キノコ由来の化粧品原料が欧米で注目、その背景にあるクリーンビューティの流れ
見出し画像

キノコ由来の化粧品原料が欧米で注目、その背景にあるクリーンビューティの流れ

◆ English version: The Magic of Mushrooms: Fungi’s medicinal value gain attention as cosmetics go green
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

オーガニックやエシカルな製品を求める消費者需要の世界的な高まりを受け、アジアでは馴染みの深いスノーマッシュルーム(シロキクラゲ)やレイシの抽出液を配合した化粧品が欧米で登場し、注目を集めている。その背景と、キノコ由来の原料やそれを配合した化粧品の現状を探る。

パワフルな植物由来成分として注目されるキノコ

アジアでは古くから食用はもとより、漢方薬としても利用されていたキノコだが、欧米でキノコの肌への効果に関する基礎研究やスキンケア製品への応用が急速に進められており(※)、COSMETICS BUSINESSAllureGlamourなどの美容系メディアでも、キノコ抽出液が「今もっとも話題のスキンケア成分」として紹介されている。

現在、地球上のキノコ類の数は推定で15万種といわれるが、同定されているのは、そのうちの10%(約1万5,000種)のみだ。かつ、化粧品の原料に用いられているのはわずか数種類だというデータ(※)もある。日本では、1980年代に日本メナード化粧品株式会社がレイシキノコを採用した(※)のを皮切りに、主にアンチエイジングスキンケア製品に使用されてきた歴史がある。化粧品成分データベース検索でも、シイタケエキス、マイタケ子実体エキス、ホウロクタケから抽出したダエダリアエキスなど、キノコ由来の化粧品成分が多数存在するのがわかる。

そのなかでもとくに化粧品原料として欧米で認知度を上げているキノコが、抗炎症作用と鎮静作用を持つスノーマッシュルームとレイシだ。

スノーマッシュルームには、タンパク質、リン脂質、ß-グルコシド、マンノース、キシロース、グルクロン酸など、肌の保湿を助ける物質が含まれており、ヒアルロン酸に代わる保湿成分として注目されている。

「成分についての知識を深めることが、よい化粧品選びにつながる(better knowledge powers better decisions)」をコンセプトに、主成分が製品名となった商品を組みあわせて一人ひとりにあったスキンケアレシピを提案する英国発ブランド「The Inkey List」の共同創業者マーク・カリー(Mark Curry)氏は、英国の業界メディアに、スノーマッシュルームエキスを配合した「Snow Mushroom Moisturiser(£9.99/約1,309円)」が12分に1本の頻度で売れていると明かし、人々の関心の高さを裏付ける。

この続きをみるには

この続き: 2,129文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。【お詫びとお知らせ】「バックナンバー読み放題プラン」の不具合が解消されました。また「記事の個別購入」を中止しております。詳しくはこちらをご覧ください → https://goo.gl/7cDpmf