とまらない進化、ビューティ・ファッション・リテールテックスタートアップ【CES2019】
見出し画像

とまらない進化、ビューティ・ファッション・リテールテックスタートアップ【CES2019】

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

大手3社の動向進化を遂げるスマートミラー・バーチャルメイクと2回にわたり紹介してきたCES2019動向。3回目は、注目のビューティテックスタートアップと、周辺のファッションやリテール関連のテック製品を取り上げていく。

細分化する肌分析ソリューション

前回の記事でも、CES2019におけるビューティテックトレンドは「肌分析」と「パーソナライゼーション」にあると紹介したように、これらの分野に注力するスタートアップがいくつも見られた。各社ともユニークなソリューションやアプローチを提案し独自性に富むのも特徴だ。

2015年に、サムスン電子の社内アクセラレーションプログラム「C-Lab」からスタートした韓国発のlululabは、AIを活用した肌分析&商品提案サービス「LUMINI」シリーズを企業向けに開発・提供する。同社は2017年3月に、22番目の事例としてサムスン電子からスピンオフして独立した。現在LUMINI、LUMINI KIOSK、LUMINI UVという3つのプロダクトがあり、LUMINIは今夏セフォラで取り扱いが始まる予定。各プロダクトは皮膚科、スパ、コスメストア、ショッピングモールなどでの活用が見込まれる。

画像1

製品の活用が見込まれる売り場等
出典:lululabパンフレット

たとえばKIOSKは、端末の前に立ち、性別、生年月日を入力した後、1枚写真を撮るだけで、わずか10秒ほどで肌分析の結果を表示する。

画像2

項目は、シワ、シミ、赤み、毛穴、皮脂、ニキビだ。肌年齢や総合評価のほか、各項目に対して10点評価で数値として示したり、最も不安要素が高い箇所を知らせたりする。また結果に応じておすすめのスキンケア商品が表示されるので、その場でクレジットカード決済での購入も可能だ。

画像3

一方、小型デバイスのLUMINIでは、正しくケアをして状態が改善した場合と、ケアを怠り状態が悪化した場合の、それぞれの肌状態を予測した画像も見せる。スキンケアアイテムを販売するときの説得材料として機能しそうだ。

この続きをみるには

この続き: 4,367文字 / 画像19枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf