ポストコロナを視野に入れつつ、日本で、世界で、美容室や美容師への支援がスタート
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ポストコロナを視野に入れつつ、日本で、世界で、美容室や美容師への支援がスタート

BeautyTech.jp

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

COVID-19により多大な影響を受けて困難に直面している美容室や美容師をサポートすべく、世界各地、日本もさまざまな支援策が始まっている。どんな取り組みがなされているのか、報道されたニュースやプレスリリースをもとに、海外と日本の事例を紹介する。

世界各国で行われる都市封鎖や外出制限、自粛要請に伴い、美容業界はリテール部門を中心に売上への大きな影響が出ている。なかでもリアルな対面接触サービスが避けられない美容室や美容師はやむなく休業や営業縮小をしているケースが大半で、とくに、中小や個人経営の企業やフリーランスが多い業界事情もあいまって、深刻な経済的困難に直面する場合も少なくない。2020年5月現在、一部の国では規制を少しずつ緩める方向に向かうなか、ポストコロナをにらみつつ、ヘアケア業界にサポートの手を差し伸べようとする動きが起きている。

寄付や衛生用品の無償提供を行うロレアル

「ロレアル プロフェッショナル」をはじめ、「ケラスターゼ」や「シュウ ウエムラ」などサロン専売ブランドを多数有するロレアルグループは、各国でいち早く支援を開始している。

米ロレアルは4月上旬に、COVID-19の感染拡大により休業している取引先サロンとスタイリストに対し、予定していた米ロレアルへの支払いをサロンが再開するまで猶予することを発表。自社のポイント制度については、3月と4月に失効するポイントの有効期限を延長し、ポイントを使って予約したセミナーがキャンセルされた場合、そのポイントを返却する。

同時に、Professional Beauty Association(PBA)と協力し、COVID-19の影響で仕事ができなくなった美容業界のプロフェッショナルを支援する基金「the PBA Covid-19 Relief Fund」に20万ドル(約2,100万円)の寄付を実施した。

引き続き4月末には、同基金に対して広く一般からの寄付を募る「#SupportYourStylist」キャンペーンもスタートした。 YouTube動画を作成して地域のサロンやそこで働く人々への援助を呼びかけ、ハッシュタグの拡散やレビューの投稿、サロンの再開に先駆けて予約を入れるなどの具体的なアクションを促している。目標金額は250万ドル(約2億6,700万円)だ。

この続きをみるには

この続き: 2,846文字 / 画像2枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
BeautyTech.jp
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf