見出し画像

ケリングが足元から見つめる持続可能性、ファッション・美容分野のイノベーションも

◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

グッチ、サンローランなどを擁するグローバル・ラグジュアリー・グループのケリングは、CARE (配慮)、COLLABORATE(協業)、CREATE(創造)をサステナビリティ事業戦略の3つの柱とし2025年までのロードマップを実行している。その一環として、スタートアップなどによる持続可能なイノベーションを支援するプログラム「ケリング・ジェネレーション・アワード」を創設しており、2024年、日本でも同プログラムが始まった。未来のラグジュアリーの創造を目指すケリングが推進する施策の数々と、その背景にある思想に加え、現在募集が行われている同アワードについて紹介する。


環境と社会に対しサステナブルで責任ある事業経営を推進するケリング

仏ブルターニュ地方出身の創業家が興したケリングは、グッチとイヴ・サンローランの買収にはじまり、ブシュロン、ボッテガ・ヴェネタ、バレンシアガなどのブランドを傘下に迎え入れて発展してきたラグジュアリー企業で、2023年にはビューティ部門ケリング ボーテ(Kering Beauté)を創設し、化粧品領域への参入を果たしている。

2023年の売上高が196億ユーロ(約3兆3,235億円)、グループの社員数は2023年度末の段階で4万9,000人にのぼるケリングは、「Empowering Imagination (イマジネーションをその先へ)」という企業理念のもと、戦略の中心にクリエイティビティ(創造性)を掲げ、ラグジュアリー業界大手の一角として、地球環境と社会に対してサステナブルで責任のある方法により未来のラグジュアリーを築くことを目指している。

また、ケリングでは「ラグジュアリーとサステナビリティは同一だ」とするフランソワ=アンリ・ピノー会長兼CEOの信念の下で、サステナビリティに携わる100人の専従スタッフを配した強固なガバナンス体制をはじめ、環境はもとより、関係するすべてのステークホルダーへの配慮と、長期的な財務パフォーマンスまでをカバーする真の意味でのサステナビリティの実現を、グループ全体が一丸となり推進していると強調する。

サステナビリティ戦略の中心となる3つの柱「配慮」「協業」「創造」

ケリングでは2025年までのロードマップとして、ケリングが地球、気候変動、天然資源に与える影響を改善する「CARE(配慮)」、従業員、サプライヤー、取引先など事業に関わる人々の幸福のために幅広い企業・団体と連携して業界全体をよりサステナブルにしていく「COLLABORATE(協業)」、そして、地球、業界、ブランドが長期にわたり繁栄するためのイノベーションを進めていく「CREATE(創造)」の3つの柱にもとづく戦略を立てている。

自社の生産活動のどこが環境に影響を与えているかを可視化、解決へ導く
⚫︎ CARE(配慮)

温室効果ガスの排出や、水・土地の利用といった地球環境課題は「製品がその役割を終える段階から製造過程、原材料の生産にまでさかのぼり、川上から川下までのサプライチェーン全体で考えるべきこと」とするケリングでは、自社の活動が環境に与える影響を測定し定量化する取り組みとしてEP&L(環境損益計算)を開発・実施している。衣類や皮革製品などファッションアイテムの製造においては原材料の生産や飼育に土地の利用が必要とされ、また二酸化炭素も多く排出されることは知られているが、このEP&Lを使用することにより、ケリングのサプライチェーンにおいて、環境への影響全体の約75%がTier3の加工処理とTier4の原材料の生産の2つの段階で発生しているという具体的な数値が判明したという。

各ブランドが扱う製品が生まれる工程は、農場や草原、森林、そのほか世界中の生態系からスタートしている。そして、こうした場所を慎重に管理することが、ケリングが継続的に成功を収めるうえでの基本であり、またより広く世界規模で責任を果たすことにもつながると考え、2021年、コンサベーション・インターナショナルとともに立ち上げたのが「自然再生基金(Regenerative Found for Nature)」だ。これは、世界各地の有望かつ革新的な環境再生型農業のプロジェクトを支援し、100万ヘクタール規模の農地や放牧地で環境再生型農業への移行を促進するものだ。初年度は7団体が支援先として選出された。

企業の壁を超えたファッション協定から女性支援まで
⚫︎ COLLABORATE(協業)

ケリングはサステナブルな社会の実現のために、他社、業界全体との協業を重視している。2019年に仏ビアリッツで開催されたG7サミットで、主催国であるフランスのマクロン大統領はファッションとテキスタイル関連のトップ企業を集め、同業界が及ぼす環境影響を抑えるために実践的な目標を設定するというミッションを与えた。これに応えるため、ピノー会長兼CEOが欧米を中心とするファッションおよびテキスタイル企業に協力を呼びかけ、気候変動、生物多様性、海洋保護の3分野で共通の具体的な目標に向かって取り組む「ファッション協定」が発足した。2023年3月時点で、業界の30%以上にあたる250以上のブランド約70社が加盟している。

あわせて、女性の支援もケリングの重要なテーマのひとつだ。ケリングの人事理念では男女共同参画を重視しており、グループ全体での女性の地位向上を目指し、現在(2023年度末)女性が管理職の57%、従業員の63%、エグゼクティブコミッティの33%、そして取締役会の45%を占めているとする。

このほか、ケリング・ファウンデーションを通じて、UN Womenの「ジェンダー平等に向けての6つの行動連合」に参加。地域NGOや社会起業家の支援、啓発キャンペーンの開催といった活動により、2026年までにジェンダー平等のためのアクションと世界規模のコミットメントを加速させるべく取り組んでいる。

また、2015年に発足した「ウーマン・イン・モーション」プログラムでは、女性の地位と評価について人々の考え方を変え、考察することを目的とし、芸術や文化の世界における女性の貢献に光をあてたアワードやトークイベントなどを国内外で開催している。

地球課題解決のためのイノベーション
⚫︎CREATE(創造)

2013年、ケリングでは傘下のブランドのコレクションに、これまで以上に持続可能で倫理的な素材を取り入れることを目的とする「マテリアル・イノベーション・ラボ(MIL)」を設立した。イタリア・ミラノにあるMILは、ブランドのデザインチームがサステナブルな素材への理解を深められるように、収集したサステナブル・ファブリック5,000点を保管するとともに、サプライヤーらと協力してトレーサビリティの向上や、環境負荷が少なくかつ革新的な素材の調達に向けた取り組みを担う。

イタリア・ミラノにあるMIL

ラグジュアリー企業として品質に妥協することなく、デザインチームからのリクエストやアドバイスに応える素材の開発は、MILを介しスタートアップやサプライヤーなど外部組織との協業により進められる。その成果としては、直近ではバレンシアガのキノコの菌糸から作られるマッシュルームレザーのコートのような形で製品化されている。

そしてもうひとつ、サステナビリティに貢献するイノベーションを支援するプログラムとして位置づけられているのが、2024年、日本でも始まった「ケリング・ジェネレーション・アワード(Kering Generation Award)」だ。同アワードは環境と社会にポジティブなインパクトをもたらし、ファッション業界が抱える代替原材料やグリーンサプライチェーン、小売、サーキュラーエコノミーなどの課題に取り組むスタートアップを表彰・支援し、ファッション業界全体の変革を推進することを目的として2015年中国でスタートした。

第3回目を迎えた中国での同アワードでは「完全なる循環へ(Coming Full Circle)」をテーマとし、180を超える応募企業のなかから、投棄された陶器をリサイクルし、床、壁、家具などに使えるタイルとして蘇らせる技術を持つYi Designが最優秀賞に選ばれた。

第3回ケリング・ジェネレーション・アワード授賞式
出典:ケリング公式サイト

日本では2024年4月、スタートアップ成長支援を掲げるCIC Instituteの協力のもと、日本のスタートアップや研究者を対象に、ラグジュアリー、ファッション、ビューティ分野における持続可能なイノベーションをもたらす有望な企業とテクノロジーの発掘に加えて、各社の事業成長につながる機会を提供することを目的にケリング・ジェネレーション・アワードの開催が発表された。

イノベーティブなスタートアップを発掘&サポート、日本初開催のアワード

今回の日本開催のケリング・ジェネレーション・アワードは、「サステナブル・ファッション&ビューティ」をメインテーマとし、製品のライフサイクルにおける重要な段階である「代替原材料」「製品製造」「リテール」「消費者エンゲージメント」の4つのサブテーマに取り組む企業をグループAとグループBに分けて募集する。

書類選考やピッチング・セッションを通過したスタートアップ企業10社が集中支援コースに参加。この10社のなかから専門家による審査によって上位3社のファイナリストが選出され、2025年春に開催されるケリング・ジェネレーション・アワード授賞式で発表となる運びだ。また、アワードの受賞企業上位3社には、包括的なメンターシップとネットワーキングの機会、ファッションとビューティ分野のイノベーションリーダーとの交流を目的としたヨーロッパ研修が授与され、また最優秀企業には、賞金1,000万円が贈られる。

出典:ケリング・ジェネレーション・アワード公式サイト

2024年5月現在、グループA(サブテーマ:「代替原材料」「製品製造」)の公募期間は終了したが、グループB(サブテーマ:「リテール」「消費者エンゲージメント」)は同年6月10日まで募集している。

ケリングは、日本がケリング・グループにとって持続可能なイノベーション分野における重要な地域のひとつであるとし、日本でのアワード開催にあたっては、日本のスタートアップやベンチャー企業の活動状況や、それを取り巻く社会・経済環境を精査し、アワードが正しく機能し成立すると判断して決定したという。サステナブルな未来の実現に寄与する国内の企業に光があたることが期待される。

Text: そごうあやこ (Ayako Sogo)
Top image and photo: ケリング
Top image クレジット: © Nina-Lou Giachetti

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!