コスモプロフ・アジア2019、新トレンドとして食材と美容の融合、K-Beautyは健在
見出し画像

コスモプロフ・アジア2019、新トレンドとして食材と美容の融合、K-Beautyは健在

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

11月の香港の風物詩であるアジア最大級のビューティ見本市、コスモプロフ・アジア(Cosmoprof Asia)。2019年の今年は香港が政情不安にゆれる真只中での開催となり、例年の勢いは欠けたものの、2020年以降の美容業界での新たなトレンドを知る格好の機会となった。現地レポートの前編は、クリーンビューティ流れをくみ食材からの抽出成分、その企画力にますます磨きをかけているK-Beauty、そしてマイクロニーズなどのトレンドを取り上げる。

2019年11月13日~15日、香港中心部湾仔にある香港国際展示場をメイン会場として、コスモプロフ・アジア2019が開催された。今年度は香港での政情不安が開催直前に激化し、開催を危ぶむ声もあった。

画像1

残念ながら来場者が激減した印象は避けられなかったが、「こんな時でも足を運んでくれたバイヤーには、本気で取引先を探す意気込みが感じられた」「毎年、満員電車のように会場が混み合い、どこの誰と話したかも分からなくなるほどだったが、今年は来場者とじっくり話ができた」という出展者からの前向きなコメントも聞かれた。

約3,000社が出展し、2020年の美容業界の潮流を占ううえでも注目のコスモプロフ・アジアだが、サステナビリティを包有するクリーンビューティ志向の基本路線は変わらず、むしろヴィーガンなど、より自然なものを希求し深化していく方向にあるようだ。また、韓国勢がさらに勢いを増しており、トレンドセッターとしてのKビューティが健在であることも印象づけた。また、パーソナライズの進展に伴い、個別化を意識したマイクロなニーズやニッチなマーケットを狙う製品やブランドも増えている。

ビューティとライフスタイルの融合が強化

ここ数年の「ナチュラル&オーガニック」人気を発端に、食の世界でのトレンドが美容業界に波及する動きが確実に強まっている。今年のコスモプロフ・アジアではさらに一歩進んで、動物由来の原料不使用を貫く「ヴィーガン」が存在感を発揮していた。

マスク、クリームなど、さまざまな製品でヴィーガンがうたわれるが、その原料をみていくと、シアバター、グレープシードオイル、ハイビスカス抽出物、ローズマリー抽出物など、食材としてもお馴染みの成分が並んでいる。これらはいずれも、抗酸化作用が期待される成分でもある。同時に、スーパーフードや蜂蜜など、ヘルスコンシャスな消費者に人気の天然食材を原料に使用した製品が世界中で登場している。

ポーランドで1983年に創業したEveline Cosmetics は、日本には未進出ながら世界70カ国以上に販売網を持ち、スキンケアからメイクアップまで幅広いラインアップを持つ大手企業である。

この続きをみるには

この続き: 4,110文字 / 画像16枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf