Spartyの新ブランド続々登場、ID統合でパーソナライズD2C企業No.1を視野に
見出し画像

Spartyの新ブランド続々登場、ID統合でパーソナライズD2C企業No.1を視野に

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

ヘアケア「MEDULLA」にはじまり、スキンケア「HOTARU PERSONALIZED」、ボディメイク「Waitless」、そして歯列矯正マウスピース「YOUBI」とパーソナライズを基軸としたサービスを次々と打ち出す株式会社Sparty。傘下ブランドの顧客IDを統合し、一人ひとりの顧客の意向を幅広いジャンルでカバーしてカスタム対応が可能なシステムの構築を目指す。そのスピーディな展開の背後にある戦略と次の一手について、同社代表取締役 深山陽介氏に聞いた。

MEDULLAなど大幅リニューアルでサービスをアップグレード

2021年8月11日より、Spartyは、オンライン上のカウンセリングにより各自に適した成分を配合したシャンプーとリペアのセットなどが自宅に届く、パーソナライズヘアケアブランド「MEDULLA」のリニューアルを行うと発表した。

約30万人の髪質診断データを活かしパーソナライズ精度を向上させたほか、MEDULLAの特徴である「メデュラ処方」のアップデートも行った。新しいメデュラ処方は、アミノ酸由来の4種のホワイトプロテインで髪に栄養を与えたあと、2種のフィトキューティクルで髪の表面を整え、熱に反応する2種のヒートアクティブ成分がドライヤーやヘアアイロンの熱から髪を守る、「与える・整える・守る」の3ステップからなる。また、ケラチンタンパク由来の成分やアミノ酸ミックスを追加することで、ダメージのある毛髪や年齢に応じたケアにも対応し、組み合わせ数は5万通りに増えた。

さらに、テーマにあわせて選べる香りを2種類追加して全7種をラインナップするなどパーソナライズ体験を強化。新商品としてアウトバスケアアイテム「ヘアミルク」も加わり、ユーザーのチョイスの幅を広げた。

画像1

リニューアルしたMEDULLA

これに先立つ同7月28日には、同じくSpartyが手がけるパーソナライズスキンケア「HOTARU PERSONALIZED」のリニューアルも行なっている。HOTARU PERSONALIZEDは、オンライン上のカウンセリングと肌診断にもとづき、各自の個性や悩みにあった処方を行い、最適なローションとモイスチャライザーのセットを毎月自宅に配送する定期購入サービスだ。

今回のリニューアルでは、約10万人の肌診断データをもとに、パーソナライズの精度の向上や配合成分の大幅なアップデートをしたのに加え、ユーザーが自分のなりたいテーマにあわせて選べるパッケージデザインカラー全5種の展開をスタート。また、カウンセリング時の質問にライフスタイルに関する項目を増やし、スキンアイテムの提供のみならず、食事や生活習慣・スキンケアの方法など美肌のためのプラン提案を新たに開始した。

この続きをみるには

この続き: 3,106文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。【お詫びとお知らせ】「バックナンバー読み放題プラン」の不具合が解消されました。また「記事の個別購入」を中止しております。詳しくはこちらをご覧ください → https://goo.gl/7cDpmf