ポーラ、資生堂、コーセー、花王が先陣を切った「シワ改善」市場、あれから4年の進化
見出し画像

ポーラ、資生堂、コーセー、花王が先陣を切った「シワ改善」市場、あれから4年の進化

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

2017年、厚生労働省の認可を受けたシワ改善有効成分を配合した医薬部外品の登場以来、日本では「シワ改善」カテゴリーが成長市場となっている。2020年4月に富士経済が発表した「薬事区分別のアンチエイジングスキンケア国内市場」によると、2020年のシワ改善医薬部外品市場の予測は410億円で、2018年と比較して2.1倍になっている。市場拡大を牽引してきた大手4社のこれまでと、最新アプローチをまとめた。

2017年のシワ改善市場元年から、ポーラ、資生堂、コーセー、花王とその他の動き

日本では、厚生労働省がシワ改善の効果効能を承認している成分が3つある。ポーラの独自成分である「ニールワン®」、資生堂が高いシワ改善効果と独自の製剤化技術を両立させ、医薬部外品・有効成分として国内で唯一製造・販売を可能としている「純粋レチノール」、汎用性の高い成分でシワ改善以外に肌荒れ、美白の有効成分としても医薬部外品の承認を得ている「ナイアシンアミド」だ。

成分的な見地からいえばシワ改善市場のパイオニアといえるのが、2017年1月に「リンクルショット メディカル セラム」を発売した株式会社ポーラだ。ポーラは、シワの発生に酵素・好中球エラスターゼが関わっており、紫外線ダメージや表情の動きによる刺激を皮膚が「勘違い傷」と誤認することで、好中球エラスターゼが分泌され、コラーゲンを分解して、その結果、シワができやすくなっていることに着目。好中球エラスターゼの働きを抑制して、コラーゲンなどの真皮成分の分解を抑える独自成分「ニールワン®」を開発した。

続く同年6月には、株式会社資生堂が純粋レチノールを配合した「エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリームS」を発売。それまで、肌あれの有効成分として医薬部外品に配合してきたレチノールには、表皮角化細胞でヒアルロン酸の産生を増加させ、皮膚に柔軟性を与えてシワを改善する効能効果があることを突き止め、厚生労働省から承認を取得した。

同社は、1989年よりレチノール研究に取り組んでおり、研究で培った製剤化技術を応用して、純粋レチノールを安定的に配合して製造することに成功した。承認時に平均シワグレード4の被験者集団で改善効果を示したのは純粋レチノールだけであり、優位な有効性が示されている。さらに同社はレチノール製剤の適用部位を首のシワに拡大し、8週間の連用で改善効果があることを示した。またレチノールはⅠ型コラーゲンの産生を有意に促進し、超音波による皮膚断層画像から真皮構造の再構築を促すことでシワを改善している可能性があることを見出している。

2018年9月にシワ改善市場に参入した株式会社コーセーは、ポーラが真皮、資生堂が表皮からのアプローチであるのに対し、真皮と表皮それぞれに働きかけてシワを改善するビタミンBの一種「ナイアシンアミド」に着目した。

この続きをみるには

この続き: 3,775文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf