ドイツG-Beautyが米国で脚光、クリーンかつ高機能で次のビッグトレンドになるか
図1

ドイツG-Beautyが米国で脚光、クリーンかつ高機能で次のビッグトレンドになるか

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

Kビューティに続く、コスメの世界的トレンドを牽引する国はどこだろうか? ナチュラル志向が強まる米国の消費者の間でにわかに熱を帯びているのが、ドイツ発のドクター系スキンケアブランドだ。すなわち、G(ジャーマン)ビューティの台頭である。

Augustinus BaderDr. Barbara SturmRoyal Fernヴェレダ(Weleda)そして Dr.ハウシュカ(Dr. Haushka)。いずれも製品開発に医師が深く関与しているドイツ発のスキンケアブランドで、この1、2年の間に、じわじわと米国での注目度を上げてきている。

たとえば、Dr. Barbara SturmはInstagramで20万人を超えるフォロワーを持ち、今年5月には米国での初店舗をニューヨークにオープン。8月にはセフォラでの販売もはじまった。

一方、2018年2月のローンチからフォロワー4万人を獲得しているAugustinus Baderは、2種類の「クリーム」のみという商品ラインナップで業績を伸ばし、初年度の売上げは600万ドル(約6.4億円)を超えた。同社は、ラグジュアリービューティプロダクツ専門の米ECサイトViolet Greyとパートナーシップを結んでおり、3つめの商品を7月に発売開始。販路を広げていく計画だ。

また、1921年創業、オーガニック化粧品のパイオニアであるスイス–ジャーマンブランドのヴェレダは、一時期低迷していたものの、ここにきてインターナショナルでの売上げを回復し、2018年には米国市場において2桁の成長率を記録した。

今、なぜ、こうしたドイツブランドが支持されてきたのか。そこには、2つのキーワードが隠されている。天然原料を用い、かつ透明性の高い「クリーン」な製品であるとともに、科学的裏付けにもとづき、アンチエイジングなど結果を出せる「ハイパフォーマンス」を発揮するところだ。

この続きをみるには

この続き: 4,143文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf