美容ブランドも韓国のスターをグローバルアンバサダー起用、韓流マーケティングの変化
見出し画像

美容ブランドも韓国のスターをグローバルアンバサダー起用、韓流マーケティングの変化

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

近年、ファッション・美容のグローバルブランドが、韓国国内はもとより、アジア太平洋地域、またグローバルアンバサダーとして、韓流スターを起用するケースが増加している。一方、韓国の大手・新興ブランドによるK-POPスターを起用してグローバルに展開する従来の「韓流マーケティング」は、その様相を変え、中国を最重要市場とする韓国大手ブランドが中国のスターを起用してローカライズに力を注いでいる。各ブランドの動きから状況を分析する。

大ブレイク寸前のBTSを起用した韓国新興ブランド

2017年から2018年ごろ、韓国で力をつけてきた新興ブランドはいかに将来有望なK-POPスターを起用するかがカギとなる要素だった。良質なプチプラブランドとして知られるVT Cosmeticsや、ユニコーン級に成長したシートマスクブランドのMEDIHEALは、大ブレイク寸前のBTSを起用し成長にはずみをつけた。

このように韓国の化粧品ブランドが、海外市場向けのアプローチを行う際に、韓国ドラマや映画などのコンテンツ、またそこで人気を博したタレントを起用し、ともに知名度を高めていく、いわゆる「韓流マーケティング」は、2010年代初頭から韓国大手ブランドの売上や販路を拡大するための重要な施策だった。

それが近年では、欧米のグローバルブランドがアジアおよび世界市場攻略のために韓国人タレントを起用するケースが徐々に増えている。

変わりつつある「韓流マーケティング」、国外ブランドが韓国人スターを起用

まず日本での施策と同様に、欧米グローバルブランドが韓国国内向けのローカルアンバサダーとして、韓国人タレントを起用することは業界内では珍しいことではなくなった。

2019年から2020年にかけては、エスティ ローダーがアイドルグループ TWICEを広告モデルに起用。大規模なマーケティングを展開し話題となった。またクリニークは歌手のチョンハを、ランコムは歌手で女優のスジをモデルとして抜擢している。

この続きをみるには

この続き: 3,988文字 / 画像2枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf