28Mallから東南アジアや中国にも拡販。顧客ニーズで進化するECプラットフォーム
見出し画像

28Mallから東南アジアや中国にも拡販。顧客ニーズで進化するECプラットフォーム

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

マレーシアと香港で展開するEコマースサイト28Mall.comは、東南アジアのLazadaや中国Douyinなど競合する他社サイトとのネットワークをも築き、顧客ブランドが適切なプラットフォームに出品するためのコンサルテーションも行うユニークな存在だ。小ロットでも展開できる手軽さとマーケティングノウハウも提供するその全容を、創業者の話からひもといていく。

2016年創業の28Mallが運営する28Mall.comは、マレーシアと香港で展開する美容関連アイテムにも強いEコマースサイトである。取り扱いブランドは500件と、単体のモールとしての規模はそれほど大きくはないが、オンラインマーケティング企業を母体としており、アジアの注目株のプラットフォーム複数社をパートナーとして連携していることが大きな特徴だ。

28Mallは、それぞれのブランドの目的にそって自社サイトだけではなく、パートナーである東南アジアや中国の主要ECプラットフォームへの出品をサポートする。文化や言語が異なるアジア各国での展開を希望するブランドにとって「ワンストップで国境を越えるプラットフォーム」として機能する独自のビジネスモデルだ。

28Mallの共同創業者であるフィオニ・タン(Fione Tan)氏が、2019年11月に香港で開催されたコスモプロフ・アジアのプレゼンテーションで語ったところによると、このビジネスモデルは、顧客ニーズから誕生したものだという。

画像1

コスモトークに登壇したフィオニ・タン氏

「2000年から経営しているオンラインマーケティング会社の顧客から、売上の何%かを支払うので自社ウェブサイトの製作やマーケティングをして欲しいと依頼されることが非常に多くなったのが、いまのビジネスモデルに至ったきっかけだ。そんなに需要があるなら、希望するブランドを全て1つの販売プラットフォームに集約した方が効率的と考えて、28Mall.comを立ち上げた」とタン氏。

単体のモールとしては、正規のブランドアイテムやヒット商品の「本物」が手に入ることを保証し、質にこだわるハイエンド志向のエンドユーザーの心に響くブランドや製品を集めているという。創業当初はK-beauty製品を扱うサイトだったが、食品、家電、ベビー用品など、徐々にジャンルを広げつつ、「28 Mall.comを通して購入すれば安心」という顧客の信頼を勝ち得て、現在では、ユーザーのニーズに合わせて、美容クリニックやスパトリートメント、旅行などの体験型サービス商品まで扱っている。

この続きをみるには

この続き: 2,744文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf