新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

独特のコンセプト揃い、2021年春までに誕生した独立系化粧品D2Cブランド4選

2021年上半期はユニークなコンセプトを持った化粧品ブランドが次々と登場している。クリーンビューティやインフルエンサーのプロデュース、アウトドア派のためのメンズスキンケア、肌フローラに着目したアイテムなど、国内スタートアップや新規事業として立ち上げられた独立系D2Cブランドをピックアップして紹介する(掲載は発表順)。

日本発のクリーンビューティスキンケア「SISI」

画像1

Rozality
(ロザリティ ウォータリーマスク)
出典:SISIプレスリリース

株式会社SISIは2021年1月にクリーンビューティスキンケアブランド「SISI(シシ)」から第一弾製品「Rozality(ロザリティ ウォータリーマスク)」を発売した。その後、ネイチャーラボ、サティス製薬らから総額1億円の資金調達を行い、5月末には第二弾製品「White Time Capsule(時間差保湿化粧液)」を発売している。

第一弾製品のロザリティ ウォータリーマスクは、化粧水のあとに乳液や美容液、クリームの代わりに使えるオールインワン処方のクリームで、スリーピングマスクとしても使用可能だ。機能成分として採用した「Rosality(サイエンスローズ)」は、従来では、香料として使われているローズの香り成分を、「効果」をもたらす機能性成分に変革したもので、グローバル原料メーカーLucas Meyer Cosmetics社と精油開発に強みを持つ香料メーカーがフランス・グラースで開発した。

一方、第二弾製品の「White Time Capsule(時間差保湿化粧液)」は、「時間差でうるおいを肌に送り込む」という新発想の化粧水だ。自社で行った消費者の意識調査をもとに、いくら高保湿の化粧液をつけても夕方には肌が乾燥してしまうというユーザーの悩みに応えるべく、「時間が経てば経つほどうるおう」をコンセプトに製品化した。

White Time Capsule
(時間差保湿化粧液)

鍵となる成分は、糖がいくつも連結して出来た長い鎖状(多糖体)であるビオサッカリドガム-1で、皮膚上の酵素によって、その長い鎖がじょじょに細かく分解されていくことで、表面積が何倍にも増えた結果、肌に塗布した直後より、数時間後に水分保持力が最大になる仕組みとした。

SISIは今後も、クリーンビューティーブランドとして、シリコン、エタノール、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベン、紫外線吸収剤、合成着色料、7大アレルゲン由来成分、動物由来原料を排除することをポリシーとしてかかげる。また、配送資材はFSC(Forest Stewardship Council 森林管理協議会)認証資材を積極的に採用、使用後にリユース可能な容器のデザイン設計を目指していくとする。

アウトドアを楽しむ男性に向けたスキンケア「KHAKI」

画像2

左から「モイスチャーウォッシュ」
「デイケアエッセンスインローション」
出典:hue fiveプレスリリース

2020年10月創業、化粧品企画販売スタートアップのhue five株式会社は、2021年3月に、キャンプやランニングなど屋外での活動を楽しむ男性に向けたスキンケアブランド「KHAKI(カーキ)」を立ち上げ、化粧水「デイケアエッセンスインローション」、洗顔料「モイスチャーウォッシュ」を発売した。

「デイケアエッセンスインローション」は、化粧水、乳液、美容液が1本になった3 in 1処方で、紫外線によるシミやくすみなどを防ぐ薬用有効成分としてビタミンC誘導体を配合し、アウトドアやスポーツで紫外線を浴びる機会の多い男性の肌の悩みの原因に大元からにアプローチする設計だ。あわせて、抗炎症有効成分としてグリチルリチン酸ジカリウムを加え、新型コロナウイルス対策でのマスク着用などによる肌荒れを防ぐとする。SDGsの取り組みの一環として、化粧箱にはFSC認証の紙を使用している。

ターゲットは20代~40代のアウトドア派の男性としており、同属性の一般男性をアンバサダーに任命し、公式オンラインショップ公式Instagramアカウントにおいてインタビューや、そのライフスタイルを掲載している。

運営会社のhue fiveは公式サイトで、5つのhue=色相を提供していくことを目標に掲げており、1つ目の「KHAKI」(カーキ色)のほかにも、今後さまざまな製品を展開する計画を示唆している。

美容インフルエンサーがブランドディレクターの「FATUITE」

画像3

ブライテスト ファーストエッセンス
出典:FATUITEプレスリリース

「ふじこ」の愛称で親しまれ、Instagramのフォロワーが11万人を超える美容インフルエンサー・モデルの藤井明子氏がブランドディレクターをつとめるスキンケアブランド「FATUITE(ファチュイテ)」も、2021年春からの始動を発表した。

第一弾製品の「ブライテスト ファーストエッセンス」は、藤井氏の“わがまま”や“こだわり”を詰め込んだアイテムで、内側からの透明感を目指し、年齢に応じたうるおいやハリのケア、毛穴ケア、高保湿、ブースターなど、さまざまな機能を叶える美容液としている。

正式ローンチに先駆けてFATUITEオンラインストアで、2021年3月に実施した同美容液の先行予約販売では、受付開始 2分で初回発送分1,000本を完売、先行販売の売り出し分合計2,000本以上が即時完売したという。FATUITEの公式Instagramアカウントによると、4月に急きょ実施した再予約販売も受付開始の翌日に完売となった。

同5月には第二弾製品として化粧水「ブライテスト リリーシングローション」が発表され、美容液単体、化粧水単体、美容液と化粧水のセットの予約販売受付が行われた。同6月20日にも、同様の予約販売受付が行われる予定だ。

ブライテスト リリーシングローション

FATUITE公式Instagramアカウントでは、藤井氏と商品開発担当のJUNJUN氏による成分解説LIVE配信が行われたり、藤井氏による使用方法解説動画が投稿されている。また2021年6月11日現在、友だち数が7,800人を超えている公式LINEアカウントからも、オンラインストアにアクセスしての商品の購入や、配送状況の確認ができる動線としている。

肌フローラ・美肌菌に着目したスキンケア・ボディケア「KOKYU」

2020年12月に大阪市で設立され、女性向けパーソナルトレーニングジムの運営などを展開する株式会社KOKYUは、2021年4月にスキンケア・ボディケアブランドの「KOKYU」をローンチし、全身に使える「KOKYUオイル」を楽天市場で発売した。

画像4

KOKYUオイル
出典:KOKYUプレスリリース

KOKYUオイルは、通算約5,000人にフェイシャルエステセラピストとして施術した経験をもつ、美容家で株式会社KOKYU取締役 小林あかね氏の知見をもとに、肌フローラ・美肌菌に着目して開発された。

入浴後、タオルで肌の水分を拭きとる前の使用を想定しており、油分と水分の2層を振り混ぜ、乳化をさせて使う仕様であるだけでなく、オイル成分の一部には超高圧処理装置で深海1万メートルと同様の圧力をかけることで、肌表面が濡れている状態でも、皮膚へのなじみやすさと浸透性を追求した。また、燃焼時のCO2を削減する技術で作られた添加剤「green nano」を使用し環境に配慮した容器選定を行なったとする。

プレスリリースによると、株式会社KOKYUはKOKYUオイルを皮切りに、複数商品を展開していくほか、女性のQOL向上や、ウエルネス分野でのサービス拡大を目指し、女性向けパーソルトレーニングジムや美容サロン運営の全国展開準備を進める計画だ。また、関西最大級の800万リーチのインフルエンサーネットワークをインハウス化しており、これを活用したPR・マーケティング事業も展開していくとしている。

Text: 大塚愛(Megumi Otsuka)
Top image: 株式会社SISIプレスリリース

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。2021年7月19日より月・水・金の週3回配信となり、9月1日にリニューアルを予定しております。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf