@cosme海外旗艦店を先行オープンした。

同店にはuka、&be、AYURA、アルビオン、明色化粧品、D-UP、クラブコスメチックス、ハウスオブローゼ、Nurseryなどのブランドが出品している。

出典:Douyinの@cosme海外旗艦店

アカウントのショート動画、ライブはほぼすべて東京・原宿にあるリアル旗艦店の@cosme TOKYOから配信し、日本のトレンドを直接中国本土のユーザーに届けられるのがひとつの強みだ。

「日本に来たくても来られない中国ユーザーに対し、中国でも認知度の高い@cosme大賞(@cosmeベストコスメアワード)はもちろん、日本でいま何が流行しているのかという情報を@cosme TOKYOというリアルな場所から週2回・1回3時間以上と頻繁に直接ユーザーに向けて発信している」(倉島氏)

株式会社Over The Border 代表取締役 倉島應介氏
プロフィール/ 2009年 株式会社アイスタイル入社。広告代理店営業、サービス開発を経て2014年にistyle Chinaに赴任。中国現地で越境ECの立ち上げに携わり、日系化粧品ブランドの中国進出をサポートするブランド戦略部を統括。2020年9月にOver The Border Inc.を設立し、2021年に短尺動画プラットフォーム「抖音(Douyin)」に日本企業初の化粧品セレクトショップ型越境EC店「@cosme東京」を出店。中国向け独自チャンネルと日中のKOLチャンネルを活用した日本発越境MCN(マルチチャンネルネットワーク)事業を展開中

この続きをみるには

この続き: 4,665文字 / 画像5枚

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
BeautyTech.jp
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf