日本発、100%合法のCBDブランド登場。「WALALA」が示す、美容とウエルネス
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

日本発、100%合法のCBDブランド登場。「WALALA」が示す、美容とウエルネス

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

日本でもCBDを配合したスキンケアや多目的オイルが注目されはじめている。そのなかで、非大麻由来の成分で日本で製造され、100%合法なCBDブランドが登場した。「WALALA」の創業者へのインタビューから、日本市場の可能性と消費者意識の変化を探るとともに、カンナビス製品の一般化が進む米国の今の状況をレポートする。

大麻に含まれるCBD(カンナビジオール)を配合した化粧品やサプリメントは、世界各地の大麻合法化に伴い、大きなブームを巻き起こしている。数年前から始まったこの動きは現在も続き、世界のCBD市場は2024年までに200億ドル(約2兆1,400億円)に達すると見込まれている

2020年3月中旬以降、「best CBD for anxiety 2020(不安に効くベストなCBD 2020)」などをキーワードにした検索ボリュームが250%アップ。新型コロナウイルスの感染拡大によって仕事や生活に不安を覚えた人々の間で、精神的ストレスを軽減する効果があるとされるCBDオイルへの関心が高まったためとみられる。

一方、日本では大麻取締法にもとづきCBD製品について厳しく規制されていることもあり、流行と呼べるほどの波はまだきていないが、CBD配合製品のローンチは増えており、日本でも注目は着実に高まりつつあるようだ。

今回は、2020年8月に非大麻由来で100%合法の日本製CBDスキンケアブランド「WALALA 」を立ち上げた、株式会社バランスド 代表取締役 柴田マイケル空也(Mike Eidlin)氏に、WALALAの製品開発の舞台裏と日米のCBD市場の現状について話を聞いた。

ウエルネス文化の広まりとともに大麻が一般化

柴田氏は米国人の父と日本人の母を持ち、生まれは東京だが米国カリフォルニア州で育ち、20年以上を過ごしてきた。柴田氏によると、カリフォルニアの人々の大麻の捉え方は、日本とはまったく異なり、そのギャップに驚かされたという。

この続きをみるには

この続き: 4,404文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf