見出し画像

急増する中国メタバース・NFT関連事業トレンド。精巧なアバターを最速5分で作成も

BeautyTech.jp

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

アバターで参加する3D仮想空間としてのメタバースに対する注目度が世界中で高まっているが、中国でも2021年から続々と関連技術・サービスを開発・提供するプレイヤーが参入している。その最新動向と美容ブランドの動きも紹介する。

テンセントは積極的なスタートアップ投資でメタバースに参入

中国の調査会社・中商産業研究院によると、中国の2022年のメタバース関連市場は425億3,000万元(約8,506億円)に達すると予測している。さらに、2027年にはその約3倍の1,263億5,000万元(約2兆5,270億円)に拡大する見込みとする。

メタバースをめぐっては、中国メガIT企業が早くから注力している。テンセント(騰訊控股)は人気オンラインゲーム「フォートナイト」を運営するEpic Gamesに40%を出資しているほか、世界的に有名なオンラインゲーミングプラットフォームのロブロックス(Roblox)とも提携し、ゲーム分野からメタバース領域の開拓を図っている。

バイドゥ(百度)は2021年12月にメタバースプラットフォーム「希壤」をローンチ。また、TikTokやDouyin(抖音)を運営するバイトダンス(字節跳動)は、2022年1月にメタバース型SNSアプリ「派対島」のテスト運用を開始した。これは、オンライン上に設けられた3D仮想空間においてリアルタイムで活動できるコミュニティで、ユーザーはスマートフォンからアクセスし、自身のアバターを使って友人と出かけたり、おしゃべりしたり、一緒にイベントに参加できる。

バイトダンスがリリースしたSNS「派対島」
出典:AppStore

一方でスタートアップもメタバースに参入を始めている。2015年にローンチしたSNSアプリ「Soul」は、派対島と同様にメタバース上のコミュニティへの転換を図っている。中国メディアによると、2021年の売上の32.4%を開発に費やし、とくに3Dアバターの技術に力を入れているという。

Soulは2021年の月間アクティブユーザー数(MAU)が前年比51.6%増の3,160万で、Z世代ユーザーが74.9%にものぼるアプリだ。運営するSoulgate(上海任意門科技)は先日、香港証券取引所に上場申請をしたが、過去にはテンセントが資金調達ラウンドで出資しており大株主でもある。テクノロジー・コングロマリットとも呼ばれるテンセントは、メタバースの分野においてもキープレイヤーにりそうだ。

この続きをみるには

この続き: 3,930文字 / 画像8枚

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

購入済みの方はログイン