メタバース参入を発表したパーフェクトが考える、美容ブランドがとるべきアプローチ
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

メタバース参入を発表したパーフェクトが考える、美容ブランドがとるべきアプローチ

BeautyTech.jp

美容業界でもメタバースへの関心・期待が高まる一方、具体的にイメージがつかみにくく、どうアプローチすべきかに苦慮するケースも多い。ARメイクアップにおいて、業界の標準ともいうべきデファクトスタンダードの立ち位置を築いたパーフェクトは、CES2022でメタバース参入を発表した。同社ではメタバースをどのように捉え、次なる戦略を描いているのか。パーフェクト株式会社 代表取締役社長 磯崎順信氏に話を聞いた。

パーフェクト株式会社 代表取締役社長 磯崎順信氏
プロフィール/ デジタルメディアテクノロジー関連の外資系ベンチャー企業の日本代表等を経て、2015年にPerfectCorp.の日本法人の立ち上げより現職で参画。バーチャルメイクアプリ「YouCam メイク」をはじめ、AI/ARによる新しい消費者エンゲージメントプラットフォームを多くのブランド・小売店・メディアに向け提供し、エコシステムを確立。プロフィール写真は本人アバターアイコン

メタバースは次世代の巨大なタッチポイントである

—— AR・AIを駆使したバーチャルトライオンを提供するパーフェクトとして、メタバースについてどのようなイメージを持っているか

磯崎氏:まず現実的な将来像として、メタバースの世界ではいずれ、現在のインターネットで行われている検索、ショッピングなどの行動が、今と同じようにできることになると考えている。ただ、その際にスクリーン、モニター、マウスなど旧来のデバイスやインタフェースが介在することなく、すべてがバーチャルな巨大スペースのなかで行われるイメージだ。

これまで、グーグルやInstagramなどのプラットフォームは、たくさんの人が集まる場所であり、そこにブランドとのエンゲージメントが発生する大きなタッチポイントだった。メタバースそのものや、そこに派生する各サービスも間違いなく新たなタッチポイントになりうる。メタバース内でのSNSやショッピングプラットフォームなど、さまざまなプレーヤーが登場しては淘汰されていき、ブラッシュアップされたサービスが主要なポジションを築くだろう。弊社としては、人がたくさん集まる場所に質の高いエンゲージメントを置きに行くという現在のポジション、スタンスを変えずに、新たなプレーヤーと関係を構築しメタバースに適応していきたい。

—— パーフェクトは、CES2022でメタバース関連施策を発表したが、どんな理由や背景があって決断したのか

磯崎氏: 我々はこれまで、AR/AIを駆使して、リアル・フィジカルな世界とデジタル世界の橋渡しをするビジネスを展開してきた。そのため、我々が保有するテクノロジーの位置づけは、メタバース観点でもかなり好立地にあると客観的にも分析しており、そのままの状態で使える可能性が高いと考えている。

CES2022では、オンライン上でさまざまな体験ができる空間や、NFTでデジタルメイクアップルックを購入したり、デザインの所有権を持つことができるという施策を発表した。ただこれは、今後我々が直接NFTを販売していくことではなく、あくまでテクノロジー的にメタバース レディ(Metaverse ready=メタバースでの展開の準備ができている)ということをクライアント企業・ブランドに伝えたかった。メタバースが発展・普及するなかで、どのようなショッピング体験、ユーザー体験を組み込んでいけるか。V(バーチャル)コマースという我々が最も得意とする分野で、一緒に模索していこうというメッセージだ。

パーフェクトがCES2022で公開したメタバース空間

—— メタバース空間では、ユーザーが自身のアバター用のデジタルメイクアップセットを購入したり、肌診断やメイクアップアドバイスを受けたりする世界も登場するのか

磯崎氏: アバター自体がまとうメイクやファッションなど、専用アイテムを購入し身に着けるというような世界観は、かなり未来の話だと考えている。技術的な観点でも課題が多いため、初期の段階では現在のインターネットで行われているような検索・ショッピングなどとそれほど変わらない体験になるのではと考えている。

まずはリアルなショッピングと絡めた形でメタバースが活用されるのではないか。たとえば、Vコマースでデジタル通貨やNFTを利用してブランドの公式商品を買うと、アバターやバーチャルワールドでも使えると同時に、リアルな商品が自宅にも届くといった使い方だ。ほかに、メタバース上の百貨店でECとして実際の商品を購入したら、そのなかにNFTやトークンが一緒についていて、バーチャルワールドでも使えるような施策が実際にあれば、個人的には面白いと思う。

—— メタバースにおけるVコマースは、既存のECなどと比較した際、どこに本質的な差があるのか

磯崎氏: 本質的にショッピング行為という意味で大きな違いはないと思う。ただ、既存のインターネット世界との違いがあるとすれば、インタラクションのディープさや質の高さ、もしくはデジタル空間での滞在時間・接続時間の長さだろう。また、より没頭できるユーザー体験が増えていくことで、スクリーンをタップするだけの体験よりも、新たな機会や商機が増えると考えている。

一方で、ユーザーにとってメタバースはひとつの居場所という見方ができる。ユーザー個々人でメタバースの使い方は変わってくるだろう。たとえば、直近では、Immersed や Horizon Workrooms などのメタバース内で、長時間にわたり会議や作業をこなすなどの“仕事”をする人も登場しているが、これらは既存のインターネットの使い方とは一線を画している。メタバース内でいかに個人が楽しい時間を過ごせるか、リラックスできるかといった新たなニーズが反映されており、当然、そのレイヤーを狙った新たなビジネスが登場することは考えられると思う。

—— ブロックチェーンなどの新たな要素・技術や、Web3のコンセプトがメタバースを支える重要なテクノロジーになるとの意見もある。こうした展望についてはどう考えているのか

磯崎氏: 
今でいえば、Desentraland(ディセントラランド)など、今後トランザクション的なプラットフォームが、ブロックチェーンやトークンなどの技術を取り込み変化するとするならば、インターネット同様に、コマースが民主化する方向性は考えうるだろう。国や販売チャネルという概念がだんだん薄れていき、ユーザーがどこからでも、あらゆる商品にアクセスができる、逆に、ユーザー自身も販売ができるといった世界観が実現されていくはずだ。

—— 現在、各ブランドがユーザーのファーストパーティデータを集めるために、企業ごと、あるいはブランドごとのID統合に動いているが、メタバース社会では、データは個人がコントロールし、個人にIDが紐づくようになるとの見解もある。その点についてはどうみているか

磯崎氏: 正直、社内ではその点についてはあまり議論されていない。ただ、データを個人が管理・活用するようになるとすれば、ビジネス的な立場からみると、さまざまなインタラクションやショッピング・エンターテインメント体験が可能になるメタバース空間での広告的なポテンシャルは、相当あるように思う。一方で、個人がよりデータに関してセンシティブにならないと、流出リスクは増えるかもしれない。現在は、ハッキングなどのリスクはあるにせよ、プラットフォーマーや企業・ブランドが壁を作って、セキュリティで守っている状態であり、我々はそれに慣れてしまっている。それがどこまで守られるかはまだ不明瞭だ。

メタバースを見据えて美容ブランドが今できること

—— メタバースの世界を意識しつつ、今、ブランドができること、すべきことは何か

磯崎氏: バーチャルトライオンなど我々のサービスに限らず、新しい技術に早くから触れているブランドが勝ち組にいるというのは、ファクトとしていえると思う。実際、バーチャルトライオンの事例でいえば、いち早く導入して試行錯誤を重ねたブランドが、バーチャルトライオン経由の売上実績はもちろん、データを使ったUXの改善、在庫展開や商品開発へのフィードバック、ユーザー体験の設計などで、結果を出している。

新たなテクノロジーが登場した際には、とにかく馴染む・慣れることが何より重要だと思う。それなりに使いこなすところまで慣れたところで、継続して投資するかはその時々の判断でよいのではないか。まずは触ってみる、そしてそれぞれのブランドの体験設計上で必要なものなのかを考えるのが、バーチャルトライオンだけでなく、新しい技術要素を取り入れるうえでは試金石となるだろう。

—— メタバース社会をみすえて、美容ブランドはどこから手をつけるべきか

磯崎氏: 化粧品やファッションブランドにおいては、横断的に1つの正解はないというのが正直なところだ。まったく同じ施策を行っても、各ブランドの世界観、ターゲット層、コアなファン層、地域特性といったさまざまなファクターによって、ユーザーへの響き方が変わってくる。メタバースに関しても、各ブランドなりの正解を早く見つけ出すべきで、その入り口としてバーチャルトライオンから始めるというのはハードル的に低いと考えている。ただ、仮にブランドや製品の性質として、色味の表現では逆効果になる場合は、バーチャルトライオンはやらない方がいいとの選択もあるかもしれない。

いずれにせよ、何かしらのテクノロジーを採用したとして、結果が伴わないという理由だけで、すぐに“使えない”と判断するのは非常にリスキーだ。テクノロジー領域では、結果にともなう原因は複雑に絡まり合っており、単純ではない。インフラ的なローレイヤーからユーザーインターフェースとなる最終的なデザイン部分まで、短期的な結果に一喜一憂するのではなく、良し悪しの経験をいかに蓄積・分析・可視化し、KPIを追いかけることが、成果を生むうえで大事だと考えている。

—— バーチャルトライオンを取り入れて、コンシューマーエンゲージメントを高めることに成功しているブラントに共通している点は何か

磯崎氏: それぞれのブランドが、徹底的にユーザー視点に立っていることが共通している。我々のサービスの場合でいえば、成功しているブランドはシンプルな形のバーチャルトライオンから導入するケースが多い。そこから発展させて、結果として多大なエンゲージメントを実現しているが、それは自然に成果が生まれているわけではない。しっかりとデータを分析し、ユーザーに響いていること、響いていないこと、使い勝手の良し悪し、便利なのか、楽しいのか、定着させるためのUXとは何かを、ユーザー視点で考え抜いて実施されている印象をもっている。

—— パーフェクト社では今後、メタバース領域を開拓するためにどのような戦略・提携関係を想定しているのか

磯崎氏: まず前提として、我々はメタバースにおいても、これまで通りユーザーやクライアントがいかに簡単に、もしくは大きな開発を伴わずに利用できるソリューションであるかを徹底的に追求していきたい。「エンドユーザーとクライアント企業・ブランドの双方が、簡単・便利で助かる」というのが最も強いUX的な表現であるという考えはずっと変わらない。その原則を堅持しながら、メタバースの新たなプラットフォームやメジャープレーヤーと協業していくゆるやかな戦略を描いている。

—— ユーザー視点ではメイクやファッション、ヘアスタイル、ヘアカラーなど全身を一気にコーディネイトできるソリューションが待たれているのではないか

磯崎氏: これはパーフェクトとしてではなく個人の見解だが、最終的にディスプレイやスクリーンは消えると思う。代替するものが、ARグラスやコンタクトレンズのようなウェアラブルなのか、あるいは脳内に埋め込むチップなのかは定かではないが、そうなれば我々として非常に興味深いのが、今は絶対に使えない「鏡」を使うことができるようになることだ。

今もスマートミラーは存在するが、鏡に反射している自分の顔と、カメラで捉えたバーチャルメイクの顔は、(左右の反転のため)物理的に絶対に一致しない。そのため現状では、バーチャルメイクは完全にディスプレイ上での処理にならざるをえない。まだ夢の話に近いが、これが完全なVR・XR・MRの世界になると、全身鏡の前に立つ自分に対してコンタクトレンズ内でバーチャルメイクを施したり、全身コーディネートをバーチャルトライオンで実現することができるようになるかもしれない。

—— メタバースに滞在する時間が圧倒的に長くなる世界で、リアルなショップの価値はどうなるか

磯崎氏:我々は、バーチャルメイクや肌診断、デジタルカウンセリングのためのさまざまなツールを提供しているが、人間がする仕事を代替できるものではないと考えている。というのも、知見を持つ人間からの「これがお似合いです」という一言に勝るレコメンデーションはないからだ。実際、現時点ではバーチャルトライオンを経ても、その後クチコミを見たり、SNSをチェックして、9割以上の方々はリアル店舗で購入している。つまりは、リアルを超える体験はまだ存在していないことになる。ECでの購買を分析すると、その多くがリピート購入だ。メタバース空間がどこまでそのリアルの牙城を崩せるかは、これから注視していきたい。

バーチャルトライオンやバーチャル試着では、人間の五感のうち、聴覚、視覚以外の感覚を再現できていない。肌触り、手触り、つけたときの感覚、香りなどを再現する何かしらのテクノロジーが発生する可能性もあるが、その場合でも何らかのガジェットやスペシャルスーツが必要だとなると、一般への普及は難しいだろう。

コロナ禍でも明らかになったが、消費者の根本的な欲求は変わらない。結局、メタバースでも、いかに最適化された顧客体験を構築できるかがカギとなるはずだ。バーチャルトライオンがそうであったように、早い段階からテクノロジーに触れて知見を蓄え、ブランドごとに最適化されたユーザー体験を構築できるかどうかが、逆説的にリアル店舗の価値をも掘り下げ、再発見するうえでも重要になるのではないか。

Text: 河鐘基(Jonggi HA)
Top image & photo: パーフェクト株式会社

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
BeautyTech.jp
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf