オルビス初の体験型施設、小林社長が語る「ここち」をデジタルとリアルで体感の意味
見出し画像

オルビス初の体験型施設、小林社長が語る「ここち」をデジタルとリアルで体感の意味

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

オルビスの体験特化型施設「SKINCARE LOUNGE BY ORBIS」は、オンラインとシームレスにつながるパーソナライズなサービスと、触感や聴覚、味覚など五感にフィジカルに訴えるコンテンツで、顧客にブランド哲学を体感してもらうことを狙う。その裏には、リブランディングの1つのマイルストーン的な位置づけもある。現地にて、オルビス株式会社 代表取締役社長 小林琢磨氏に体験特化型施設が持つ意義について聞いた。

「ここでは商品を売ることを目的にはしていない。我々のブランドメッセージである“ここちを美しく。”を、実際に訪れることで体感してもらう場だ。ここで発見して欲しいのは商品よりも、顧客自身の肌の状態であり、一人ひとりにあったここちよさだ」

オルビス株式会社 代表取締役社長 小林琢磨氏は、2020円7月17日に東京・表参道にグランドオープンした体験特化型施設「SKINCARE LOUNGE BY ORBIS」の意図をこのように語る。

画像1

五感を使った体験が新しい発見を導く

SKINCARE LOUNGE BY ORBISは、高い天井から外光を巧みに取り入れた明るく開放的な空間で、白を基調にした店内の中央には、オープンなトライアルスペースがゆとりを持って設けられている。化粧品ショップというより、ショールームを思わせる造りだ。

小林氏の言葉どおり、ここは、気軽に立ち寄って清々しい雰囲気に浸り(Feel)、肌診断を受けて肌状態を確認し、ビューティアドバイザーから正しいケアの方法を習ったり、実際の商品の質感や感触と使いここちを知ったり(Learn)、そして、その学びを知識として持ち帰って(Take)、日々の生活に役立てもらうこと、「FEEL + LEARN + TAKE」を3つの軸として構想された。

画像2

その意味でリアルな場所で五感を刺激することにもこだわった。エントランスのすぐ脇にはジュースバーを設け、野菜や果物の素材を生かしたジュースを、簡単なチェック項目をもとにその日の状態や生活リズムにあったものがメニューから選べる。フレッシュジュースとあわせて、日本で初めて「肌の水分を逃しにくくする」機能が確認され、特定保健用食品(トクホ)に認可された“飲むスキンケア”「オルビス ディフェンセラ」も1スティック無料提供する。

この続きをみるには

この続き: 3,595文字 / 画像7枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf