【追記あり】人生100年時代の大きなビジネスチャンス、「セカンドスキン」時代の幕開け
見出し画像

【追記あり】人生100年時代の大きなビジネスチャンス、「セカンドスキン」時代の幕開け

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

(※)2018年1月12日に追記しました。

2016年5月に発表され話題になった「セカンドスキン」。米マサチューセッツ工科大学(MIT)とマサチューセッツ総合病院などが共同で研究開発した新素材は、塗るだけで瞬時にシワやたるみを目立たなくすることができる"第二の肌”として脚光を浴びた。あれから1年半、セカンドスキン開発の今を追った。

塗るだけでシワが消える新素材XPL

肌の動きにあわせて自在に伸縮する人工皮膚の新素材としてMITが昨年発表し、注目を集めたのが、7万分の1ミリという薄さと、2.5倍伸ばしても元に戻る弾力性が特徴のポリマー(XPL)だ。研究チームは、性質の異なる100種類以上のポリマーをつくり、もっとも弾力性があり、つけ心地がよく健康な肌に近い組み合わせをついに発見した。

使い方は、いたってシンプルだ。シロキサン(シリコン)のクリームを肌にのばし、その上から触媒となるクリームを重ねるだけ。すると、ポリマーがフィルム状になって肌表面に付着し、肌のたるみやシワを伸ばして目立たなくしてくれる。シロキサンは、米食品医薬品局(FDA)で安全性が認められた成分で、肌に塗布しても問題ないという。

画像1

出典:Olivo Labs/MIT News

XPLは、美容目的のほか、「傷あとを目立たなくする」「紫外線から肌を守る」「フィルムに薬を含ませ肌にゆっくり浸透させる投薬手段としての活用」など、さまざまな分野での応用が期待されている。

画像2

出典:Engineering a second skin/YouTube

防水性も高く、汗をかいたり水で濡れたりしても剥がれないのが特徴だ。

現在は、XPLの技術のさらなる発展のために設立されたスタートアップ企業Olivo Laboratories(オリボ・ラボラトリーズ), LLCで、主に皮膚炎の治療など医療分野での応用に向けて開発が進められている。

(※追記)Olivo Laboratories(オリボ・ラボラトリーズ)は、2018年1月12日の日経新聞の記事で、資生堂に人工皮膚(セカンド・スキン)事業を売却したことが報じられた。記事によれば、資生堂は2020年までに同社の技術を応用した商品を発売し、数年で数百億規模の事業に育てる予定だという。

天然由来のリフトアップ効果を持つセカンドスキン

この続きをみるには

この続き: 2,113文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。【お詫びとお知らせ】「バックナンバー読み放題プラン」の不具合が解消されました。また「記事の個別購入」を中止しております。詳しくはこちらをご覧ください → https://goo.gl/7cDpmf