アマゾン初のPBスキンケアBELEI、「ちょうどよさ」とあえての「没個性」が狙うもの
見出し画像

アマゾン初のPBスキンケアBELEI、「ちょうどよさ」とあえての「没個性」が狙うもの

New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

膨大な購買データを握るアマゾンが満を持して開発した同社初のPBスキンケアライン「BELEI」は、トレンドであるパーソナライゼーションやスモールマスとは真逆をいくコンセプトだ。誰にも合わせられる、ちょうどよさ。実際の使用感とあわせて、その背景にあるアマゾンの思惑を探る。

「BELEI」は2019年3月、米アマゾンがローンチした、アマゾン初のプライベートブランド(PB)・スキンケアシリーズである。クレンジングワイプ、美容液、モイスチャライザー、マスク、UVケアの12品からなるラインナップで、価格帯は9~40ドル(約970〜4,300円)。いずれも皮膚科医による品質テスト済みで、動物実験はしておらず、無香料、さらに、パラベン、フタル酸エステル、サルフェートは不使用。また、パッケージや外装にはすべてリサイクルが可能な素材を使用している。

画像1

BELEIは中間価格帯に位置づけられた製品で、ブランド名は「Beauty」と「Believe」からの造語であり、「過剰な付加価値や無駄な飾りを排除した、質実で信頼できるもの」という意味が込められている。ビタミンC、レチノール、ヒアルロン酸など、配合されている美容成分が製品名として表記されており、一目でわかりやすく、ユーザーがあれこれ迷わずに必要なものを選べるように作られていることがわかる。

パッケージもシンプルでスタイリッシュな印象だ。年齢、性別、人種を問わず手に取りやすいものを目指したと思われる。また、製品に満足できなかった場合は、いかなる理由であれ、1年間の返金保証を明示しており、品質への自信とともに、カスタマーサービスの充実をアピールする。

成分名を冠したわかりやすい製品アイテム

今回はアマゾンの商品ページ上でユーザーからコメントが多く寄せられている4つのアイテムを選び、実際の使用感を試してみた。以下が製品レビューである。

画像2

Micellar facial Cleansing Wipes
(ミセラー・フェイシャル・クレンジングワイプ)

18.7cm×18.5cmの大判シートに、クレンジングローションをたっぷり含ませた拭き取り化粧水シート。メイクや肌の汚れとともに、肌のくすみや毛穴をふさぐ原因となる不純物も肌に負担をかけず拭きとれるとうたう。ミセラーウォーターの働きで汚れ落ちが早く、シートの肌あたりもなめらか。アルコールフリーで刺激もなく、クオリティは高いと感じた。25枚入り×2パックのセット販売で9ドルというコストパフォーマンスも魅力である。

この続きをみるには

この続き: 2,624文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!LINE@で更新情報配信中です。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf