韓国スキンケアCOSRX、米国そして東南アジア市場開拓の急先鋒といわれる理由
見出し画像

韓国スキンケアCOSRX、米国そして東南アジア市場開拓の急先鋒といわれる理由

◆ English version: How Korean skincare brand COSRX has harnessed out the East Asian market
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2013年に立ち上がった新興ブランドでありつつ、とくに東南アジアでの知名度の高さを誇るブランド、それがCOSRX(コスアールエックス)だ。日本でもニキビケアのためのパッチが人気だが、米国で知名度をあげたのち、2016年からわずか2年で東南アジア各国での成功をおさめている。地元韓国よりも海外で成功しているともいわれる、その背景には「商品力」と消費者コミュニケーションだ。

アワード受賞など米国で高い評価

今年6月、米国版「Vogue」の姉妹誌「Teen Vogue」が主催する「Teen Vogue Acne Awards 2019」で、3冠を受賞した韓国のスキンケアブランドがある。「COSRX(コスアールエックス)」だ。

画像1

Photo by COSRX HP

Teen Vogue Acne Awardsは、皮膚科医や美容業界の専門家たちが、ニキビ関連製品を対象に、製品力や消費者の反応を評価。この1年の間に世界で最も愛された商品を選定し表彰するアワードである。

今回、受賞したCOSRXの商品は、沈着した色素やニキビ痕をケアする「Triple C Lightning Liquid」(30ドル以下部門)、ニキビ由来の傷や肌のトラブルを集中的にケアする「Acne Pimple Master Patch」(10ドル以下部門)、黒ニキビに対処するリキッドエッセンス「BHA Blackhead Power Liquid」(黒ニキビ部門)の3商品。なお、COSRXの受賞は2017年から3年連続(合計5商品)となる。

2018年には、米アマゾンからも「グローバルブランドの成功事例」として選定(米国進出は2015年)されたことがあるCOSRXは、現在は米大手美容チェーン・ウルタビューティの全店舗をはじめ、Urban OutfittersRiley Rose などのオン・オフラインショップで流通し、人気商品になっているという。今年5月には、FOREVER21の実店舗全店でも販売が決定。米国に進出した韓国スキンケアブランドのなかでも特筆すべき成功例となっている。

東南アジアではワトソンズでの取扱いが人気の起点に

そのCOSRXは近年、米国進出とあわせて東南アジアにも販路を拡大している。2019年2月には、大手ドラックストア・ワトソンズのフィリピン、インドネシア、シンガポール全店舗に流通網の拡大を完了したとの報道もある。2016年から東南アジア各国へのセールスを強化していたが、わずか2年で破竹の成功を成しとげた形だ。

この続きをみるには

この続き: 2,974文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf