ロクシタンがコロナ禍でも売上を堅持した理由は顧客のファン化とデジタルシフト
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ロクシタンがコロナ禍でも売上を堅持した理由は顧客のファン化とデジタルシフト

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

4月に発令された緊急事態宣言。約1ヶ月半の間、全国の実店舗が閉鎖したことにより、美容業界でも多くの企業が大きな打撃を受けた。そのなかで顧客をうまくECへと誘導し、売上への影響を最小限に抑えたのが「L’OCCITANE(以下、ロクシタン)」だ。顧客をファンに育成する仕組みと周到なデジタルマーケティングが大きく寄与した。

ロクシタンは、プロヴァンスのライフスタイルを提案するブランドとして、香水文化のない日本人にも馴染みやすいナチュラルな香りと、華やかなパッケージデザインから、“必ず喜ばれるギフトアイテム”として同ブランドを想起する消費者は少なくない。

なぜ、ロクシタンは人びとの消費活動が停滞したコロナ禍においても、ブランドの影響力を維持し続けられたのか。ロクシタンジャポン株式会社 マーケティング本部 本部長 木島潤子氏に話を聞くとともに、同社がこれまで取り組んできたデジタル戦略を紐解く。

コロナ禍で真価が問われたブランドの力

多くの場合、初めてのロクシタンとの出会いは、クリスマスやホワイトデーなど、シーズナルイベントのギフト選びである。平均すると約半数がそういった新規顧客だという。

それをきっかけに、メールやSNSなどのデジタルチャネルやオフラインのDMなど、あらゆるチャネルを駆使しながら、ロクシタンは顧客をナーチャリングし、エンゲージメントを高めていく。こうして、いずれギフトだけではなく、自身のためにもリピート購入を重ねるロイヤルカスタマーへと育て上げるのだ。ロクシタンが長年培ってきたこのビジネスモデルには、もうひとつ大きな特徴がある。

一般的に、コスメの新製品発表のタイミングは、春夏/秋冬の年2回である。しかし、ロクシタンでは、年17回もの高い頻度で、香りを軸とした新シリーズが発表され続けている。1つのシリーズで複数カテゴリのアイテムが発売されるため、年間約200アイテムもの新製品が市場に投入されている計算になる。これらの新製品は、限定品も多く発売の3週間前から予約を取ることができ、いま予約しないとなくなるかもしれないという期待やワクワク感を醸成することにもなる。そのため「『常に驚きを与えてくれるブランドだ』という認識が、顧客の中で浸透している」(木島氏)。

この続きをみるには

この続き: 3,345文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf