見出し画像

電気分解や微小電流の既存テクノロジーの応用で高評価コスメティクスへ

◆ English version: Charging ahead: South Korea’s FRANZ develops innovative microcurrent facial masks
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

化粧品のR&Dから商品化の成功事例は、最先端のテクノロジーばかりではない。今回は、電気分解や微小電流といった既存の技術を深掘りした結果、高評価につながっている化粧品ブランドを紹介する。温泉水の成分組成を再現し電気分解して得られた「水」を利用した日本の「potanini」、微小電流を電源やコードの必要なしにマスクに応用した韓国の「FRANZ」だ。

化粧品成分のうち大半を占める水は、一般的に精製水や海洋深層水、天然深層水などが使われるが、近年、水や食塩水などの電解質を電気分解して得られる「還元性イオン水」の化粧品利用が注目されている。

還元性イオン水は、15年ほど前に開発されたもので、安全性が高く、有効成分を角質層まで浸透させる高い浸透作用があることから、傷の治療や火傷、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患の治療といった医療現場での使用がなされてきた。そのような還元性イオン水の可能性に着目し開発されたのが、有限会社ゴシックによる「potanini」だ。

温泉水の組成を再現、電気分解して独自の還元性イオン水へ

同社の代表取締役 実山幸恵(じつやまゆきえ)氏自身が極度の敏感肌で、肌に負担の少ない化粧品の開発を検討していたときに、還元性イオン水の研究者と出会ったのがきっかけだという。

美肌効果があるとされる天然温泉水のミネラル成分の配合率を解析して生成した独自の電解質を、特殊技術で電気分解して、さらに水素イオン濃度を10倍に高めた独自の高機能還元性イオン電解水を化粧品原料として共同開発し、「tecs.W∞(テックスウォーター®)」と命名した。

画像2

一番人気の「ポタニーニ スキンローション」
50ml 3,000円(税別)
提供:ゴシック

その結果、テックスウォーター®は、通常の還元性イオン水よりも多量のイオンを含むため、体液や細胞内液に存在するイオンに引き寄せられ、体内へと浸透していく。点滴に使用する生理食塩水の原理と同じメカニズムだ。

その浸透力の高さは、表面張力でも定量的に証明されている。浸透力は、物質の表面張力と大きく関係しており、表面張力が小さいほど分子同士の結びつきが弱く、他の物質と簡単になじんでいく。精製水の表面張力は72dyn/cmだが、テックスウォーター®は64.8dyn/cmで、保湿成分として多く使われるグリセリンの63dyn/cmと同程度である。下の画像でもその表面張力の小ささがわかる。高い浸透力ゆえ、時には容器を溶かし、容器が割れてしまうこともあるそうで、「容器選びには最も苦心した」と実山氏は振り返る。

画像1

テックスウォーター®の浸透力
提供:ゴシック

もうひとつの特性が、pH11~12と強アルカリ性で、かつ安定性が高いことだ。pHが高い環境では細菌が繁殖することは難しく、防腐剤を入れることなく鮮度を維持できる。強アルカリ性ではあるが、肌に塗布すると弱酸性に変化することが、第三者機関による試験で確認されており、「安全品」の評価を得ているという。また、陰イオンを多量に含むテックスウォーター®は、皮脂やメイクなどの陽イオンを帯びた汚れをこすらずに落とすことができるなど、実山氏が当初目指していた、敏感肌でも使える、水ベースの安全で刺激の少ない処方が完成した。

画像3

塗布後の肌のpH値の変化を示す
試験結果
提供:ゴシック

現在potaniniでは、ローション、スキンクリーム、クレンジングジェル、スカルプケアなどをラインナップし、テックスウォーター®を全プロダクトに採用している。テックスウォーター®は、細胞内外のイオンバランスを整え、皮膚の再生能力を高めることがわかっているといい、医学論文でも発表されているという。美容という観点では、むくみやたるみ、ニキビや肌荒れなどが改善したという例が確認されているが、その詳細なメカニズムは現在も研究中とのことだ。

画像5

有限会社ゴシック 代表取締役
実山幸恵氏
提供:ゴシック

実山氏は当初、potaniniを一般販売するつもりはなかったそうだが、映画製作の現場で出演者らのベースメイクに使用していたところ話題になり、2019年5月より一般発売をスタート。発売後も、購入者のクチコミでオーガニックに拡散している状態だ。

現在はECサイトのほか、三越伊勢丹グループの百貨店を中心に10店舗ほどで販売されており、ローションの累計販売数はおよそ9万本だという。まとめ買いやリピート利用も多く、現在はサブスクリプション化の準備を進めているほか、DtoCに重点を置き、シートマスクやヘアケア商品などの開発を進めていく予定だ。2019年には中国進出を果たし、今後は、タイや台湾などへの展開も視野に入れている。

イオン化した美容成分を浸透させる微小電流テクノロジー

次に紹介する高浸透技術は、微小電流テクノロジーだ。クリニックやスキンケアサロンなどでは、美容成分が肌により浸透しやすくなるように微弱な電流を流すイオン導入や超音波導入技術が利用されているが、この微小電流で浸透力が高まることに着目し、電源やコードなどの機器を使わずに自宅でのスキンケアを可能にしたのが、韓国で誕生したブランド「FRANZ(フランツ)」の「デュアルフェイスマスク」だ。

画像4

フランツ
デュアルフェイスマスク ジェット
(2回分)2,800円(税別)
提供:グローバル プロダクト
プランニング

このデュアルフェイスマスクは、韓国のバイオセンサー研究所とソウル大学の研究者が共同で開発を行った。美しい肌を実現するためには、「肌への浸透力」が不可欠と考え、これをテーマに研究を進めるなか、そのベストな手段として微小電流を流す方法に行きついたという。

マスク上で微小電流が流れる仕組みは、次の通りだ。デュアルフェイスマスクは、「エンリッチマスク」と「エンパワーマスク」の2種類のマスクとエリクサーがセットになっており、まず、エンリッチマスクを顔にのせ密着させる。エンリッチマスクの主な美容成分は、通常のヒアルロン酸を超低分子化した加水分解ヒアルロン酸だ。このほか、カモミールやルイボス、セージなどの天然由来のコンディショニング成分なども配合されている。

次に、エンパワーマスクの左右2ヵ所についている突起部分にエリクサーを塗り、エンリッチマスクの上にエンパワーマスクを重ねる。エリクサーは電解質液で、これを塗ることで、エンパワーマスクに網目状に張り巡らされているシルバーが電線の役割となって、マスク全体に微小電流が流れる。微小電流が流れると、エンリッチマスクによってあらかじめ皮膚に塗布された美容成分が、毛糸玉がほぐれるように一本の糸状になり、肌の奥まで浸透しやすい状態になる。そして、マイナスを帯びた肌表面と、マイナスにイオン化された美容成分との反発力を利用して、美容成分が角質層まで浸透していく。これは「Tissue X™ Technology」と名付けられたイオントフォレシス技術のひとつだ。

イオントフォレシスとは電気エネルギーを利用して、イオン性物質を透過させる方法だが、「Tissue X™ Technology」が従来のイオントフォレシスと大きく異なるのは、電流を生成するために特別なデバイスや電気を必要としないことにある。

この革新的な技術は世界でも高く評価されており、米国ビバリーヒルズで開催された「2016ラグジュアリーテクノロジーショー」で、イノベーションアワードを受賞した。また、2編の論文でこの技術についての発表もあり、科学技術分野の世界的な学術データベースSCIにも収録されている。米国皮膚科学会から公的招待を受けて展示会を行うなど、世界の研究者も一目置いている技術だ。

デュアルフェイスマスクは、本場韓国では美容クリニックやサロンで販売されており、日本でも美容感度の高いユーザーには上陸前から話題になっていた。2019年3月から株式会社グローバルプロダクトプランニングが日本の販売代理店となってオンライン販売を開始したところ、大きなキャンペーンなどを実施しなかったにもかかわらず、想定以上の反響があったという。その後、2019年9月から三越伊勢丹などを中心に販売網を拡大している。アジアでは、中国、東南アジアでの販売がスタートしており、今後は、日韓共同で日本向け製品の開発も検討している。

フランツの技術は、薬が飲めない患者に安全に薬を体内に入れるなど、美容にとどまらず医療分野での活用の期待も高まっているという。

Text: 佐藤まきこ(Makiko Sato)
Top image: dvoevnore via shutterstock

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
15
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp

こちらでもピックアップされています

国と地域
国と地域
  • 412本

BeautyTech.jpの記事を国や地域別にまとめたマガジンです。