COLORISのリピート率にフォーカスした緻密な成長戦略、開始2年で会員5万人へ
見出し画像

COLORISのリピート率にフォーカスした緻密な成長戦略、開始2年で会員5万人へ

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

パーソナライズヘアカラーの「COLORIS(カラリス)」が大躍進を遂げている。ローンチから5カ月後の2020年2月時点では約300人だった会員数が、1年半で約5万人へと増加している。この急成長の裏に、どんな秘策があったのか。COLORISを提供する株式会社ストークメディエーション 代表取締役 CEO 梅野祐樹氏と、ブランドマネージャー 稲葉菜月氏に話を聞いた。

期待値ギャップをつくらない施策が高いリピート率へ

オンラインヘアカラー診断を通じて、なりたい髪色や状態を選ぶことで、自分専用にカスタマイズされたヘアカラー剤が自宅に届くCOLORIS。「髪の状態に合わせてカスタマイズできる」「カウンセリングでカラリストに相談しながら細かく色味を調整できる」「定期的に届くことでヘアカラーを習慣化できる」といった市販品にはない特徴がある。

COLORISは発売2周年を迎えた2021年9月に、「ハイトーンカラー」や「ファーストグレイカラー」を中心に新色を追加し、ヘアカラーの処方のバリエーションを約1万4,000通りへと拡充を図った。同時に、パーフェクト社の「YouCam for Enterprise」を導入。これまではモデルのイメージ画像を見て髪色を選択する仕組みだったが「ARカウンセリング」によって、自身の画像を使って髪色をシミュレーションできるようにした。シミューレーター画面では、カラーを変えて比較できるほか、同じカラーでも明るさのレベルを選ぶことができ、「このカラーに決定する」ボタンを押すと、処方にも反映される。

画像1

シミュレーター画面

COLORISは「賢くキレイを維持したい女性」をターゲットとしたサブスクリプションモデルが基本のサービスだ。主な利用者の属性は、美容サロンではなくあえて自宅で髪を染める層、とくに子育てや仕事で時間的な制約を抱える30代女性で、この層は白髪が気になり始め、髪を染める頻度を上げざるを得ないグレイカラー(白髪染め)エントリー層でもある。

ただでさえ時間に追われている30代女性たちが、パンデミックによってますますヘアサロンに行きづらくなり、“おうちヘアカラー”の需要が急増、そのことからテレビ等に取り上げられるメディア露出が増えたことも、会員拡大に寄与した。

注目度が一時的にあがったとはいえ、COLORIS側が重視していたKPIは “F2転換率(リピート購入率)” だ。その意味で稲葉氏は初めてWebサイトに流入したユーザーに対して届ける言葉を慎重に選んだという。

この続きをみるには

この続き: 4,453文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf