見出し画像

【VivaTech2024③】サステナブル、ウェルビーイング、フェムテック文脈でのテクノロジー

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2024年5月22日〜25日、仏パリで開催された欧州最大のテックイベント「VivaTechnology (VivaTech)2024」を現地取材したレポートの最終回は、世界各地から集まった化粧品関連出展企業をはじめ、ウェルビーイング分野におけるAI搭載デバイスやフェムテックのほか、動植物由来のバイオマス素材や、顧客体験を高める店頭ツール、パーソナライズを実現する美容デバイスなどを紹介する。


独自のバイオマス素材で注目を集めた日本企業

ユナイテッドシルク:シルク由来の化粧品用のバイオマス素材

日本が特別招待国として設けたブース「ジャパン・パビリオン」で注目を集めたのは、愛媛県を拠点に2016年に創業した養蚕業におけるアグリ・テクノロジー企業、ユナイテッドシルクだ。シルクはほとんどが繊維素材として使用されるが、主成分であるフィブロインは18種類のアミノ酸で構成されるタンパク質であることから、繊維以外のさまざまな分野で活用できるとする。化粧品もそのひとつで、フィブロインは皮膚の保湿成分であるNMF(天然保湿因子)とも組成のバランスが似ており、肌の健康促進・保湿効果などが期待できることから、シルク由来のバイオマテリアル(原料)として大きな可能性がある。同社は独自の加工技術で、蚕の繭からフィブロインを抽出して「シルク水溶液」と「シルクパウダー」を精製し、化粧品をはじめ、食品、医療など多分野でのシルク活用を目指す。

出典:ユナイテッドシルク公式サイト

また、同社は蚕の飼育から原料抽出・加工までの全工程をAIを活用して自動化するとともに、ロボテックス技術で統合した生産方式「スマート養蚕システム」を確立。従来型の養蚕は5〜10月に限られるが、同社システムでは年間を通して蚕を大量に飼育でき、安全でトレーサビリティのあるシルク原料を生産できるとする。ユナイテッドシルクはCES2024にも参加しており、「米国では食品分野の可能性を感じたが、欧州では化粧品分野に強い手応えを得た」と語る。2024年3月末には、レオナールやダックスなどアパレルブランドを傘下に持つ三共生興グループの出資を受けて業務提携しており、グローバル展開を加速したい意向だ。

ジカンテクノ:農業廃棄物から作るサステナブルなバイオマス素材

また、LVMHグループが主催するLVMHイノベーションアワードでファイナリストに選ばれた大阪発のジカンテクノは、収穫した稲を脱穀した際に発生するもみ殻といった農業残渣などの植物性廃棄物を活用して、独自製法でバイオマス由来の素材開発を行う。たとえば、日本国内では米のもみ殻は処理が難しい農業残渣とされているが、これを化粧品の使用感(肌に触れた感触)改良などに使用できるシリカや、アイメイクやマスカラなどに使用できるバイオマスカーボンに変換するという。VivaTechではグローバル大手化粧品企業からの関心も高く、ライセンス契約による技術提供で海外進出を目指す。

店舗や自宅でユーザー体験を高めるツールやデバイス

BryanThings:インタラクティブな小型スマートミラー

顧客体験のデジタルソリューションを提案する仏企業 BryanThingsは、ギフト用の口紅の自動販売機、AIフィルターの写真プリント機など、実店舗で活用できるデバイスの開発で10年以上の実績をもつ。今回のVivaTechでは、店頭に設置する小型スマートミラーを発表した。現在はプロトタイプだが、ミラーの機能は企業ニーズに合わせてカスタマイズ可能で、売り場の製品やテスターの前に設置して、チュートリアル動画を流したり、タッチスクリーンでインタラクティブに商品情報の詳細を確認するなどの消費者ニーズに応えられるとする。

BryanThingsのスマートミラー(著者撮影)

NINU:AI搭載の「スマート・フレグランス」デバイス

米ニューヨーク拠点のスタートアップNINUは、100種類以上のフレグランスを作り出すAI搭載のフレグランスデバイスを提案。専用アプリにはあらかじめ調合された香りが20種類ほど用意されており、そこから好みの香りを選べるほか、使いたい原材料の種類や香りの強さなどを指定すると、内蔵の3種類のカートリッジからオンデマンドで自動調合されて、デバイスの噴出口からパーソナライズした香りが噴霧される。さらに、AIがユーザーの香りの好みの傾向や、使用する時間帯、天候などをトラッキングし、使用する時刻や目的、気分に合った香りの提案もできるとする。

NINUのフレグランスデバイスの使用イメージ
出典:NINU公式サイト

フレグランスは、デザイン性の高いガラス容器の使用が定番だが、中身をすべて使い切ることなく、複数の香水ボトルが放置されたままになることもよくある。同社のデバイスはスマートフォンほど大きさで軽量、オフィスや車内など持ち運びも簡単で、これひとつで仕事用の香り、夜の外出用の香りなどシーンに合わせたフレグランスが創れる。現在は特許申請中のプロトタイプで、カートリッジはリサイクル可能なガラス素材を採用するとともに、サブスクリプションで販売する予定だ。まずは、フレグランス文化が根付く欧米市場でのローンチを目指している。

人生体験を広げるウェルビーイング分野のAI搭載デバイス

パンデミック以降、消費者がウェルビーイングの重要性を意識する傾向がますます高まっており、この分野におけるデバイス開発も加速している。WHOの定義ではウェルビーイングとは心身ともに健康な状態で、かつ社会的にも良好な状態であることとされ、この文脈からこの分野のデバイスには、肩や腰の痛みやコリを改善するマッサージ機器をはじめ、障害がある人の生活を補助する義肢なども含まれてきたが、近年は広く健康促進のためにより効果的にスポーツを行うことを目的としたAI搭載のロボティクスの開発も進んでいる。

Esper Bionics:障害者の自立を助ける義手

今回とくに関心を集めたウェルビーイング分野のイノベーションは、AI搭載の義手(手の機能と形を復元するために使用する人工の手)を開発する米ニューヨーク拠点のスタートアップEsper Bionicsだ。同社は生体を傷つけない非侵襲的なブレイン・コンピュータ・インターフェイス(知覚された情報や自らの意図にもとづき、筋への適切な運動指令を送出して四肢の動きを制御する神経機構の一部に機械を介在させ、情報処理の一端を代行させるという考え方)の義手「エスパーハンド」を開発。腕に装着する部分(ソケット)に24以上の非侵襲性筋肉センサーが搭載され、皮膚に触れることで体内の筋肉の活動や「電気的合図」を感知し、その情報を中継して手の動作を誘発する。「エスパーハンド」をスマートフォンに接続すると、クラウドベースのプラットフォームで装着者の動きに関するデータを収集・保存し、頻繁に繰り返される動作を機械学習アルゴリズムで学んで、動きをより速く予測できるようになるとしている。

380グラムと軽量なうえ、義手の指先はタッチパネルの操作にも対応でき、指を曲げたり、つまんだり、握ったり、複数の動作が可能となるため、料理、車の運転、スポーツ、メイクなど、日常的な活動の幅を広げてユーザーの自立を助ける。

Hypershell:下半身の動きをアシストするウェアラブルデバイス

また、会場に設けられた「ウェルビーイング&スポーツ」コーナーでは、2021年創業の中国企業Hypershellが、外骨格(骨格構造)を電動アシストして、誰もが少ないエネルギーでジョギングなど運動が楽しめるAI搭載のウェアラブルデバイス「Exoskeleton」を発表した。太ももと腰に巻きつけて装着するデバイスで、AIがユーザーの動きをリアルタイムで感知して学習し、下半身が前進する動きを補助する。重さは1.8キログラムで、装着したまま座ることもできる。同社はこのデバイスを使用すると30〜40%の(運動)エネルギーを節約できるとし、ウォーキングやジョギング、山に登るなどの運動をより多くの人が楽しめるようになり、エコツーリズムの推進にも貢献できるとする。

女性の社会的な活躍や生活の質を高めるフェムテック

また、2023年に続き、今回もフェムテックのコーナーが設けられた。フェムテックとは一般的に、月経、妊娠、更年期など女性特有の健康課題を解決するためのテクノロジー、および製品やサービスを指す。会場では女性ならではの疾患や性に関する悩みのソリューション、職業上の男女平等や労働生活(ワーキングライフ)の質を高めるアプリケーションなどが発表された。

フランスの女性就業率は80%を超え、フェムテック分野でのさらなる支援が求められており、その必要性の高さから、2022年には、スタートアップSorellaが500万ユーロ(約8億5,400万円)の資金調達をしてパリ郊外に女性の疾患に特化したクリニック「Centre Sorella 」を創設している。今回の出展企業の提案からも、女性の健康課題の解決にはオンラインとリアルを融合したサポートが急務であることが浮き彫りとなった。

Namida:涙で乳がんの可能性を分析するバイオテック

世界では乳がんに9人に1人が罹患するといわれるなか、米国企業Namida Labは、乳がんの早期発見の確率を高める方法として、涙を採取して乳がんの可能性を分析する技術を開発した。

同社によると、涙は高濃度の生体液であり、血液中に含まれるタンパク質、DNA、ホルモン、グルコースといったバイオマーカー(健康指標)のほとんどが含まれているため、乳がんの検査に理想的な媒体となる。検査方法は、特殊なろ紙を下まぶたに挟んで、3〜5分ほど放置して涙液を吸収させる。その後、涙を含ませた試験紙を臨床検査室の精度管理基準である米CLIA(Clinical Laboratory Improvement Amendments)認定の同社研究所に送って分析、乳がんに関わる特定のタンパク質の存在の有無を確認する。

乳がんは早期に発見できれば完治する可能性が高いとされ、より正確で、誰もが利用しやすい検査法が求められている。触診はいまだ多くの国で初期検査に採用されているものの初期の小さなしこりを見逃してしまうリスクがあり、マンモグラフィはヒスパニック系、アジア系、黒人女性に多い乳腺密度の高い女性にはうまく機能しない場合もあるためだ。同社の試験紙を用いた検査は自宅で手軽に行うことができるため、早期発見率を高めることが期待できる。さらに現在は、乳がん患者のうち45歳以下の女性が全体の約10%で、死亡率の半分を占めることから、マンモグラフィによる標準的な検診を受けていない40歳未満の女性の検査にも有効とする

出展:Namida公式サイト

Omena:プレ更年期の症状改善をサポートするアプリ

女性のライフサイクルに寄り添うアプリケーションも登場している。閉経や更年期は女性にとって大きな問題にもかかわらず、情報が少なく、公の場で話すこともいまだタブーの傾向にある。そんな状況から、2021年、ビジネススクールに通う25歳の同級生3人が設立したOmenaは、フランスで初めての更年期に特化したアプリを開発した。同社によると、プレ更年期は閉経の3〜4年前(目安として45〜52歳)にあたり、生理不順、イライラ、寝汗、不眠など更年期と似たような症状が表れて4〜8年ほど続く。また、更年期は閉経〜1年後から始まり、4人に3人が上述の症状に加え、体重が増えたり、のぼせやほてりなどの症状が平均7年半ほど続くとする。

同社は、こうした更年期障害の症状を軽減するために、著名な産婦人科医、性科学者、栄養士などと協働してアプリを設計。いくつかの質問を通して、ユーザーが日常生活で摂るべき栄養や、瞑想やエクササイズといった、ホルモンの移行期に生活の質を向上させるためのオーダーメイドのプログラムを提供する。また同社は、生身の人間による対応を重視しており、薬剤師や自然療法士、心理学者などとのオンラインコンサルテーションやメッセージでユーザーの声にダイレクトに応える。あわせて、無料コンテンツや月額の有料プログラムを提供し、現在約10万人が登録する。

My S Life:性や婦人科の悩みに応え、QWLを向上するアプリ

また、2019年に創業した仏企業My S Lifeは、専門家と協働して制作したアプリケーションにより、生理、妊娠、避妊、不妊症、中絶、性生活、性病といった他者に相談しにくい身体的・精神的な症状に関する情報を提供する。治療に関するガイダンスや予防のためのアドバイスなど400以上のコンテンツを持ち、ビデオ、ポッドキャスト、Webサイト、マスタークラスなど、オン/オフラインにまたがるさまざまな形式で発信するほか、平日はチャットボットで助産師にコンタクトでき、24時間以内に回答を得られるとする。

またMy S Lifeは、働く環境においては、すべての従業員が尊重され、個々が能力を発揮して活躍できている状態(インクルージョン)が重要だとし、職業上での男女平等と労働生活の質(QWL:Quality of Working Life)の向上を促進するために、企業向けの研修を提供する。たとえば、更年期障害、子宮内膜症、多のう胞性卵巣症候群、不妊治療、また生殖補助医療を受ける期間などは、従業員は体調が悪くても周囲に説明しづらいことが多く、同僚やパートナー企業など関係するすべての人に影響を与えうるとして、経営陣、人事部、QWL担当、男性社員などに向けたセミナーで理解を促すことで、女性の職場環境を改善し、女性の欠勤率も減らせるとしている。

ユネスコ(国連教育科学文化機関)でも、「性の健康に関する研究と革新的な活動の発展を促進・支援することは、人類の持続可能な発展に貢献する」と考えられており、同社はユネスコ主催の「性の健康と人権」アワード2020において、イノベーション賞を受賞した

女性起業家をエンパワメントするアワード

VivaTechでは6年連続で「女性創業者チャレンジ(Female Founder Challenge)」アワードを開催している。その目的は女性起業家同士のネットワーク促進と、ベンチャーキャピタルファンドとの接触機会を設けて資金調達を容易にすることだ。近年、テクノロジー分野における女性起業家の数は大幅に増加しているものの、女性のみで創業した企業への資金提供額は、男性への提供額よりもはるかに低い。2022年、世界のベンチャー・キャピタル資金のうち、創業者が女性のみの企業に提供された資金はわずか2%で、これに対して男女混合の創業企業には15%が提供された。同年、女性が調達した資金の94%は1,500万ユーロ(約25億6,300万円)未満であったのに対し、男性は2億1,500万ユーロ(約368億5,400万円)であった

女性起業家をエンパワメントする今回のアワードには、74カ国から580を超える応募があり、ファイナリストの5企業のなかから、ロボットソフトウェアを開発する仏企業inboltが受賞した。同社は、AIと3Dビジョンによるリアルタイムの適応ガイダンスに基づいて動きを学習する産業用ロボットを開発する。同社技術は、よりフレキシブルで効率的なオートメーションを可能とし、家電メーカーWhirlpoolのほか、トヨタ、テスラ、フォードなど欧州と米国の16の工場で導入されている。inboltによると、このテクノロジーはさまざまな産業で導入可能で、750億ユーロ(約12兆8,200億円)の市場規模と見込んでおり、同社はシリーズAラウンドで1,200万ドル(約19億1,600万円)の資金調達を終えている。

テクノロジーやサイエンスなど理系分野での女性創業者の活躍は増えているものの、その割合はまだまだ低い。inboltの共同創業者兼COOのアルバヌ・デルシー(Albane Dersy)氏は、仏ビジネススクールHECパリや理工系の高等教育機関エコール・ポリテクニークの出身であり、同分野における女性起業家のロールモデルとなりそうだ。

今回のVivaTechではAIがさまざまな領域で実用化され、社会や産業の発展に貢献していることが示された。ただし、生成AIの使用方法については議論が続いており、2024年5月には、欧州は世界で初めてAIを包括的に規制する規則案(AI法案)を採択し、顔認識などのリアルタイムおよび遠隔の生体認証(バイオメトリクス)は容認できないリスクを伴うとしてAIの利用を禁止している。ロレアルやLVMHもAIを倫理的に使用していくことを強調しており、人間が監視しながら効果的に活用し、企業競争力の向上に役立てていく必要がある。

<そのほかのVivaTech 2024レポートはこちら>
(1)ロレアルがリードするビューティテック、デバイスから生成AIラボ、3Dプリント皮膚まで
(2)LVMH が志向する人間×デジタルによる顧客体験のグレードアップ

Text: 谷 素子(Motoko Tani)
Top image: VivaTechnology 2024

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!