Awwによるメタバース時代の信頼と熱狂を生むバーチャルキャラクター創造【ヒト3DCGの可能性:後編】
見出し画像

Awwによるメタバース時代の信頼と熱狂を生むバーチャルキャラクター創造【ヒト3DCGの可能性:後編】

◆ 9/1よりリニューアルしました。詳細はこちら
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページメルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

美容業界におけるヒト3DCGキャラクター活用の現状と、近い未来のマーケティングへのインパクトを考察する記事の後編では、日本でも化粧品ブランドが起用するimmaや中国などでブレイク中のAYAIをはじめとする、フォトリアルなバーチャルヒューマンを手掛けるAwwの取り組みを紹介する。

ヒト3DCGの可能性:前編、「2022年『デジタルツイン』元年へ、レーベルを立ち上げたCAの挑戦」はこちら

immaなど超精巧なバーチャルヒューマンが人気

2021年4月、「REAL/UNREAL. その肌、リアルか、アンリアルか。」というコピーで、カネボウ化粧品「KATE」のWebCMが公開された。「アンドロイドお姉さん」として活躍するタレントのSAORI(サオリ)氏と、実在の人間と区別がつかないほど精巧なバーチャルヒューマンの「imma(イマ)」と「Ria(リア)」が競演し、公式アカウントにアップされたCM動画の再生回数は1.5万回を超えている(2021年10月現在)。

このバーチャルヒューマンimmaやRiaの制作・プロデュースを行うのが、2019年創業の株式会社Awwだ。CMOを務める佐田晋一郎氏は創業の経緯を次のように説明する。

「クリエイティブ領域のキャリアが長い代表の守屋(同社 代表取締役 守屋貴行氏)が、現COOの岸本(同社 取締役 岸本浩一氏)にバーチャルヒューマンの企画を持ちかけたことがそもそものきっかけだ。岸本はCGでどれだけ精巧に人間を造形できるかにこだわり、AI美空ひばりプロジェクトなど数々の企画に携わってきた。日本トップクラスの3DCG企業であるCafegroupのCEO/オーナーでもある。そのふたりがタッグを組みimmaというキャラクターが生まれた。当初は、アートプロジェクト的な位置づけだったが、反響が大きく、会社を設立して活動を始めた」

immaはアニメやマンガ、ゲームといった日本のポップカルチャーを体現するアイコンとして海外での人気も高い。とくに、ブラジル、インド、中国でファンが多いという。

この続きをみるには

この続き: 2,926文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

BeautyTech.jpは最新1カ月の記事は無料、それ以前の記事は全文閲覧が有料です。「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。

このマガジンを購読すると、バックナンバー記事を制限なくご覧いただくことができます。

「バックナンバー読み放題プラン」の法人・企業様向けプランです。社内限定で転用・共有していただけます。

ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
美容業界の国内外のイノベーションを発信するメディア。最新記事から過去1ヶ月分は無料でお読みいただけます。それ以降の記事は「バックナンバー読み放題プラン」をご利用ください。詳しくはこちらから→ https://goo.gl/7cDpmf