ORBISなどパーソナルカラー診断導入の5ブランドに聞く、その概要と効果
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ORBISなどパーソナルカラー診断導入の5ブランドに聞く、その概要と効果

日本のユーザーに人気の高い「パーソナルカラー診断」。スマホで受けられる手軽さは、新型コロナウイルス感染症対策で外出自粛中のなかで、カラーアイテムの販促としての役割にも期待が集まる。AIを活用した診断サービスを展開するオルビス、ヴィセ、マキアージュと、原点の対面カウンセリングのノウハウを持つエチュード、パーソナルカラー別のメイクアップアイテムを展開するFAVES BEAUTYの5ブランドのサービスについて開発の背景や効果などを聞いた。

カラーリストの経験的な感覚を再現するAI診断
オルビス
ORBISアプリ

オルビスの「ORBISアプリ」内のコンテンツ「パーソナルAIメイクアドバイザー」は、フューチャーアーキテクトの協力のもと、カラーリストとの対面によるパーソナルカラー診断の結果と一致する精度を約90%にまで高めたAIによるパーソナルカラー診断だ。判定に関わるポイントや理論だけでなく、カラーリストが判定する際の人間的な感覚などもAIに学習させているという。

画像7

ORBISアプリ

オルビス によると、2019年4月の公開から半年で、アプリのダウンロード数は200万以上、パーソナルカラー診断実施回数は100万回以上になった。累計のUU(ユニークユーザー)数は約30万人で、そのうち半数にあたる約15万人がパーソナルカラー診断を機に新規会員になったという。

診断では、ユーザーの真顔と笑顔の2種類の顔写真から、「パーソナルカラー」(4タイプ)と「フェイスプロポーション」(16タイプ)を掛け合わせた64パターンのうち、各自に最も近いものをAIが選出する。さらに、「なりたいイメージ」や「メイクの目的」など、アンケート式のカウンセリングで得られたユーザー情報をもとに、おすすめのメイクアップ方法や、似合うヘアカラー、アクセサリーの形状などを提案。診断結果からそれぞれの条件に合った製品が購入できるECへの動線も引かれている。

 オルビス5

4タイプのパーソナルカラーとともに
16タイプの顔立ちも診断
(ORBISアプリ
「パーソナルAIメイクアドバイザー」より)

カウンセリングの質問項目は、対面でカラーリストが行う質問がベースになっており、「いつも同じような色を買ってしまう」「普段とイメージを変えてみたい」「手元の使いにくいアイテムや捨て色を活用したい」といったユーザーの具体的な悩みや希望も、おすすめされる製品やメイクアップ方法などに反映される。

またオルビスでは、「ORBISアプリ」でAIパーソナルカラー診断を受けた顧客が店頭を訪れた際に、パーソナルカラー理論などの、店舗スタッフでは対応が難しい範囲の質問・相談をすることがあるとして、その顧客対応を今後の課題としている。

この続きをみるには

この続き: 3,536文字 / 画像7枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf