viewty肌測定AIは、化粧品レコメンドを再定義しブランドにソリューション提供へ
見出し画像

viewty肌測定AIは、化粧品レコメンドを再定義しブランドにソリューション提供へ

BeautyTech.jp

◆ English version: Getting flawless skin analysis through Japan-made “viewty” app: Unbiased AI recommendations backed by human expertise
New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

声優を起用したAIスマートミラーの開発を続けるなど、日本の有力なビューティーテックスタートアップとして注目を浴びるNoveraは、2019年12月にコア技術・肌測定AIを搭載した化粧品レコメンドアプリ「viewty」(ビューティ)を正式にリリース。同時に肌測定AIおよびソリューションをブランドや企業向けに幅広く開放していこうとしている。美容業界と肌測定AIを繋ぐことで、Noveraが実現を目指す世界をCEOの遠藤国忠氏に聞いた。

独自のコンセプトで練り上げた「普段使いの肌測定AI」

Noveraの目標のひとつは、肌測定AIを誰もがいつでもどこでも使えるよう「インフラ化」することだ。ユーザーにはパーソナライズされた化粧品の新たな購買体験を、ブランドや企業側には「スモールマス」を掴む手段を提供するところにある。

写真001

出典:Novera

株式会社 Novera代表取締役 CEOの遠藤国忠氏によれば、2019年12月にリリースしたviewtyの初動はとても良かった。

「リリースから2日後には1万測定を、1週間で1万ダウンロードを達成した。現在もデイリーアクティブユーザーの60%が1日1回は肌測定を行ってくれている。広告はまったく打っていないので、ダウンロード数の伸びには驚いた。肌測定に関しても、当初は1週間に1回のペースで測定してもらえればいいと思っていたが、想像をはるかに超える反響だ」(遠藤氏)。

ブランドショップや店舗のカウンターではすでに利用されている肌測定(もしくは肌診断)だが、誰もが日常的に利用しているわけではない。その意味では、「まだ社会に浸透していないというのが実情だ」と遠藤氏は話す。

店舗で肌測定をするには、その場でメイクを落とすなど、用意に手間と時間がかかる。また、顧客側には買わなければならないのではないか、という心理的なプレッシャーもあるため、美容好きであっても利用するまでには高いハードルがある。遠藤氏はその点「viewtyは家にいながらスマホで簡単に測定できる手軽さから、頻繁に利用してもらえていると思う。また肌は毎日変わるので、定点で観測できるというのもviewtyのメリットだ」とする。

この続きをみるには

この続き: 2,286文字 / 画像2枚
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
BeautyTech.jp
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf