見出し画像

化粧品ロス課題を“ブランド価値”に転換へ、ドットシーが挑む専門ECサイト

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2024年3月にオープンした化粧品ECサイト「.C(ドットシー)」では、従来は処分せざるを得なかった旧パッケージや余剰在庫などを専門に取り扱い、アウトレット商品として販売している。化粧品ロスの課題に取り組むドットシー株式会社 代表取締役社長 渡部英恵氏にその展望を聞いた。


アウトレット販売でブランド価値も向上する仕組みをつくる

これまで、化粧品ロスを極力減らすために日本でもいくつかの取組みが行われている。アスクル株式会社の個人向けECサイトのロハコの「Go Ethical」や、花王公式通販「My Kao Mall OUTLET」などアウトレット商品を集めたECサイトや、全国のシングルマザーら経済的困難を抱える世帯に、化粧品メーカーが持つ余剰在庫のコスメを詰め合わせ、支援団体などを通じて無償提供する「コスメバンク プロジェクト」も協力企業を増やしている。

そのなかで、独立系のスタートアップであるドットシー株式会社が、余剰在庫や返品などで従来処分せざるを得なかった化粧品を専門に取り扱い、アウトレット価格で販売するECサイト「.C」をスタートした。

出典:.C

ドットシー株式会社 代表取締役社長の渡部英恵氏はその仕組みをこう説明する。

「.Cでは、処分せざるを得ない化粧品を企業から直接仕入れ、アウトレット品として定価よりリーズナブルに販売している。これまでは値引きすることでブランド価値が下がるのではないかとの懸念から、アウトレット品の販売に踏み込めない企業が多く見受けられた。しかし、廃棄を減らす努力をする企業は社会貢献をしていると訴求できるプラットフォームであれば、ブランドイメージを毀損せずにアウトレット品を販売できると考えた。近年は世界規模で、コスメのみならず、飲食やアパレルなどの各業界でもロスを減らそうとの動きが大きくなっている。こうした時代になったからこそ、ユーザーにもアウトレット販売は社会貢献活動だとポジティブに受け取ってもらえるだろう」(渡部氏)

ドットシー株式会社 代表取締役社長 渡部英恵氏
プロフィール/大学卒業後、化粧品専門商社に入社。5年後、化粧品メーカーに転職。その後、個人事業主として、化粧品メーカーの流通・営業・輸入のコンサルティング支援を行っていた。2023年8月にドットシーを設立し、代表取締役社長に就任

渡部氏は、.Cの起業前は、化粧品の専門商社や化粧品メーカーで輸入・流通関連、コンサルティングなどを手掛けてきた経験を持ち、化粧品ロスの問題は以前からずっと気になっていたという。「化粧品業界で働いてきたなかで、この問題には心を痛めてきた。日本国内で年間2万トン以上が処分されているという調査結果*もある。自分でその状況を変えるために何かができるのではないかと思い起業した」(渡部氏)。

*株式会社モーンガータ独自調査(参考:「毎年約2万トン以上のコスメが捨てられる時代に私たちができること | COLOR Again開発秘話|株式会社モーンガータのストーリー|PR TIMES STORY」

化粧品メーカーも極力化粧品ロスを出さないように心がけている。だが、たとえば、新商品を店頭に置いてもらうよう小売店に交渉すると、店舗の棚は有限のため、それまで置いてあった同じブランドの商品を返品してスペースをつくり、新商品を並べるなどのケースもある。そのようにして返品されたものは、箱に傷があったり、店舗のシールが貼られていたりして、再度出荷ができないことが多い。また、廃盤になったカラーや、期間限定商品として販売が終了してしまったもの、商品そのものには問題はないが、製造時に外箱などに不良が発生したものもロスの対象になる。

「個人的な経験としても、小売店が閉店したため店舗に並んでいた製品がすべて返品され、100SKUものアイテムが再販売不可になるという場面も目にした。こうした小売店の事情もあり、メーカー側だけでロスが発生しないようにすることは難しい」(渡部氏)

新規ユーザー獲得のフックにもなるプラットフォームに

2024年5月現在、.Cでは「7NaNatural(ナナチュアル)」「MERZY(マージー)」「CELIMAX(セリマックス)」「Borica(ボリカ)」「Vasol(ヴァソール)」の5ブランド、約33SKUの製品を取り扱っている。

.C の7NaNaturalのページ(著者撮影)

最初に取り扱いが決まったブランドは、日本発のクリーンビューティブランド7NaNaturalだ。「サステナブルブランドであり、弊社の取り組みに強く共感していただけた。ナチュラルコスメなので使用期限が短いということもあり、.Cでのアウトレット販売をうまく活用していただいている」(渡部氏)という。ほかの4つは韓国ブランドで、新しいブランドや新商品が出てくる頻度が高く、店頭での入れ替わりが多いこと、韓国国内で義務付けられている使用期限の印字がされていること、輸入品としてメーカーへの返品が高コストであるなどの理由から、「メーカーやブランド側に在庫を使用期限内に売り切りたいという意識が強く、.Cの取り組みに賛同してもらいやすかった」と渡部氏は話す。

化粧品メーカーが.Cで販売する場合、まずはメーカーが納品できる商品の一覧と卸売価格や納品数を提示する。そして、使用期限までの残り期間やダメージの度合いなどをかんがみて.Cが販売価格や入荷数を設定し、メーカーの承認を得て販売するという流れになる。

どの程度のダメージまで商品として扱うかについては、「液漏れなど化粧品自体が使えない状態でなければOKとしている。パッケージの傷などは消費者にも納得していただくようアナウンスしているので問題ない。検品は委託している倉庫にて目視で行っている」と渡部氏はいう。

.Cとしては、このプラットフォームに参加すること自体が社会貢献に積極的なブランドというイメージをもってもらえるよう、発信を強化していくという。企業側としては、原価回収や在庫回転率の改善、処分コストの低減などの収益面でのメリットも期待できる。

「それ以外にも、我々の立ち位置は、新規ユーザーの獲得につながるプラットフォームでもあると思っている。アウトレット価格であることで、まずはトライアルという意味で購入してもらい、正規製品購入の流れやリピーター獲得も期待できる」(渡部氏)

購買と各種団体への寄付をセットにし、社会貢献側面をユーザーにも訴求

.CではInstagramでの情報発信をメインとし、バラエティショップ系ブランドや韓国コスメを中心に取り扱っていることもあり、ユーザーのほとんどが20代~30代だ。販売価格は正規購入価格の20〜50%オフが中心で、客単価は送料別で2,500円ほどだという。安売りすることが主目的ではなく、ロスを減らすためのディスカウントであることを訴求すべく、使用期限が残り1年未満と明示している。

「サステナブルに配慮した商品は(持続可能な原料にこだわるなど)原価率が高くなる傾向にあり、販売価格が高額になることも多い。環境配慮のコンセプトに賛同しても実際には高くて購入しなかった若い世代に、我々はアプローチできている状況だ。そのほかに40代の主婦層からの問い合わせや利用も多く、これまで購入をためらっていたナチュラルコスメが買いやすくなったという声もいただいた。少し安く買えることをきっかけに、化粧品ロスの現状を知ってもらえればと考えている」(渡部氏)

また、.Cの販売価格には社会貢献をうたう各種団体への寄付も含まれており、複数の寄付先からどの団体に寄付するかをユーザーが選べる仕組みになっている。

使用期限が明示され、希望する寄付先を選択できる(著者撮影)

「ユーザーには、.Cでの購入イコール社会貢献活動だという体験をしてもらいたいと考え、自身で寄付先を選べるようにした。動物好きなら動物愛護団体を、あるいは災害支援など、さまざまな社会課題を意識する機会にできたらとも考えている」と渡部氏は話し、単にコスメを安く買える場所ではなく、.Cで「みんなで社会貢献をしよう!」というメッセージを一番に訴求していくとする。

今後は、Instagram広告の出稿や「エシカルエキスポ」などの展示会やサステナブルをテーマにしたコンペなどにも積極的に参加すると同時にコンテンツも充実させ、.Cが社会貢献を目的とした企業であることをPRしていく予定だ。

渡部氏は「たとえば、インフルエンサーが抱えるギフティングなどの使いきれないコスメを“お譲り品”として販売し、社会貢献団体に全額寄付していくような企画など、認知を広げていく施策を行っていきたい。ゆくゆくは百貨店ブランドなどの大手メーカーの商品も取り扱えればと考えているが、そのためには.Cそのものに多くのユーザーを獲得することが必要だ。まずはバラエティショップ系のブランドや韓国コスメの取り扱い数を増やし、ユーザー数を増加につなげたい。2024年7月までに取り扱いブランドを10に増やしたいというのが目下の目標で、起業1年目となる2025年春には黒字化を達成したい」と語る。将来的にはリアル店舗や海外展開も視野にいれているという。

「個人的にも夢として描いているのが、オンラインだけでなく、たとえば@cosme TOKYOのアウトレット版となるような実店舗をつくるのが目標だ。日本や韓国などアジアの化粧品は世界でも人気なので、アウトレットを入り口に、海外にもファンを増やしていきたい」(渡部氏)

Text: 平田 順子(Junko Hirata)
Top image & photo: ドットシー株式会社

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!