コスモプロフ アジア2018はナチュラル&オーガニックが圧倒的な存在感
見出し画像

コスモプロフ アジア2018はナチュラル&オーガニックが圧倒的な存在感

◆ English version: Natural, organic cosmetics take center stage at Cosmoprof Asia
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

香港で毎年開催されるアジア最大級のビューティ見本市、コスモプロフ・アジア(Cosmoprof Asia)。2018年の主役はずばりナチュラル&オーガニックだ。世界の美容業界関係者が一堂に会し、活気溢れるメイン会場の湾仔国際展示会議場をレポート。来たる2019年の美容業界の潮流を占う。

画像1

2018年11月13~16日、香港中心部の湾仔国際展示場と香港国際空港に近いアジア・ワールドEXPOの2会場で開催されたコスモプロフ・アジア2018。第23回目を迎えて、53の国と地域から昨年比5%増の3030社が出展し、世界各地から8万7,000人を超える来場者が訪れた。

画像2

美容大国フランスは自然派コスメ大国

世界中のビューティ産業の最新トレンドが集結するコスモプロフ・アジアだが、今年の主役は何といってもナチュラル&オーガニックコスメである。昨年からブームの片鱗が見えつつあったが、今年は圧倒的な存在感で会場を席巻していた。それに伴い、「ナチュラル」が網羅するジャンルもボディ&スキンケアにとどまらず、デンタルやヘアなど幅広い範囲の製品やブランドが出品されている。

まず目にとまったのが、1996年創業の中堅自然派化粧品ブランドLe Petit Olivier だ。オリーブオイル、アルガンオイルなど、南フランス・プロヴァンス地方の自然の恵みを生かした製品で定評がある。

今回、フィーチャーされていたのは、大気汚染物質から肌を守ることをうたったAnti-Pollutionラインで、アーモンドブロッサムの抗酸化作用、スーパーフードとしても最近話題のモリンガの強力な浄化作用を利用して、有害な大気汚染微粒子を除去し、アーモンドオイルの薄いバリアで肌を保護するというものだ。

大気汚染問題が深刻な中国本土へのマーケティングを意識してのことか、輸出部門の担当者に尋ねたところ、「中国本土では輸入品を含めたあらゆる化粧品に動物実験による安全証明を必須としているため、現在のところ参入できない」との答えが返ってきた。

この続きをみるには

この続き: 3,404文字 / 画像13枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf