CareOSやHiMirror、ホームユース・スマートミラー元年を導く【CES2020】
見出し画像

CareOSやHiMirror、ホームユース・スマートミラー元年を導く【CES2020】

BeautyTech.jp

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

CES2020レポートの3回目は、精度向上と多機能化で大きく進化をとげているスマートミラーを取り上げる。昨年センセーションを巻き起こしたCareOSのPoseidonはいよいよ市場への投入が発表され、家庭用スマートミラーの「一家に一台」が現実味を帯びてきた。

昨年のCESでも来場者の関心が高かったスマートミラー。今年も、ARバーチャルメイク分野でのリーディングブランドの1つである台湾のPerfect Corp.をはじめ、フランスBaracodaグループのCareOSや、フィンランドのRevieve、サムソンC-Labから発した韓国のlululab、同じく韓国のICON.AI、そして、台湾のHiMirrorなどが、それぞれの技術とアイディアを磨き上げた最新のスマートミラーを出展し、大きな盛り上がりを感じさせる。

ビューティ関連スマートミラー全体の傾向としては、3D解析など画像そのものの分析技術が進歩したのみならず、環境データや継続トラッキングを取り入れることで、AIによる分析機能がさらに精密になったのが大きな特徴だ。

それに伴いレコメンドやバーチャルトライアルがより最適化された。あわせて、ショッピング機能のシームレス化、SNSとの連動、顔や音声認識機能の活用、さらには、ミュージックストリーミングやほかのIoTデバイスとの連携といったファンクションなどが新たに加わり多機能化へと進化している。

図1

ヘルス&ウェルネス部門で革新賞を
受賞したLUMINI Home

スマートミラー関連製品がCES2020のさまざまな部門で受賞する例も目立った。CareOSのパーソナルケア技術を搭載したバスルーム用スマートミラー「Poseidon」がスマートホーム部門で、lululabのAIビューティ&ライフスタイルアシスタント「LUMINI Home」がヘルス&ウェルネス部門で、さらに、250を超えるビューティブランドが採用しているPerfect Corp.のプラットフォーム「YouCam」がソフトウェア&アプリ部門で、それぞれ革新賞(Innovation Award Honoree)を受賞。こういった状況からも美容分野にとどまらず、ライフスタイルに大きなインパクトを与えるサービスとして関心を集めていることがわかる。

スマートミラーが暮らしのハブとなる可能性

ではさっそく、CES2020で存在感を放っていたホームユースのスマートミラーの3アイテムを見ていこう。

この続きをみるには

この続き: 1,911文字 / 画像3枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
BeautyTech.jp
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf