見出し画像

中国でおひとりさま化粧ボックス登場。「17Beauty」の全貌とその可能性

BeautyTech.jp

◆ English version: China’s latest: The beauty of solo makeup booths
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:  https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

カラオケから昼寝まで中国ではおひとりさまボックスビジネス全盛だが、ついに各種メイク用品からスタイリング設備まで取り揃えたメイク専用ボックスサービス「17Beauty」女子大学生起業家によって登場。すでに多くの化粧品メーカーと提携し、各ショッピングモールとの設置交渉も着々と進めているという。そのサービスの全貌と可能性を探る。

出典: itjuzi.com

美容関連市場が大きく成長する中国で、女性向けシェアリング化粧ボックス17Beautyが登場した。主に美容に敏感な25~35歳までの女子大学生や会社員をターゲットにしたもので、メイクアップからメイク落としまで完結できる、新しいスペース&商品貸出サービスとなっている。

運営企業は北京美时每刻科技有限公司。資本金は500万元(約8178万円)だ。女性CEOの韓淑琪(ハン・シューチ)は、自身の体験をもとに、数年前から女性のための衛生的かつ便利なシェアリングメイクボックスのアイデアを構想してきた。その後、市場の状況や課題を精査し、2018年7月に南カリフォルニア大学大学院を休学。実際に同事業を立ち上げるにいたっている。同月7月にはすでに、北京市と上海市の商業施設、地下鉄構内、空港構内などにボックスを設置完了しており、2018年内には北京、上海、広州の3都市で300台の設置を目指す計画だ。

出典:sohu.com

17Beautyの利用方法は以下の通りである。

まず、利用者はボックスの外に取り付けられている端末で、スマートフォンのQRコードを読み込みアカウント認証を行う。その後、利用時間を選択しスマートフォンで決済を済ますと、ボックス内に入ることができる。ボックス内に盗難防止用のチェーンや監視カメラが備えつけられるなど、無人コンビニ同様の防犯システムも充実している。

ボックス内に取り付けられている設備は、化粧台、椅子、全身鏡、ヘアアイロン・ドライヤー、ファンデーション、化粧水、アイシャドウ、乳液、口紅、チーク、化粧落とし、フェイススチーマーなど。中国で人気の化粧品ブランドの商品が多数取り揃えられており、ユーザーはすべて自由に利用することができる。

この続きをみるには

この続き: 1,941文字 / 画像1枚

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

BeautyTech.jp
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf