見出し画像

オルビスが自宅の鏡に装着可能なIoTデバイスで叶えるパーソナライズスキンケア

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

各種AI診断サービスの実装や実店舗との連動でORBISアプリを拡充するなど、テクノロジーによる顧客体験向上をDXの柱としてきたオルビスから、今春、IoTデバイスによる肌解析にもとづき自宅で完結するパーソナライズスキンケアサービスが2021年春にリリースされるとの発表があった。実際にどのような仕組みなのか、オルビスの事業担当者に話を聞くとともに、その背景としてオルビスが進めるDXとアプリコア事業戦略について考察する。

独自開発の肌測定IoTデバイス「skin mirror」で自宅ケア

手のひらサイズのIoTデバイス「skin mirror(スキンミラー)」を肌にあてると、独自の肌解析理論にもとづきユーザーの肌状態をカメラとセンサーを用いて自動解析。解析結果は専用アプリに記録され、日々貯まる肌データに、住んでいる地域の天候データほか、一人ひとりの肌悩みや生活習慣を掛け合わせ、最適なパーソナライズスキンケア商品を毎月届ける。それが、2021年1月20日、オルビスが今春からのスタートを発表したパーソナライズスキンケアサービスだ。

device_メイン_正面

skin mirror(スキンミラー)

体験特化型施設「SKINCARE LOUNGE BY ORBIS」の設立や、物流センターの自動化を含む多面的なDXを推進し、ダウンロード数321万件(2020年12月31日時点)を超える「ORBISアプリ」に、各種AI診断などのユーザーがセルフでできる分析機能を次々と実装してきたオルビスにとって、パーソナライズスキンケアサービスはオルビスのポートフォリオのなかでも新しい目玉といえる。

このプロジェクトのために立ち上げられたオルビス株式会社 新規事業開発グループの諸町実希氏は「SNSなどから美容情報を丹念に収集するなど、キレイを目指して積極的に動き、スキンケアを楽しみながら頑張る方々がいる。こうした能動的な、いわば“自分の力で、正しく頑張りたい”という思いに応え、いつでも自分の肌を知ることができ、自分が行なっているスキンケアにエビデンスがあって、納得できる機会の提供が必要だと考えた」と、スキンミラー誕生の背景を語る。

オルビス株式会社新規事業開発グループ 諸町実希

オルビス株式会社
新規事業開発グループ 諸町実希氏

オルビスはそれぞれの人が持つ本来の美しさを引き出すエイジングケアにより、多様な美しさや可能性を広げるという考え方である、「スマートエイジング®」という価値観を提唱している。スキンミラーで得た肌データを蓄積し継続的に解析していくことで肌の変化を追い、常に肌状態を正確に知ることで、ユーザーが自分のスキンケアに確信が持てて、さらには自身の力でポテンシャルを引き出す喜びにつながる。その意味で、この新しいパーソナライズサービスはオルビスのコンセプトを体現している。

また、毎月届く商品は各自のデータにあわせて必要に応じてアップデートされる。たとえば、肌のゆらぎを感じたときなど、グラフで示される自身の肌データの変遷と商品がどのように関係しているのかなどがわかり、ユーザーの「自分の肌への知的好奇心を満たす」(諸町氏)設計としている。同時に専用アプリでは、その時々の肌状態にあわせて、手持ちのアイテムですぐにできる、各自におすすめのケア法のアドバイスも毎日受けられる。

デバイスは洗面台の鏡に装着が可能

ユーザーの日々のスキンケアの習慣に無理なく溶け込むことを目指し、本体デザインにもこだわった。持ち運びも簡単な軽量でコンパクトな形にすると同時に、デバイスは、ケース裏面が接着パットによって洗面台の鏡に張り付けることができる仕様とし、表面は鏡に馴染む鏡面デザインを考案した。洗面所は多くの人が毎日鏡に向かってスキンケアをするなかで、肌の調子を目や触感で確認する場所だからである。

device_空間斜め

諸町氏はパーソナライズスキンケアサービスの開発にかかった期間は1年弱と明かし、オルビスの既存の顧客IDとの連携や、アジャイルに運用していくなかで、データの蓄積が進むにつれ、より深化したパーソナライズが提供できるであろうことを示唆する。

肌診断から、商品の処方、入手まで、自宅で完結するパーソナライズサービスの定期販売モデルという仕様は、これまでオルビス商品に触れたことがない層へのアプローチにも有効と思われ、新規顧客を呼び込むエントリー商品としても期待できそうだ。

画像4

「ここちよい」体験をテクノロジーで叶えるDX

「ここちを美しく。」をブランドメッセージに掲げるオルビスにとって、2018年のリブランディングを機に推進を加速させたDXの本質は、ユーザーの「ここちよい」体験をよりスムーズに、自然に感じてもらえるためにテクノロジーを活用する点にある。

それを具現化したのが、2020年7月にオープンした体験特化型施設 SKINCARE LOUNGE BY ORBISである。1階と2階で違う曲をかけていながら、同時に流すと1曲に聞こえる施設内のオリジナルBGMや、時間や季節でプログラミングされた電光サインなど、「ここちよく過ごしてもらうためのテクノロジー」が裏側に這わせてある。同時にアプリ内のAI診断サービスと店頭のタブレットが連動し、オンラインとシームレスにつながる一方で、トライアルスペースやスキンケアサロンにパウダールーム、ジュースバーなどを設け、触感や聴覚、味覚など五感にフィジカルに訴えるコンテンツを用意した

今回のスキンミラーを介したパーソナライズスキンケアサービスも、こうしたオルビスの考える「顧客のブランドの体験価値向上」の文脈に沿って発想されている。

顧客とのつながりを強化するアプリコア事業戦略

そして、オルビスのDXを考えるうえで、もう1つ欠かせないのが、ORBISアプリをコアに据える事業戦略だ。2020年11月26日に開催されたORBISアプリのAI診断サービス拡大の発表会では、新サービスとして「AI未来肌シミュレーション」が紹介された。これは現在の肌状態と生活習慣、顔画像解析結果をもとに、AIが5年後、10年後、20年後の顔立ちを予測するもので、10項目の肌スコアから導き出された、将来の顔に現れる年齢サイン、たとえば、まだ現れていない潜在シミなどを通して、備えとして今必要なケアや、生活習慣の見直しをアドバイスするサービスだ。

画像6

AI未来肌シミュレーション

AI未来肌シミュレーションの追加により、ORBISアプリからは、プロのパーソナルカラー診断がスマホでできる「パーソナルAIメイクアドバイザー」、似合う眉の形を示す「AIアイブローシミュレーター」とあわせ、3つのAI診断サービスが受けられることになった。店頭とは異なりビューティアドバイザーが同席しないことを考慮し、アプリでは店舗でのスマートミラーデバイスの診断結果画面よりも詳細な説明をわかりやすく表示するとともに、診断結果はアプリ内に保存されて後日再度確認することもできる。

スクリーンショット 2021-01-19 10.02.11

ORBISアプリ

もちろんORBISアプリでは、オンラインとオフラインでのショッピングや幅広い美容情報の入手、バーチャルメイクによる商品トライオンに加えて、「パーソナルファンデーションカラーチェック」など、店舗で受けた診断サービスの結果を記録・保存することもできる。IDを一元化するORBISアプリひとつで、ユーザーは商品の購入や日々のスキンケアの管理のほか、新しい出会いや自身の肌について知識が得られるのだ。

ブランド側にとっては、ORBISアプリを通して顧客のショッピングジャーニーの過程をみることを可能にし、一人ひとりの顧客の肌コンディションや、何に興味を持ち、何に悩み、何を求めているかという貴重なインサイトに触れられる。このデータはオルビス商品のさらなる向上はもとより、ブランド体験のパーソナライズ化のレベルを大きく引き上げていくことにつながる。

今春のリリースが待たれるパーソナライズスキンケアサービスだが、ORBISアプリから得られた知見が、サービス内容の隅々に反映されていることは間違いないだろう。

Text: そごうあやこ (Ayako Sogo)
Top image & 画像: オルビス株式会社

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
26
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディアです。詳しくは → https://goo.gl/7cDpmf  BeautyTech.jp(English)move to https://medium.com/beautytech-jp